layer:
全年代 > 20世紀 > 1900年代 1903年

1903年(日本最初の常設活動写真館「電気館」開業)

明治36年に、浅草六区に、日本最初の活動写真の常設館「電器館」が開設されました。電器館は、当初は、電気仕掛けの器具類を応用した見世物小屋でしたが、後に、フィルムの配給受け活動写真の上映を始めました。見物人は下駄ばきで腰掛もない土間に立たされましたが、入場料の安さと、日露戦争(明治37年)後は戦況を知らせる実写映画が打てるようになったことで、客足が伸びました。*1

40年代になると、見世物小屋次々と活動写真館に転身し、三友館、大勝館、富士館、帝国館、金龍館などが誕生する。六区は日本一の活動写真街となり、新着洋画も、まず浅草で封切られました。*2

参考文献

*1 堀切直人 浅草 大正篇 右文書院 2005.7
六区の活動写真街を行く
P.19 明治36年には六区に、日本最初の活動写真の常設館として、「電器館」が開設された。電器館は、電…
*2 中村実男 昭和浅草映画地図 明治大学出版会 2018
浅草公園の誕生と六区の隆盛
P.2 江戸時代の浅草は、庶民信仰の浅草寺を中心に、見世物と大道芸の奥山(観音堂の西から北の区域)、歌…