銀座(路地の中の自動ドア)通り抜けできます。

銀座七丁目の豊岩稲荷※1 から煉瓦街時代のI型路地をさらに北へ向かいます。

突如、現れる自動ドア。

自動ドアには「通り抜けできます。」と書かれてあります。ドアを開けて中へ入ると喫茶店の店内に通じていて、その奥にまた自動ドアがあります。

銀座グリーン97のビル内に作られた銀座通りから裏通りに抜ける短いⅠ型路地。写真の左右方向に自動ドアあがあって、豊岩稲荷から続く古いI型路地と交差します。

カテゴリ

路地 銀座

参考文献

*1 岡本哲志: 銀座を歩く (学芸出版社,2009)江戸とモダンの歴史体験
P.44 銀座グリーン97という緑色の外装のビルには、銀座通りから裏通りに抜ける短いⅠ型路地が設けられた…

参考記事

高田馬場(国旗掲揚塔)東京オリンピック

早稲田通りの馬場口交差点から南へ折れ、階段になっている歩道を上り切ったところにある馬のモニュメント。

馬のモニュメントの先に、国旗掲揚塔が鎮座しています。

諏訪町会国旗掲揚塔。1964年(昭和39年)の東京オリンピック東京大会を記念して建てられたものです、日付は10月24日となっています。
千駄ヶ谷で見かけた国旗掲揚塔※1と同じく、町内会が建てたものです。

国旗掲揚塔から北側。写真左奥が「馬のモニュメント」です。

北千住(レトロ電柱)毎日通り

毎日通り飲食店街の北側の入口。レトロな電飾看板が建っています。

この看板を支えているのは、レトロ電柱。

今では、ほとんど見ることができなくなったレトロ電柱ですが、毎日通り飲食店街の一画には、10本以上残っています。

レトロ電柱のほとんどは、実際の電柱として活躍中です。

カテゴリ

電柱 千住

この記事を参照している用語

毎日通り飲食店街 北千住

北千住(牛乳配給所)木製の切り文字

北千住駅前の商店街に残る牛乳店の建物。

エンゼルマーク。

古い建物で見かける木製の切文字。


「配給」の右側が欠けていますが、おそらく「配給所」と書かれていたのだと思います。
「牛乳配給事業」は、大正末期から昭和初期にかけて東京市で実施され、牛乳を無償で配給することが特徴でした。*1

カテゴリ

牛乳箱 千住

この記事を参照している用語

北千住

参考文献

*1 野口穂高: 乳の学術連合 学術連合の研究データベース (乳の学術連合,2015)大正末期から昭和初期の東京市における「牛乳配給事業」の研究 -「身体虚弱児童」への対応を中心に リンク
概要 東京市による牛乳配給事業と児童保護事業に、以下の特徴があることが明らかになった。第一に、乳幼…

小岩(屋上広告看板)駅からの遠望

JR線小岩駅からは、建物の屋上に設置された多数の看板を見ることができます。

歯抜けになった看板、。

ビルの窓は、駅から見える格好の広告スペースです。※1

駅から見える「アカスリ」と書かれた窓。

北千住(遊廓跡地の電柱標識)くるわ

かつて千住遊廓があった千住柳町。写真の通りの両脇が遊廓地でした。*1
現在は遊廓時代の面影はありません。

唯一の名残とも言える電柱標識。「廓支」と書かれています。

さて、問題の電柱標識はここからです。古いタイプの標識を見ると「廊支」。これまで幾度となく見てきた※1 廊下の「廊」です。正しい「廓」の表記は、上の写真の1本のみで、他の電柱のほとんどがこの「廊」でした。

1本だけあった、いらがなの「くるわ支」。平仮名表記の廓(くるわ)は、初めて見る事例です。

カテゴリ

電柱 千住柳町

この記事を参照している用語

北千住

参考文献

*1 五十嵐典彦: 足立史談 第50号 (足立区教育委員会,1972)「千住柳町」調査報告書(二)
千住遊廓の建物配置図 ・大正8年新開地当時 ・大正12年震災直後

参考記事

品川(三業地跡)電柱に三業の名残

かつての品川三業地。※1
写真の通りが三業地の中心部で、芸妓屋の清河、菊の家、冨久家、金吉田、福よし、宇田、由多か、米原、料理屋の菊の家、がありました。*1
現在は住宅地となっていて名残はありません。

唯一、電柱に「三業支」と書かれたプレートを確認することができます。

西側の通り。芸妓屋の梅家、春本、田中、新春本、一富士、料理屋のみかど、根岸、新福がありました。*1

写真奥には、品川の高層ビル。

カテゴリ

電柱 品川

参考文献

*1 都市整図社: 火災保険特殊地図 品川三業地方面 (都市整図社,1953)
旧品川三丁目(現在の東品川1丁目)の旧三業地に、料亭、置屋の記載。 中央の通り。芸妓屋の清河、菊の…

参考記事

蒲田(「二業」の電柱標識)二葉も

蒲田の二業地跡の電柱標識。当時の名残を示す「二業」の名前が確認できます。

手書きの「二業」。

かつての待合が集中していた一画。問題の電柱標識はここにありました。

この一画はすべて「二業」と書かれていますが、1本だけ「二葉」がありました。。おそらく、何かの都合で取り換えたときに誤記が発生したのでしょう。
電柱標識プレートには、遊廓の「廓」を廊下の「廊」と誤記した事例などを見かけることがあります。※1※2

人形町(歯科医院のゴミ箱)特注の備え付けタイプ

喜寿司の隣の歯科医院の建物※1。傍らにコンクリゴミ箱が設置されています。(写真右下)

備え付けタイプです。

左側は、ゴミ箱スペース。上蓋が付いています。

右側のボックスは、上部からゴミが落ちてくる仕組みです。

カテゴリ

ゴミ箱 人形町

この記事を参照している用語

人形町

参考記事

築地~月島(西仲通り商店街)明治時代の埋め立て工事により出来上がった町

西仲通り商店街は、日露戦争後の人口に伴い、自然発生的にできたもので、道の真ん中に露店が出ていたのが特徴でした。*1
西仲通り商店街には、2階部分に昔ながらの屋号が残っている「看板建築」商店が残っています。*2※1
一歩路地に入ると、昔ながらの生活空間の雰囲気が残っています。

渡り廊下のある路地。

最近は、開発が進み、周辺は高層マンションが林立しています。

カテゴリ

商店街 路地 月島

この記事を参照している用語

築地 西仲通り商店街

参考文献

*1 京橋月島新聞社: 月島発展史 (京橋月島新聞社,1940) リンク
P.191 日露戦争に因る軍需工業の躍進に伴って月島全島の好況と人口の増加を招来せしものと考えられる。
*2 志村秀明: 月島再発見学 (アニカ,2013)まちづくり視点で楽しむ歴史と未来
P.180-P.181 西仲通り商店街の歴史を見て取れるのが、「看板建築」だ。看板築とは、建物立面が看板を兼ね…

参考記事

この記事を参照している記事

神田須田町(自販機ビル)

神田須田町の「肉の万世秋葉原本店」の東隣にある狭小建物。1階に多数の自販機が並んでいます。

珍しいポップコーンの自販機。

中身が不明な怪しげ商品も販売されています。

看板。

カテゴリ

自販機 神田須田町

この記事を参照している用語

神田須田町

神田須田町(ビル街の路地)マンションの1階部分を貫通

神田須田町二丁目の「肉の万世秋葉原本店」の東側の一画。ビルとビルの間に、狭い空間があります。

生活用の通路となっているようです。

長い側溝。

マンションの1階部分を貫通しています。

カテゴリ

路地 神田須田町

この記事を参照している用語

神田須田町

神田須田町(「たばこのむな」の注意書き)京浜東北線の高架下

神田須田町の京浜東北線の「第一柳町橋高架橋」。

高架下が倉庫のスペースになっています。

「たばこのむな」の注意書き。
最近は使われなくなりましたが、昔は、たばこを「のむ」という言い方が使われていました。

南隣の「平永町橋高架橋」。こちらは、「禁煙」の注意書きです。

カテゴリ

看板・貼紙 神田須田町

この記事を参照している用語

神田須田町