-全国 東京都 > 台東区 浅草二丁目

1885年(奥山に銘酒屋が出現)浅草

明治18年に奥山の見世物小屋や料理屋が六区へ移されると、 奥山に8軒の銘酒屋が出現し、この銘酒屋は明治24、5年頃には東京市中(音羽の護国寺、谷中の寺町、深川、本所、本郷の丸山福山町、など)に広がりました。

参考文献

*1 堀切直人 浅草 大正篇 右文書院 2005.7
十二階と十二階下
P.35 凌雲閣(十二階)は,明治22年10月に建設計画が発表され、十二階は、明治23年の4月から7月…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です