-全国 山形県 > 鶴岡 1コンドームの自販機 2七日町観音堂 3七日町遊廓跡 4内川 5神楽橋近くのパ-マ屋さん 6鶴乃湯 7双葉町遊廓跡 8宗吾神社

鶴岡(双葉町遊廓跡)転業アパートとして当時の面影が残っています。

鶴岡の「双葉町遊廓」は、大正15年から昭和3年までの間にできました。双葉町は近年の住居表示で正式町名となりましたが、それまでは俗称でした。鶴岡市大字日枝字天池が正しい地名なのに、この一角は「フタバチョウ」で通り、それは遊女の里の代名詞でもありました。*1
現在の双葉町に、極端に道幅が広い通りがあります。どうやらこのあたりが遊廓の中心部であったようです。

昔からある建物は、現在は、アパートや民家になっています。

立派な松の木がある建物。

鮮やかな色のペンキで塗り替えられた建物。

【参考文献】
*1 半田岩雄: 鶴岡の今昔(東北出版企画,1975)P.35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です