八王子(置屋「ゆき乃恵」)風情のある柳の木

料理屋「すゞ香」*1 の北側。

黒塀に囲まれた置屋の「ゆき乃恵」。

建物脇の柳の木。

近くには、昭和30年代の花街の地図が掲示されています。

八王子(八王子花街)現役の花街

今回は、八王子(東京都八王子市)の町並みを散歩します。
かつて、織物業で栄えた八王子には、明治時代から花街がありました。現在も現役の花街として、中町には、料理屋が営業中です。

近年、黒塀が整備されるなどして、花街の風情が復活しました。

「すゞ香」は、当時の芸者衆の待合だった建物を改築したもので、今でも当時の面影が残っています(「すゞ香」の張り紙より)。

「八王子花街・黒塀通り」の説明書き。

大宮(高級料亭「萬松楼」跡)現在は動物園・遊園地。

大宮公園の園内にある動物園・遊園地。

遊園地(児童スポーツランド)。

動物園が隣接しています。

現在の動物園から遊園地にかけての一帯は、高級料亭「萬松楼」があった場所です(案内板より)。
萬松楼は、敷地内に鉱泉を掘り当てたことから明治二十一年に開業した料亭・旅館です。明治二十四年十月には正岡子規と夏目漱石が滞在しました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高鼻町四丁目

参考文献

*1 沼田尚道: 鴎外(97) (森鴎外記念会,2015.7)「青年」に描かれた大宮公園
P.59 萬松楼は、敷地内に鉱泉を掘り当てたことから明治二十一年に開業した料亭・旅館で、大宮公園内に在…

大宮(「含翠楼」跡)大宮公園

「大宮公園」は大宮駅の東北、約1.5kmに位置しています。明治6年の太政官布達を受け、明治18年に氷川公園の名称で誕生しました。*1

木々に囲まれた美しい公園です。

「ブラタモリ」でも放映された料亭跡の庭石。
明治四十三年に、大宮公園に三業組合が組織されました。*2

「含翠楼(がんすいろう)」は、氷川公園開設当初(明治18年)に建設されました。
含翠楼の建築費は、吉田県令の機密費(本庄、深谷の遊廓から徴収された税金)により賄われました(案内板より)。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高鼻町四丁目

参考文献

*1 大宮公園: 大宮公園 公式ホームページ (大宮公園,) リンク
施設概要 「大宮公園」は大宮駅の東北、約1.5kmに位置しています。明治6年の太政官布達を受け、明治18年…
*2 沼田尚道: 鴎外(97) (森鴎外記念会,2015.7)「青年」に描かれた大宮公園
P.61 「青年」が「昴」に連載開始された明治四十三年は、大宮公園に三業組合を組織された年でもある。時…

白山(花街跡)現在も営業する染物屋

今回は、白山(東京都文京区)の町並みを散歩します。
旧白山花街の中心部の通り。花街時代からあった染物屋「伊勢屋」は現在も営業中です。

「伊勢屋」の脇の石畳の路地。

料亭だったと思われる木造家屋。

この付近には、料亭が密集していました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 白山一丁目

この記事を参照している用語

白山花街

厚木(花街跡)現在は飲食街

厚木の芸妓の存在は、江戸末期にはあったとされ、江戸時代中期以降の大山参りの隆盛に伴い、遊興の地となりました。戦後、昭和29年には、「厚木三業組合」が結成されました。*1
厚木花街のあった寿町一丁目。北側の通りは飲食街になっています。

寿司屋や居酒屋が建ち並びます。

道がカーブしている場所。

料理屋と思わわれる屋号が残るお宅。

1970年代、厚木の料亭街には、芸者が150人ほどいました。*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 寿町一丁目

参考文献

*1 厚木市教育委員会: 厚木市史 民俗編 2 (厚木市,)
P.190 芸妓 厚木の芸妓の存在は、江戸末期にはあったとされ、江戸時代中期以降の大山参りの隆盛に伴い、…
*2 小学館: 週刊ポスト 7月10日号 (小学館,1970.7.10)ますます凄くなった東名好色ハイウエイ
P.134 いよいよ狙い時の厚木の街 6月1日の鮎漁解禁以来、相模川には、キレイどころを乗せた船が浮かん…

厚木(花街跡地)寿町

昭和30年代まで、厚木は、鮎漁と養蚕という観光・産業に支えられ、多くの料亭に出入りする芸者衆は、最盛期には100人近くを数えました。*1

昭和15年の花柳街の地図によると、この通りの両側には、料理屋が建ち並んでいました。*1

花柳街跡地の飲食店。

家紋が描かれた塀。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 寿町一丁目

参考文献

*1 千秋社: 厚木市の昭和史 : 変わりゆくまち・くらし 写真集 (厚木市の昭和史編集委員会,)
P.169 鮎漁と花柳界 昭和30年代まで、鮎漁と養蚕は、厚木の観光・産業を支える大きな柱であった。多くの…

浅草(料亭) 明治十一年の創業老舗

浅草花街の風情が残る通り。
明治十一年の創業の老舗料理店の一直(写真左手前)*1 は、「全国花街めぐり」*2 にも登場する老舗です。

道を挟んだ反対側にある料亭の「桜の家」。

風情のある玄関。

木々に囲まれています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 浅草三丁目

浅草(浅草三業会館)記念樹

浅草花街の歴史は古く、参詣客を集めた浅草観音の門前の茶屋に由来し、その時代は、明暦年間(1655~1657)にさかのぼります。*1

浅草花街の中心部に浅草三業会館の建物があります。

提灯。

レスリングの浜口京子選手の銅メダル獲得記念樹。会館の前に植えられています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 浅草三丁目

参考文献

*1 浅草見番: 浅草見番 公式ホームページ (浅草見番,) リンク
浅草見番の歴史 古来より浅草観音様は諸人の参詣を集め、掛け茶屋が出て賑っていました。武江年表(斉藤…

佐原(周回する小路)旧花街

料理屋「寿茂登」※1 の裏側は、地元の方の話によると、かつての花街の中心地だったそうです。
小路の両側には、現在も料理屋が建ち並んでいます。

営業中の飲食店。

風情のある料理屋。

小路は、ぐるりと1周していて、元の大通りへ出ます。

佐原(花街だった通り)割烹料理屋が散在。

今回は、佐原(千葉県香取市)の町並みを散歩します。
佐原信用金庫のある通りは、かつては、置屋や料理屋などが建ち並ぶ通りでした(地元の方の話)。

現在も割烹料理屋が散在し、当時の名残を感じます。

料理屋らしき建物。

上野写真の料理屋の脇の路地。

佐原(旧二業組合跡地)小川路地

「昭和はじめの佐原の町並み」鳥瞰図と案内板※1 に記載の旧二業見番があったあたり。馬場本店酒造の東側の路地です。案内板に記載では、ここは小川路地と呼ばれていたそうです。鳥瞰図に記載のある、この路地の出口にある小川薬局(現存)が路地の名前の由来かもしれません。

長く続く板壁を持ったお宅。

古い建物のようです。

逆方向(北側)から見たところ。

浅草橋(料亭跡)

柳橋の旧花街跡。現在は、ビル街のなっていて面影はありません。

当時の料亭と思われる建物。

当時の住宅地図には、料亭「宮城」と記されています。

旧料亭の建物は、次々とビルに建て替わっていく中、当時の建物が残っているのは、貴重と言えます。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 柳橋

日本橋(老舗割烹)金ぷら

八重洲一丁目の繁華街。日本橋花街の雰囲気を受け継ぐ老舗割烹「嶋村」が現在も営業中です。

創業嘉永3年(1850年)の老舗です。

名物の金ぷらなど、昼のランチもあるようです。

年季の入った提灯。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 八重洲一丁目

この記事を参照している用語

日本橋花街

日本橋(花街跡)横丁や路地に遊興の歴史

今回は、日本橋(東京都中央区)の町並みと風俗を散歩します。
現在の八重洲一丁目付近は、江戸時代の市街造成期からの古い町並みです。明治維新後は、新時代を代表するような近代諸会社とこれと全く対照的な下町の商店や芸者屋・待合が奇妙に混在する町でした。*1

検番があったあたり。*2

旧花街の南端。「浮舟」は、昭和の初めからある老舗です。*3

日本橋芸者の起源は、安永6年(1777年)、平松町(現高島屋辺り)に芸者がいたことが、「妓者呼子鳥(げいしゃよぶこどり)」に書かれています。*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 八重洲一丁目

この記事を参照している用語

日本橋花街

参考文献

*1 白石孝: 日本橋街並み繁昌史 (慶應義塾大学出版会,2003)P.11,P.27
P.11 日本橋の南詰から中央通りを高島屋・丸善の方向にむかった町々は、江戸市街造成期からの古い町であ…
*2 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.105 日本橋芸者の起源は古い。「女芸者の時代」によれば、「妓者呼子鳥(げいしゃよぶこどり)」に、常…
*3 武揚堂編集部: あの日の日本橋 (武揚堂,2007)昭和25年から30年代の思い出と出会う : 地図と写真でたどる (地図物語)
付録地図(火災保険地図)に昭和初期の町並みの記載。 ・料理店「浮舟」

高田馬場(料理屋跡地)この一画の一番奥まったところ

高田馬場駅前のJR山の手線と西部線に囲まれた飲食街(旧柳小路)※1。
1960年代の頃、この一画の一番奥まったところには、アングラ芝居のバラック小屋がありましたが、その後、浅草千束をおもわせる料亭とバーの街に変身しました。*1

地元の方の話によると、この場所には料理屋の「海の家」*2があって、女性の接客のある店だったそうです。
現在は、1階に「DVD鑑賞」店が入っています。

夜になると、看板に灯りが灯ります。

神田川からみた飲み屋街方面。川と線路に囲まれた一画であることが解ります。
1950年代に特飲街が計画されたこの一画*3※1 は、高田馬場の歴史が凝縮された場所と言えそうです。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高田馬場

参考文献

*1 富田英三: 新東京百景 (スポーツニッポン新聞社出版局,1975)
P.100-P.101 《高田馬場》一級騒音地 騒音地なればこそ繁盛する、飲み屋に焼き鳥、ラブホテル 国電山…
P.15 現在の高田馬場2丁目19−8に料理「海の家」の記載。
*3 朝日新聞社: 朝日新聞 (朝日新聞社,1950.10.4)高田馬場に“湯の街”・地元や早大は大反対
国電高田馬場駅付近に、“湯の街”を作る計画が向島“ハトの街”の経営者らによって進められ、地元の向上や学…

参考記事

向島(木造家屋群)元料理屋

料亭「花の里」(墨田公園少年野球場近く)の西隣に、周囲は開発が進むなか、木造家屋が奇跡的に残る一画があります。

狭い、曲がりくねった路地が続いています。

かつては、料理屋や旅館でした。

貴重な木造建築です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 向島

参考文献

*1 都市整図社: 火災保険特殊地図 墨田区 向島方面 (都市整図社,1952)
・向島芸妓組合の付近に、待合「桝の家」の記載。 ・現在の向島2丁目17−3、待合の記載。 ・現在の向…

向島(待合の建物)当時の意匠が残っています。

向嶋墨堤組合*1 の南側。

待合の建物が当時のままで残っています。

待合らしい細工が施されています。

塀の腰廻り部分に木材を配しています。

向島(待合跡)見番通り

向島見番の前の通り。
交差点の角にある古い木造家屋は菓子の「いりむら」です。*1

その隣。料亭「波むら」との間に、待合「桝の家」の建物が残っています。(写真左側)

玄関。

待合だった頃の風情が残っています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 向島

参考文献

*1 都市整図社: 火災保険特殊地図 墨田区 向島方面 (都市整図社,1952)
・向島芸妓組合の付近に、待合「桝の家」の記載。 ・現在の向島2丁目17−3、待合の記載。 ・現在の向…

向島(老舗料亭)伝統を受け継いでいます。

向島を代表する老舗料亭の「入舟」。
昭和20年創業。建物は50年前に建てられたものです。*1

通用口。

料亭きよし。
昭和24年開業の老舗料亭です。*2

老舗料亭です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 向島

参考文献

*1 料亭入舟: 入舟 ホームページ (料亭入舟,) リンク
昭和20年創業。終戦後の荒廃のなかで初代女将が日本再興に懸命に尽くす企業の方々にたいして一時の憩いの…
*2 料亭きよし: 料亭きよし ホームページ (料亭きよし,) リンク
先代、小林たつは大正7年に、玉の井の洋食屋「改進亭」の長女として生まれました。そこは荷風散人ゆかりの…

向島(見番)見番通り

今回は、向島(東京都墨田区)の町並みを散歩します。
墨田区向島2丁目にある向嶋墨堤組合。

前の通りは、「見番通り」と呼ばれています。

向島は、江戸の時代から「花街」(料亭街)として栄えた街です。*1
東京から遠出で遊びにくる客の座敷に招ばれ、向島芸妓は生まれました。*2

今なお料亭の伝統芸能が脈々と継承されています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 向島

参考文献

*1 向嶋墨堤組合: 向嶋墨堤組合 ホームページ (向嶋墨堤組合,) リンク
概要 向島…浅草からみて向こうにある島は、いつか行ってみたい雅な街で「向島」と呼ばれ、江戸の時代から…
*2 松川二郎: *全国花街めぐり (誠文堂,1929)
P.106 向島という土地は、元来東京から遠出で遊びに行くところで、向島芸妓はその遠出の客の座敷に招ばれ…

この記事を参照している記事

北千住(芸者新道)見番跡地

千住宿の史跡、市郎兵衛本陣跡近く。

本陣跡の近くに、千住見番がありました。
見番の玄関には「千住芸妓組合千住支部」「全国芸妓組合千住支部」といった看板が掲げられていました。*1

明治時代、千住芸妓組合が成立し、その事務所(見番)がこの地に置かれ、花街が千住柳町に移転した大正8年以降も昭和18まで営業していました。この通りを見番横丁といっていました(説明文)。

見番があったあたり。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 千住

参考文献

*1 佐々木勝: 日光街道千住宿民俗誌 (名著出版,1985) 宿場町の近代生活
P.210 見番横丁 見番は、佃屋という屋号で、石坂家が昭和18年まで代々やっていた。玄関には「千住芸妓…

浅草(猿之助横町)芸妓屋街

猿之助横町は、昭和の初期までは、芸妓・待合が集まる一画でした。*1

料理屋らしき建物。

国際通り近くにある和風の建物。

ヘルストロンの路地※1 の1本隣り(西側)の風情のある路地。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 浅草三丁目

参考文献

*1 佐藤洋一: あの日の浅草 (武揚堂,2007)昭和26年から30年代の思い出と出会う : 地図と写真でたどる (地図物語)
・現在の浅草3丁目30−5に「浅草ニュートルコ」の記載。 ・現在の浅草3丁目40−12。ヘルストロン…

参考記事

五反田(海喜館)事件で報道された旅館

最近、事件で報道された「海喜館」。
五反田三業の面影を唯一残す旅館の建物です。10年前は、入口も開放されていて、「海喜館」の看板もありました※1 が、現在、入口は閉鎖され、看板も取り外されました。

建物は、老朽化が進んでいます。


建物の周囲は、シートで囲われています。

目黒川の対岸から。

五反田(花街跡地)待合があった通り

五反田花柳界は、三業組合と呼ばれていたた当時までは、盛んであったが、戦後は売春防止法の制定によって、「待合い」に於ける売春の取り締まりと共に、「待合い制度」が廃止され、二業組合に衰退の一途をたどりました。*1

待合が密集していた通り。

現在は、マンションが建ち並ぶ町並みとなっており、花街の名残はありません。

一本南側の通り。この通りにも両側に待合が建ち並んでいました。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 西五反田

参考文献

*1 岩田彦之丞: 西五反田一二三町会町会会館三島稲荷神社小史 (岩田彦之丞,1982)
P.11 五反田花柳界も三業組合と呼んでいた当時までは、何かと盛んな頃もあったが、戦後次第に衰退の一途…
*2 都市整図社: 品川区 五反田方面(火災保険特殊地図(戦後分)) (都市整図社,1951)
現在の西五反田2丁目 ・待合の、旅館の屋号 現在の東五反田1丁目15の一画。 ・「おかるのみや」…

目黒(花街跡地)

目黒不動の門前には、関東大震災直後、隣接町村の目覚ましい発展に伴い、花街ができました。主な料理屋は、「角伊勢」と「大国家」で、その他は、待合形式の家がありました。*1
現在の商店街に見番がありました。*2

見番脇の路地を下ったところ。「ちとせ」「一力」がありました。*1

大国家があったあたり。*2

目黒園があったあたり。*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 下目黒

参考文献

*1 松川二郎: 三都花街めぐり (誠文堂,1932)
目黒不動の門前一円の地域がすなわち目黒の花街で、芸妓屋三十五軒、料理屋が四十軒。いかに竹の子に縁の…
*2 都市整図社: 目黒区 下(火災保険特殊地図旧35区 No.33-2) (都市整図社,1935)
目黒不動尊周辺に、見番と料亭らしき屋号「大国家」「角伊勢」「目黒園」「ちとせ」「松田家」「一力」の…

中野新橋(料亭「亀太川」)現存する建物

神田川の北側(本町3-9)。

最後まで残った料亭「亀太川」の建物があります。*1


玄関付近。


花街らしい雰囲気が塀に残っています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 本町

参考文献

*1 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.184-P.186 以前は神田川沿いに紅灯が並び、三味線の音が聞こえていた風情も失われ、現在営業している料…

中野新橋(三業会館跡地)橋の北側

今回は、中野新橋(東京都中野区)の町並みを散歩します。
神田川に架かる中野新橋は、中野新橋の名前の由来となった橋です。この橋の北側には、三業会館の建物がありました。*1


立派な擬宝珠が橋の四隅にあります。

橋の北側に当時の青銅製の擬宝珠が残されています。案内板によると、擬宝珠は、地下鉄丸の内線が開業した1961年に橋が架けれたときのもので、2011年まで、親橋の頂部に取り付けられていたそうです。

神田川。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 本町

参考文献

*1 朝日新聞社会部: *神田川 (未来社,)
神田川は中野区の南はずれを横切っている。優雅な名前の橋がいくつも架かる、花見橋、その上流は、桜橋、…

王子(王子花街)豊島町

王子の豊島に指定地(芸妓屋待合)が公許されたのは昭和四年で、「王子新地」の俗称で呼ばれました。しかし、料理屋は、指定地内の他、駅前の代表的料亭「扇屋」、音無橋畔、御殿下に「養老館」、王子稲荷などにしていました。*1
写真は、料理屋の「君の家」があった場所*2 に建つ食堂。

芸妓屋の浪の家があったあたり。*2

塀横の意匠。

逆方向から。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 王子

この記事を参照している用語

王子

参考文献

*1 松川二郎: 三都花街めぐり (誠文堂,1932)
指定地として芸妓屋待合の公許されたのは極く新しいことで、漸く昭和四年の四月から、王子町大字豊島の俗…
*2 都市整図社: 北区 火災保険特殊地図 (都市整図社,1953)
豊島一丁目に、料亭「若の家」「秋よし」「新よし」「ひら松」「浦島」「お志津」「富久出」「永好」、置…

品川(三業地跡)当時の建物

今回は、品川(東京都品川区)の町並みを散歩します。
品川三業地は、昭和7年に、街道沿いから現在の東品川1丁目の一画に移転し、品川海岸三業株式会社を設立しました。*1

三業地の北側の交差点の角に建つ料亭「文の家」の遺構。*2

当時の雰囲気が残っています。

2階部分。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 品川

参考文献

*1 上村敏彦: *花街・色街・艶な街 色街編 (街と暮らし社,2008)
P.37-P.39 品川三業地の開設 明治中頃から、街道に面して妓楼が並ぶ品川は風紀上の問題もあり、移転先が…
*2 都市整図社: 火災保険特殊地図 品川三業地方面 (都市整図社,1953)
旧品川三丁目(現在の東品川1丁目)の旧三業地に、料亭、置屋の記載。 中央の通り。芸妓屋の清河、菊の…

この記事を参照している記事

人形町(浜田家)芳町唯一の料亭

今回は、人形町(東京都中央区)の町並みを散歩します。
浜町・芳町は明治の始め頃から賑わったいわゆる三業(待合、置屋、料理屋)地でした。*1

現在、一軒のみ営業する料亭「玄治店(げんやだな)濱田家」。

建物の東側。

夜の様子。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 日本橋人形町

この記事を参照している用語

芳町花街

参考文献

*1 都市出版: 東京人 15(6) (通号 154) (都市出版,2000.6)料亭で江戸東京を味わう--芳町「濱田家」/新橋「花蝶」/神楽坂「うを徳」 (特集 芸者さんに会いたい 新橋、赤坂、芳町、神楽坂、浅草、東都五花街探訪)
P.38 浜町・芳町は明治の始め頃から賑わったいわゆる三業(待合、置屋、料理屋)地だ。隆盛期には芸者さ…

蒲田(二業地跡地)旅館の建物

かつての蒲田二業地は、現在は、住宅地となっていて、当時の名残はありません。

唯一、旅館だったと思われる建物が残っています。

石の塀。

かつての待合の雰囲気が残る建物。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 蒲田

参考文献

*1 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.231 ・旧見番があった場所にある2階建ての建物。 ・待合の雰囲気が漂う建物。

蒲田(見番跡)二業地

今回は、蒲田(東京都大田区)の町並みを散歩します。
蒲田の二業地は、京急蒲田駅から南へ500mほど離れた場所(現在の南蒲田四丁目20-24番地)に昭和2年に開設の許可が出されました。*1

現在も旧見番の建物が残っています。*2

かなり大きな2階建ての建物です。

花街の雰囲気が残っています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 蒲田

参考文献

*1 蒲田町史編纂会: 蒲田町史 (蒲田町史編纂会,1933)市郡合併記念 リンク
P.319 蒲田二業地は、昭和2年4月19日、許可となり、其の後直ちに地均し(じならし)に着手し、芸妓屋では…
*2 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.231 ・旧見番があった場所にある2階建ての建物。 ・待合の雰囲気が漂う建物。

根岸(花街跡)通人の隠れ家遊び場所として流行った花街

今回は、根岸(東京都台東区)の町並みを散歩します。
台東区根岸の根岸柳通り周辺には、かつて花街がありました。

往時の面影を残す「浜本」という料亭だったお宅。*1

根岸の花街は、通人の隠れ家遊び場所として流行った花街で、客筋は根岸、金杉、坂本など近隣の旦那衆が多く、人力車で遊びに来る者もいました。*1

2階部分に花街だった頃の風情が残っています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 根岸

参考文献

*1 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.135 根岸の三業地が許可されたのは大正10(1922)年のことで、地元の矢野弦吉、伊木勝太郎ら数人が尽力…

人形町(㐂寿司)花街の記憶

人形町2丁目。かつての花街だったエリアです。喜寿司(㐂寿司)は、花街の面影が残る建物です。

たくさんの大きな看板。

隣の歯科医として使われていた建物は、もとは「待合(芸妓と遊ぶ場所)」でした。*1

物干し台。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 日本橋人形町

この記事を参照している用語

芳町花街

参考文献

*1 大島健二: *下町の名建築さんぽ (エクスナレッジ,2017)ARCHITECTURAL HERITAGE GUIDE IN OLD TOWN OF TOKYO タイトルでNDLオンラインを再検索する
P.140 奥のたてものは歯科医として使われていたがもともとは「待合(芸妓と遊ぶ場所)」であったという。…

この記事を参照している記事

人形町(よし梅)

今回は、人形町(東京都中央区)の町並みを散歩します。
大観音寺脇の路地※1 にひっそりと佇む「よし梅本店」。戦火を免れて残った店の風情は江戸の粋が薫る人形町ならではです。*1

入口が路地になっていています。

かすれて、かろうじて「よし梅」と判読できる門標。

反対側の通りから。

大塚(三業通り)看板がリニューアル

かつての花街だった大塚三業通りの入口。大塚駅南口から見えるバッティングセンター脇に「大塚三業通り」の看板が取り付けられています。以前は、白地に赤文字のシンプルな看板※1 でしたが、最近、ピンク色を基調としたものにリニューアルされました。

看板の上部には、芸者さんのモニュメント。

以前の看板と比べ、華やかなものになりました。

「三業」の電柱標識板。「花町」というプレートも取り付けられています。

新橋(烏森花街跡)花街の雰囲気が残る通り

烏森神社前の通りから南側へ一本入った通りんには、わずかに花街だった頃の雰囲気が残っています。

写真の「たきもと」は、戦後の火災保険地図*1 では「多㐂本」と記されています。

創業明治27年の「古今亭」。*2
夜の烏森神社前の横丁。

この付近(写真中央の「すしざんまい」があるあたり)には、新橋芸妓組合がありました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 新橋二丁目

この記事を参照している用語

新橋芸妓組合 烏森花街

参考文献

古今亭、末源、新橋芸妓組合、等の記載。
*2 岩動景爾: *東京風物名物誌・普及版 (魚住書店,1956)
P.187 鳥の古今亭も元通り料亭街の中、烏森神社の傍に立派に復興している。浅草金田と並称された味の店。…

新橋(南地花街跡)烏森神社付近

今回は、新橋(東京都港区)の町並みを散歩します。
新橋南地花街は、明治5年の銀座の大火で、金春付近にあった芸妓置屋が汐留川より南の烏森方面に引っ越したのが始まりです。*1
写真左手前にある「末源」は、明治42年創業の老舗です。*2*3

新橋南地花街(烏森花街)は、元は、同じ花街で、新橋駅を境に、煉瓦地芸者(京橋)と南地芸者(新橋)と芸者街が二つに分かれていたものが、大正11年に、分離して「烏森」あるいは「新橋南地」となったものです。*4

烏森神社前の参道。平成13年頃までは、両側理に飲食店が建ちならんでいましたが、現在、左側は整備されて飲食店はありません。*1

参道右側に、わずかに残る飲食店。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 新橋二丁目

この記事を参照している用語

烏森花街

参考文献

*1 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.36 銀座の明治5年の大火は、金春付近にあった芸妓置屋も焼き尽くした。そこで、芸妓屋や芸妓は、一部…
古今亭、末源、新橋芸妓組合、等の記載。
*3 新橋料理業組合: 新橋 末げん (新橋料理業組合,) リンク
三島由紀夫が最後の晩餐にした明治42年創業の老舗、「新橋末げん」。ほかにも原敬、六代目菊五郎などの…
*4 松川二郎: *全国花街めぐり (誠文堂,1929)
P.17 新橋の花街は元は烏森と一つの花街で、京橋と芝の区界である「新橋」を真ん中に、煉瓦地芸者・南地…

築地~月島(天婦ら「おかめ」)昭和初期からある料理屋です。

築地2丁目の通り。現在はビル街ですが、かつては築地の花街の中心部だったあたりです。この付近には、待合の「常盤」、料亭の「国の家」「米田中」がありました。*1

ビル街の中の一軒家。

現在も営業中です。

入口の丸窓。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 築地

参考文献

*1 都市整図社: 火災保険特殊地図 中央区[11] (都市整図社,)魚市場方面 1947年 築地方面 1949~55年 明石町方面 1950年
現在の中央区築地2丁目に、 待合の「常盤」、料亭の「国の家」「米田中」の記載。 現在の築地駅北西の…

築地~月島(料亭「新喜楽」)新橋花街

今回は、築地(東京都中央区)の町並みを散歩します。
築地場外市場のある市場橋交差点の角にある「新喜楽」は、芥川賞や直木賞の選考会場としても有名な築地の料亭です。新橋花街の中では、戦災で被害を受けなかったうちの1軒でした。*1

高い塀が続きます。

表札は、「割烹」となっています。

裏口。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 築地

この記事を参照している用語

新喜楽 新橋花街

参考文献

*1 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.51 戦時中には強制疎開で取り壊されたり、廃業した料亭・待合も多く、戦災で被害を受けなかったのはわ…

亀戸(三業地跡)亀戸天神の裏の通り

かつて、亀戸天神裏の通りには、三業地が広がっていました。*1

料亭「寿々代」。
以前は、この建物の東隣の交差点の角にありました。*1*2

旧三業組合の建物※1 の隣にある料亭「七福」。

写真左手には、数年前まで、富久家の建物*1*2※2がありましたが、現在は更地になっています。

 

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸花街

参考文献

*1 木村聡: 赤線跡を歩く (自由国民社,1998)消えゆく夢の街を訪ねて
P.27 ・可憐な概観を持つ建物。コンクリートをくり抜いたような窓。 ・何気なくのぞいた倉庫の中にタイ…
亀戸三業組合 料亭「富久家」「七福」「寿々代」 天狗湯 の記載

参考記事

亀戸(城東三業組合事務所跡)江戸時代から発展

今回は、亀戸の町並みを散歩します。
亀戸天神社裏のこの通りは、かつては、料亭が建ち並ぶ亀戸花街の中心部でした。*1

城東三業組合事務所(見番)があった建物。*2

現在は、亀戸三丁目自治会館として使われています。

この通りの北側が旧亀戸の赤線地帯です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸花街

参考文献

*1 亀戸花街の沿革: *東都芸妓名鑑 (亀戸花街の沿革,1930) リンク
この地が花街として発展したのは、寛政年間からであって、各所に散在していたのがいつの頃よりか、今日の…
*2 上村敏彦: *花街・色街・艶な街 色街編 (街と暮らし社,2008)
P.100 城東三業組合事務所(見番)があった建物。現在は、亀戸三丁目自治会館として使われている。

この記事を参照している記事

神田明神下(開化楼跡)高楼がそびえたっていました。

かつて男坂の途中には、料亭「開化楼」の高楼がそびえたっていました。*1

現在、男坂の途中には、オフィスビル「KAIKA」が建っています。

料亭「開化(新開化)」があったたり。

料亭「開化」の前には、神田芸組合の事務所が建っていました。*1
写真奥は、神田川本店がる方角です。※1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 外神田二丁目

この記事を参照している用語

神田花街 田川

参考文献

*1 林順信: *東京路上細見1 (平凡社,1987)湯島・本郷・根津・千駄木・神田
P.275 外神田二―六―三の表札を見ると、大きな看板の下がった家がある。看板には、「神田芸妓・芸妓置屋組…

参考記事

神田明神下(神田川本店)かつての花街のころの雰囲気が残っています。

神田明神下の南側の一画にある神田川本店。美しい黒板塀のある老舗料亭です。

創業は文化2年。代々受け継がれている辛口のタレは、江戸幕府の賄い方だった初代が万世橋の際で開いたときからのものだそうです。*1

神田川本店の裏手の路地。このあたりは、かつての花街のころの雰囲気が残っています。

現在は、神田川本店の倉庫となっている一画。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 外神田二丁目

この記事を参照している用語

神田花街 田川

参考文献

*1 老舗の味わい方: *散歩の達人 No.179 (交通新聞社,2011)
P.23-P.24 創業文化2年 明神下神田川本店(うなぎ) 空間もさることながら、神田さんが一番大事なもの…

この記事を参照している記事

神田明神下(花街跡)講武所芸者

かつて、神田明神下同明町に花柳界があって、この三業地を俗に講武所、ここの芸者を講武所芸者と言いました(講武所とは、幕末に創設された幕府の武術教育所のこと)。*1
花街のことを「講武所」と呼んだのは、
・講武所の運営費捻出のため、現在の秋葉原駅の万世橋通り付近の土地を町屋に編入して地代を取るようになり、安政期(1854-59年)にこの地に芸者が姿を現したため、講武所芸者と称されるようになった。*2
・旗本、御家人などの二男・三男が武芸鍛錬のため講武所へ行くと言って家を出てここで遊んでいたとか、客に講武所の生徒が多かったため、*1
など諸説あります。
また、明治3年)頃に、芝居茶屋が出現し、同時に草分け芸者が生まれ、花街となった。*3 とする説もあります。
男坂の通りの北側の通りにある料理屋。右側の建物もかつての料理屋です。

料理屋「あら喜」
元料理屋の建物。

「章太郎」は、明神したの艶っぽさを残す名店です。*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 外神田二丁目

この記事を参照している用語

神田花街

参考文献

*1 : *江戸東京地名辞典 (講武所,2008)P.288-P.289
神田明神下同明町に花柳界があった。この三業地を俗に講武所、ここの芸者を講武所芸者といった。 明神下…
*2 荷風の神田を往く: *荷風!vol.23 (荷風の神田を往く,2010.1)
P.39 コラム講武所芸者 講武所とは、江戸幕府が武術修練のために設けた講習所で、もともと築地にあった…
*3 神田花街の沿革: *東都芸妓名鑑 (神田花街の沿革,1930) リンク
花街の創設 芝居茶屋が出現するど同時に草分け芸者として生まれ、翌年(明治3年)頃に二十三、四人の芸…

四谷大木戸(花街跡)

今回は、四谷大木戸(東京都新宿区)の町並みを散歩します。
四谷大木戸にに花街ができたは大正11年で、当時、東京では一番新しい花街でしたが、関東大震災で下町の花街が一時全滅の姿に陥った機に乗じて、四谷大木戸は膨張し、震災後一時は、百五十人を超す芸妓が登録されていました。*1*2
現在も営業を続けているのは、「多満川」のみで、他はマンションや駐車場になっています。

*3大木戸芸妓組合事務所は現在のホテルがある辺りにありました。*3

全国花街めぐり*1 には、料理店 三軒(自慢本店、同支店、みやこ鳥)が紹介されています。このうち、自慢本店は、現在の「多満川」から北へ行った突き当りにあるマンション「新宿御苑」の場所にありました。*4
1階部分は料亭の名残を感じさせる石塀に囲まれています。

花街の東側の、崖沿いには「和楽」「清月」など待合が7,8軒ズラリと軒を連ねていました。*3

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 四谷四丁目

この記事を参照している用語

大木戸花街

参考文献

*1 松川二郎: *全国花街めぐり (誠文堂,1929)
P.80 ここに花街のできたのは大正11年、東京では一番新しい花街であるが、、そこへ丁度彼の大震災で下町…
*2 大木戸かいわい: *四谷散歩 (大木戸かいわい,1989)
P.47 大木戸花街 大正11年頃、大国座裏に三業地が開かれた。場所は以前ここにあった理性寺の墓地跡で、…
*3 上村敏彦: 東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)
P.179 昭和2年の「全国芸妓同盟会総員名簿」によると、大木戸芸妓組合事務所は旧永住町36番地。(現ホテ…
*4 新宿区[4] 新宿通方面 1: 新宿区[4] 新宿通方面 1 (都市整図社,1951)火災保険特殊地図(戦後分) [2]
四谷四丁目に、料理屋の「自慢本店」「徳万家」「美よし乃」「布袋家」「胡月」「美津橋」「正月」「重勝…

この記事を参照している記事

生田原(カフェー跡)お食事の店

大正3年、生田原に鉄道が開通すると、翌4年には200戸におよぶ集散地市街が形成され、加えて第一次世界大戦の勃発は、空前の好景気をもたらし、上生田原市街では北区を「料理屋街」と称し、料理店や飲食店が軒をつらね、芸妓や酌婦48名をかぞえたそうです。*1

昭和29年発行の「生田原市街地図」*2※1 に記載のあった「カフェー日輪」は、地元の方の話によると、写真の「お食事の店」に改築され、現在は休業中とのことです。

お食事の店。

上生田原市街は大正9年の大火災や大戦景気の反動不況により、一時商店街しましたが、昭和初期にかけて、鉱山が操業し、再び活況を取り戻しました。鉱山が商店をうるおわせたことと符合するものに、サービス業、特に料理飲食店の繁昌がありました。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 生田原

この記事を参照している用語

生田原

参考文献

*1 生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)
P.524 鉄道開通と林業の勃興 大正3年、鉄道が開通すると、物資の需給は増大の一途をたどり、翌4年には…
*2 生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)
「カフェー日輪」の記載。 (現在の遠軽町生田原418)

参考記事

この記事を参照している記事

網走(北盛亭跡地)花街の象徴だった豪華な2階建て

明治時代に繁栄した網走遊廓は、昭和に入ると繁栄は影を秘め、それに替わってそば屋と料亭が繁昌し、料亭では北盛亭が網走では一番大きく、当時野付牛(北見市)の梅の家と並んで、道東でも屈指と言われていました。*1
北盛亭は、南3東4交差点付近にありました。*2

北盛亭があった場所には、現在、石碑が建てれています。

石碑には、「2階建ての豪華な造りで、花街の象徴だった。」と書かれています。

近くには、網走川が流れています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 網走

この記事を参照している用語

網走遊廓 網走

参考文献

*1 山谷一郎: *網走私史 第3集 (山谷一郎,1995)
P.33 昭和編 昭和2年の頃は、町にまだカフェーと呼ぶものが一つもなかった。遊廓も四軒ほど残っていたが…
*2 網走市街明細図: 網走市街明細図 (網走市街明細図,1929)
現在の網走市南三条西に、 ・網走遊廓の金松楼、越中楼、北越楼、巴楼など ・割烹の北盛亭 の記載。

名寄(花街跡地)桜木町

明治36年には、名寄には、りっぱな料烹街が名劇(現在のグランドホテル藤花、写真左奥)付近に出現していました。創設者は、その後の割烹「むらさき」の初代村崎久治と名劇先々代の沢井仁十郎で、所有していた旭川の遊廓街を売り払い、遊廓街の建設を目的に名寄に乗り込んできました。*1
割烹「むらさき」は、写真の右手前の道を入ったところにありました。*2

ところが、当時、遊廓街から遊廓街まで二十里以上なければならないという法律があり、遊廓街の建設計画はオジャンになり、料烹街になり、桜木町と命名されました。*1

当時4条通りには、川が流れていて、付近には、カマメシの天豊、料亭の平、北見屋、端、むらさき、清野、丸吉、花菱、丸福、などがありました。*3*4

検番(のちの芦口商店の場所)があったあたり。*2*3

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 名寄

この記事を参照している用語

名寄

参考文献

*1 桜木町: *なよろ百話 (名寄新聞社,1967)
P.31 桜木町は、一夜にしてでき上った...といのはオーバーだが、そんな調子ででき上った私設市街であった…
*2 名寄市市街案内図 昭和33年: *名寄歴史地図史料集 (市立名寄図書館,1990)
・西五条の通りの北側に、「名寄劇場」「名寄横丁」の記載 ・その1本南側の通りに、「芦口商店」の記載…
*3 桜木町散歩: *なよろ百話 (名寄新聞社,1967)
P.37 当時4条通りには、川が流れていた。橋を渡ると桜木町。いまの名劇(現在のグランドホテル藤花)前…
*4 東京交通社: *大日本職業別明細図 第385號 北海道 (東京交通社,1934)
割烹「かねとら」「福の家」「清野」「花菱」の記載。

市川(名妓の碑)昭和60年に建立

真間川沿いにある浮嶋弁財天(市川市真間2丁目)のお堂の左脇に、「名妓の碑」が建っています。

市川の花柳界を支えてきた、今はなき名妓たちに思いを馳せ、昭和60年に建立されました。*1

碑文は、国府台女子学院院長の平田博永氏が撰し、料亭栃木屋※1 の女将で書家でもある鈴木アイ子さんが揮毫しました。*1

関係者の名が刻まれています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 市川

この記事を参照している用語

市川

参考文献

*1 真間の里: 真間の里 (亀井院,2000)真間山周辺の文学史跡
P.83-P.84 名妓の碑 浮嶋弁財天のお堂の左脇に、かつて類を見ない珍しい碑が建っている。「名妓の碑」が…

参考記事

市川(料亭「大松」)現在は駐車場

京成電鉄の線路沿いの大松パーキング(駐車場)。

駐車場の片隅に、大松の建物が残されています。

現在は、カルチャーサロンの建物として利用されているようです。

料亭として営業中の頃の住宅地図。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 市川

この記事を参照している用語

市川

市川(料亭「白藤」)関西料理

市川真間駅へ向かう道沿いに建つ「白藤」。

庭へ続く美しい石畳。

入口の白藤の石柱。「関西料理」と彫られています。
白藤の初代は昭和5年に関西から関東へやってきた最初の関西料理人の一人でした。*1

黒板壁が見事です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 市川

この記事を参照している用語

市川

市川(栃木家)かつての花柳界の料亭

国道14号線沿いの北側。京成電鉄市川真間駅までの間がかつての市川花柳界の料亭であったエリア場所です。

ビル街の中の料亭の黒壁。

料亭栃木家。現在も営業中です。

入口。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 市川

この記事を参照している用語

市川

この記事を参照している記事

豊田(喜楽亭内部)無料で見学できます。

喜楽亭※1 は、内部を見学(無料)することができます。

庭園。

1階の渡り廊下の意匠。

2階の大広間。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 豊田

この記事を参照している用語

豊田

参考記事

豊田(「喜楽亭」跡)昭和57年に移築

その建物が豊田産業文化センターの敷地に建っている喜楽亭。新明町にあった喜楽亭※1 が閉店後、移築されたものです。*1

創業は明治時代。贅を凝らした料理屋の建築を間近に見ることができます。*1

2階部分。

建物の前の庭園を含め、周囲を一周できます。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 豊田

この記事を参照している用語

豊田

参考文献

*1 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ): 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ) (新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ),2017)
P.90 工場や商家が集まるマチでは、商談や宴会などの場が必要であり、独特の接客文化が形成された。その…

参考記事

この記事を参照している記事

豊田(花街跡)神明町

今回は、豊田(愛知県豊田市)の町並みを散歩します。
昭和40年頃の拳母(現在の豊田市街)には「喜楽亭」「魚十」「澤屋」「福好」「喜多善」「大見屋」「魚兼」「住吉」「くろ猫」「清こま」などの料理屋がありました。*1
豊田市街の神明町には、小料理屋、小料理屋兼旅館が軒をつらね、格子づくりの置屋が何軒もありました。*2

喜楽亭があったあたり。*3*4

いちらく(一楽)、タクシーの黒船などがあった新明町の通り。*2*4

袋小路には、数えきれないほどの芸者置屋、稽古場があったそうです。*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 豊田

この記事を参照している用語

豊田

参考文献

*1 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ): 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ) (新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ),2017)
P.90 工場や商家が集まるマチでは、商談や宴会などの場が必要であり、独特の接客文化が形成された。その…
*2 挙母下町を歩く (出逢い叢書 四): 挙母下町を歩く (出逢い叢書 四) (挙母下町を歩く (出逢い叢書 四),1993)
《神明または神明町》 神明町は、挙母の脂粉・歓楽の町であった。小料理屋、小料理屋兼旅館が軒をつらね…
*3 豊田市商工名鑑 1960: 豊田市商工名鑑 1960 (豊田市商工名鑑 1960,1960)
・合資会社喜楽亭(神明町一ノ一)の記載。
*4 日之出町・中部電力方面: *豊田市・高岡・猿投(1965年) (日之出町・中部電力方面,1965)
P.10 ・つばめクリーニングの南隣に「ガレージ喜楽亭」の記載。 ・拳母劇場の南側、新明町二丁目の通り…

この記事を参照している記事

波止浜(旅館「一茶亭」跡地)芸者さんがいた町

今回は、波止浜(はしはま、愛媛県今治市)の町並みを散歩します。
江戸時代の波止浜は、製塩の町で、同時に瀬戸内海航路の潮待ち・風待ちの港町としても発展しました。*1
小高い山の上(写真左上)には、戦前、一茶亭というわら屋根の旅館があって、町や港を見渡すことができる旅館なので、船で波止浜に来た人や芸者さんと遊んだりする人がここに泊まったそうです。*2

現在、丘の上は、駐車場になっています。

駐車場から造船所のドックのクレーンが見えます。

井戸。波止浜の町は埋め立てて造成されたたため、飲料水や生活用水を確保することは重要でした。*3

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 波止浜

この記事を参照している用語

今治 波止浜

参考文献

*1 (1)町並みの成立のと発展: えひめ、昭和の街かど ((1)町並みの成立のと発展,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.111 波止浜の名は、江戸時代、町場を波止町、塩田を浜と呼んだことから、合わせて波止浜と呼ぶようにな…
*2 (2)あの店、あの仕事: えひめ、昭和の街かど ((2)あの店、あの仕事,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.112 仲之町 来島会館は、小高い山の上にありました。ここに戦前は一茶亭というわら屋根の旅館がありま…
*3 2.波止浜のくらし: えひめ、昭和の街かど (2.波止浜のくらし,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.117 昭和30年代の終わりころには、波止浜の町の中心は本町通りでしたが、その後塩田跡が埋め立てられ、…

多度津(花街跡)芝居小屋や料亭があった歓楽街

多度津町住宅明細地図※1 によると、稲荷神社の下のこのあたりに、芝居小屋の辨天座(旧翁座)がありました。

歓楽街の中心部だった通り。

旧「カフェミステ」。

大型の建物です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 多度津

この記事を参照している用語

多度津

参考記事

高知(料亭「得月楼」)陽暉楼

高知市南はりまや町にある料亭「得月楼」は、宮尾登美子著の「陽暉楼」の舞台なった料亭です。*1

創業者の松岡寅八は、幼年時代から商売を仕込まれ、明治5年に独力で陽暉楼をはじめ、更に得月楼を創業(明治11年・1878・谷干城命名)。後に本店を稲荷町に移し、中店を浦戸に置いて、数カ所に出店して発展させました。現在の得月は中店です。*2*3

見事な庭園。

昼のランチはリーズナブルな価格で、個室でゆっくりできます。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高知

この記事を参照している用語

高知

参考文献

*1 ご案内: ご案内 (ご案内,) リンク
得月楼は自由民権運動発祥の地として知らせる 高知の中心部、はりまや橋のたもとにあります。
*2 山本泰三: 土佐の墓 その2 (土佐史談会,1987)
P.235 松岡寅八 寅八は、水道町(旧横町、魚の棚)住、幼年時代から商売を仕込まれ、明治2年…
*3 自由懇親会も開かれた紅燈の巷、玉水新地: *土佐の自由民権 : 史跡ガイド (自由懇親会も開かれた紅燈の巷、玉水新地,2013)
P.19 明治2(1869年)、新地が新設されてから料亭が立ち並び、「上の新地」「玉水新地」と呼ばれるように…

鳴門(林崎花街跡)撫養町

今回は、鳴門(徳島県鳴門市)の町並みを散歩します。
鳴門の撫養(むや)川岸の林崎花街※1 は、芝居小屋の清光座(戦後は映画演劇専門館)を中心にして、料亭、旅館、が建ち並んでいました。*1
高松家(高松席、のちの高松旅館)、みよし野(みよし亭)があったあたり。道を挟んだ反対側(写真左側)に「陣幕支店」「清光座」「八木亭」がありました。*1*2*3

古い建物も残っています。

旅館だったと思われる建物。*2。

元置屋の「陣幕」*1 と思われる「旅館陣幕」があったあたり*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 鳴門

この記事を参照している用語

林崎花街 徳島 鳴門

参考文献

*1 撫養港の「みなと文化」: 撫養港の「みなと文化」 (撫養港の「みなと文化」,) リンク
P.88-22-P.88-24 遊里・料亭 廓 撫養港そばの林崎遊廓の起源は、近世末にさかのぼる。鳴門市史上巻(昭…
*2 日本住宅地図出版: 徳島市・鳴門市 1960 (日本住宅地図出版,1960)
P.80 旅館陣幕、旅館高松、多田席、スタンド国の山、清光亭、旅館春風館、の記載。
*3 東京交通社: 大日本職業別明細図 徳島縣及徳島縣 第164号 (東京交通社,1929)洲本町 撫養町 福良町 板西町 板東町 堀江村
撫養 林崎花街 長亭、淀川、検番、〇安亭、柳本、松廻家、いづか、うきよ、八木、清光座、陣幕支店、み…

参考記事

三鷹(料亭らしき建物)八丁通り

八丁特飲街※1 があった飲み屋街の東側の交差点。交差点の角に、古い和風の建物が建っています。

八丁通り沿いにあります。

1972年の住宅地図*1 には、屋号と思われる「与名本」の記載があります。

2階部分。料亭らしき佇まいです。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 下連雀

この記事を参照している用語

八丁特飲街 三鷹

参考文献

*1 三鷹市 '72: 三鷹市 '72 (三鷹市 '72,1972)
P.5 武蔵野市中町1丁目11-13に、「与名本」の記載。

参考記事

津島(御料理「太田屋」跡)紅色

まのや旅館の前の道を南下すると、料理屋の建物に行き当たります。

御料理「太田屋」跡。*1*2

紅色の壁が際立っています。

「料理店」のプレート

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 津島

この記事を参照している用語

津島

参考文献

*1 津島商工会議所: 津島市商工名鑑 1963年版 (津島商工会議所,1963)
P.151 津島料理業組合(広告欄)  茨寅、魚源、魚島、太田屋、角屋、菊水、紀の昭、壽、三…
*2 公共施設地図航空: 津島市 全住宅案内地図帳1970 (公共施設地図航空,1970)
料理屋、券番事務所、旅館、の記載 P.2643 料理玉船、旅館竹廻家、料理明月、旅館二葉、旅館…

津島(料亭跡)電柱に屋号

津島の天王川公園の近く、秋葉神社の裏側に料亭松葉の建物が残っています。*1*2

「松葉引込」と書かれた電柱番号札。

1本北側の通り。居酒屋があります。

反対側から見たところ、

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 津島

この記事を参照している用語

津島

参考文献

*1 津島商工会議所: 津島市商工名鑑 1963年版 (津島商工会議所,1963)
P.151 津島料理業組合(広告欄)  茨寅、魚源、魚島、太田屋、角屋、菊水、紀の昭、壽、三…
*2 公共施設地図航空: 津島市 全住宅案内地図帳1970 (公共施設地図航空,1970)
料理屋、券番事務所、旅館、の記載 P.2643 料理玉船、旅館竹廻家、料理明月、旅館二葉、旅館…

津島(料理玉船)かつての料理屋街の名残

津島映画劇場があった一画※1 の北側の一画。

この通りの南側に料理「玉船」の建物が残っています。*1*2

玄関。

当時の電話番号。津島料理業組合の名簿*2 に記載の電話番号に一致しています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 津島

この記事を参照している用語

津島

参考文献

*1 公共施設地図航空: 津島市 全住宅案内地図帳1970 (公共施設地図航空,1970)
料理屋、券番事務所、旅館、の記載 P.2643 料理玉船、旅館竹廻家、料理明月、旅館二葉、旅館…
*2 津島商工会議所: 津島市商工名鑑 1963年版 (津島商工会議所,1963)
P.151 津島料理業組合(広告欄)  茨寅、魚源、魚島、太田屋、角屋、菊水、紀の昭、壽、三…

参考記事

津島(料理屋跡)大正末から一大歓楽街に発展

今回は、津島(愛知県津島市)の町並みを散歩します。
津島は、江戸時代から「芸どころ津島」と評判だった花街で、昭和初期、津島町には池須を中心として24軒の芸妓置屋がありました。*1
当時、池須には蓮田と呼ばれる沼地がありましたが、都市計画において、埋め立てが必要との機運が高まり、大正8年に埋め立てが着手されました。埋め立て後、この地に、市場・カフエ・食堂・芸妓置屋・映画館などが次々に建設され、大正末からは津島の一大歓楽街に発展し、戦後も長く繁栄を続けました。*2
現在の「天王通1」交差点にあるマンション付近には、津島映画劇場がありました。*3

旅館紀乃昭、料理持高屋があったあたり。*3*4

この付近には、旅館二葉がありました。*3*4

この道の北側には、旅館竹廻家、料理明月がありました。*3*4

また、終戦後の池須町には、カフェー(いわゆる特殊飲食店)が散在的に営業し、「新天地」と呼ばれていました。*5

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 津島

この記事を参照している用語

津島

参考文献

*1 津島市立図書: 津島 : 歴史写真集 第2輯 (園田俊介,2013) 明治・大正・昭和前期の学校写真
江戸時代から「芸どころ津島」と評判であった津島の花街。昭和初期、津島町には池須を中心とし…
*2 まちづくり津島: 海部津島郷土研究 第1号 (まちづくり津島,2016.3)
P.92-P.93 大正8年、津島町は池須蓮田の埋め立てに着手した。この内容は「尾陽新報」(大正8…
*3 公共施設地図航空: 津島市 全住宅案内地図帳1970 (公共施設地図航空,1970)
料理屋、券番事務所、旅館、の記載 P.2643 料理玉船、旅館竹廻家、料理明月、旅館二葉、旅館…
*4 津島商工会議所: 津島市商工名鑑 1963年版 (津島商工会議所,1963)
P.151 津島料理業組合(広告欄)  茨寅、魚源、魚島、太田屋、角屋、菊水、紀の昭、壽、三…
*5 愛知県警察本部: 愛知県警察史 第3巻 (愛知県警察本部,1975)
P.392 第四九表 カフェー(いわゆる特殊飲食店)の営業地帯形成状況 1.集団的に一画を形…

この記事を参照している記事

美濃太田(森山の旅館・料理屋街跡)明治時代から料亭や芸者置屋がありました

美濃太田駅から高山本線で一つ隣の駅、古井駅で下車し、北東へ500mほど行くと古い道標があります。右へ行くと、八百津、木曽路、左へ行くと飛騨高山です。

この付近(古井地区の森山)は、かつての加茂郡の中心で、群役所・警察署などの官庁があったことも関係して、明治時代から料亭や芸者置屋がありました。「大正年代森山元町ノ街並」によると、青柳橋近くに、「料理」「満寿や」の記述があります。

イサバや角周の隣には末広座があり*1、この付近が歓楽街であったことが想像できます。

「平井酒や」の近くに「置屋昭月」がありました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 美濃太田 古井

この記事を参照している用語

岐阜 美濃太田 古井

参考文献

*1 美濃加茂市: 美濃加茂市史 通史編 (美濃加茂市,1980)
P.852 太田は、中山道の宿場であった関係から、江戸時代より旅籠が約20軒を数えたというが、明治になって…

美濃(八幡屋)明治30 年代に建てられた料理旅館

大正時代に入ると、小倉公園から「うだつの 上がる町並み」に延びる御嶽新道界隈には、 多くの料亭、小料理屋が軒を並べ、大衆歌舞伎、剣劇等が上演された小倉座や 検番があり、花街が形成され、一時新富町 と呼ばれた時期もありました。*1

俵町の円通寺南には、「八幡屋」が営まれています。*2

「八幡屋」は、明治30 年代に建てられた料理旅館として朝日楼が営業していましたが、昭和8 年(1933)、八幡屋に店主が代わり、今は料亭として営まれ親しまれています。*2

南側には長い塀が続いています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 美濃

この記事を参照している用語

小倉 美濃

参考文献

花街界隈 大正時代に入ると、小倉公園は桜の名所 として県内で名が高くなり、多くの花見客 が集うように…
俵町の円通寺南には、「八幡屋」が営まれている。明治30 年代に建てられた料理旅館として朝日…

美濃(美濃町花街)新民謡が流行

今回は、美濃(岐阜県美濃市)の町並みを散歩します。
大正年代から昭和初期にかけては、美濃町花街が最も盛んな時で料亭も多く芸妓数も30余名を数えるほどでした。当時、新民謡(昔からの民謡に対し各地で新しい民謡をつくること)が流行し、美濃町も料芸組合によって、美濃町音頭と美濃町ナントショ(小唄)がつくられました。*1

芸妓置屋「文の家」があったあたり。*2

芸妓置屋「喜久乃家」があったあたり。*2

昭和5年の市街図*2 に、料理屋と思われる、「古金家」「山口家」「玉本屋」「八幡屋」の記載のある通り。「八幡屋」は、同じ屋号で営業している料亭が別の場所にあります。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 美濃

この記事を参照している用語

美濃

参考文献

*1 市原三三: ふるさと美濃市明治大正よもやま話 (市原三三,1981)
P.149-P.152 大正年代から昭和初期にかけては、美濃町花街が最も盛んだった時代で、料亭も多くあり、芸妓…
*2 東京交通社: *大日本職業別明細図.第200號.岐阜縣 (東京交通社,1927)
・芸妓置屋 文の家、芸妓置屋 喜久乃家 の記載 ・料理屋と思われる、古金家、山口家、玉本屋、八幡屋 の…

三本木(産馬通り)料亭「一心亭」跡地

三本木町(現在の十和田市)は馬産の町として知られ、に、明治17年(1884)に陸軍省軍馬育成所が設置され、馬せり(馬市)のときは、まるでお祭りのように人が集まり、周辺の旅館・商店は産馬で潤いました。馬主は、料亭に上がり込み、百円の札ビラを切るので料亭の主人は釣り銭に困るほどでした。*1
産場通りは、町の中心街で、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)がありました。*2

当時、本通り現東映付近に料亭「一心亭」がありました。*3
現在、その面影はありません。
「一心亭」は、魚屋の「一心太助」からとって「一心亭」と名付けられました。*4

「産馬通りでサンバを!」というアイディアで、毎年、「十和田サンバカーニバル」が開催されています。

産馬通りから北へ入った通りは、かつての料亭街でした。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 三本木 産馬通り

この記事を参照している用語

三本木

参考文献

*1 むつ小川原産業活性化センター: むつ小川原ガイド (むつ小川原産業活性化センター,)馬と歩む奥州路 リンク
馬市と産馬通り  馬産の町として知られていた十和田市(当時は三本木町)に、陸軍省軍馬育成所が設置さ…
*2 江渡武多朗: *十和田市流通業界今昔物語 (皆さんの新聞社,1976)附・十和田市流通業界のぞきみて歩きの記
料亭方面を探訪すると、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)があった。共…
*3 日刊東北社: 写真集「なつかしの三本木」 のしおり (日刊東北社,1977)
P.10 ◎料亭一心亭 今は裏手にあるが当時本通り現東映付近にあった一心亭。 ◎島田楼 元新地通り現西十…
*4 太素顕彰会: 十和田(旧三本木)開拓の秘話 (太素顕彰会,1986)
P.32 「一心亭」は、新潟の方の人で、舟で料理か何かの商売をしていたと言いますが、三本木に来て、その…

この記事を参照している記事

門司(三宜楼)内部は一般公開されています。

三宜楼の内部は一般公開されています。一階は、当時の資料などの展示室になっています。

2階の大広間。

女中部屋。

2階からの眺望。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 門司

この記事を参照している用語

門司

門司(三宜楼)平成26年3月改築

門司の清滝地区にある三宜楼は、この付近が花街でった頃の料亭でした。*1

五メートルほどの高い石垣の上に築かれた木造三階建ての和風建築です。*1

最近になり建物が改築され、一般公開されています。

入口付近。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 門司

この記事を参照している用語

門司

参考文献

*1 P.41-P.92 三宜楼周辺: 「門司港」発展と栄光の軌跡 (P.41-P.92 三宜楼周辺,2011)夢を追った人・街・港
P.43-P.50 1906年(明治39年)6月16日付の門司新報の紙面に「三宜楼」(さんきろう)の記事。 「門司郷…

門司(双葉券番跡)錦町公民館

今回は、門司(北九州市門司区)の町並みを散歩します。
門司区本町にある錦町公民館。

錦町公民館は、かつての双葉券番の建物でした。12

歴史を感じる玄関。

内部の様子。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 門司

この記事を参照している用語

門司

参考文献

*1 P.49 二葉券番: 「門司港」発展と栄光の軌跡 (P.49 二葉券番,2011)夢を追った人・街・港
P.48-P.49 いまの三宜楼の建物からごく近くに錦町公民館があるが、ここはかつて二葉券番があったどころだ…

井土ヶ谷(見番周辺)かつての花街の雰囲気

旧見番のある通りに、かつての花街の雰囲気を感じさせる建物が残っています。

奥行のある立派な建築です。

旧見番近くの住宅街。

貸席「ゆたか」の建物。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 井土ヶ谷

この記事を参照している用語

井土ヶ谷

参考文献

*1 南区明細地図 横浜市 1957年度版: 南区明細地図 横浜市 1957年度版 (南区明細地図 横浜市 1957年度版,1957)横浜市経済地図
P.68 貸席ゆたか、住吉寮、貸席千代乃、料亭町田家、などの記載。

井土ヶ谷(見番跡)現在は町内会館

今回は、井土ヶ谷(神奈川県横浜市南区)の町並みを散歩します。
「横浜市史稿(風俗編)」*1 によると、井土ヶ谷町には、芸妓屋組合事務所(見番)がありました。

現在は、閑静な住宅街となっている場所に、かつての見番の建物が残されています。*2

1937年建築の木造2階建て。見番の建物は、横浜市の歴史的建造物に登録されています。*2

現在は、井土ヶ谷上町第一町内会館になっています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 井土ヶ谷

この記事を参照している用語

井土ヶ谷

参考文献

*1 若柳(阿部旅館)遊廓時代の名残: 横浜市史稿 風俗編 (P.545-P546 横浜の芸妓組合事務所の所在地,1985)
芸妓屋組合事務所 所在地
*2 タウンニュース社: タウンニュース南区版 (タウンニュース社,2015/11/19)井土ヶ谷上町第一町内会館 市歴史的建造物に登録 芸妓稽古場の雰囲気残す リンク
井土ヶ谷上町第一町内会(佐々木哲夫会長)が所有する町内会館=井土ヶ谷上町35の23=がこのほど、横浜市…

蒔田(旅館「松島」)永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開

蒔田の花街の中心だった榎田町の南側(蒔田町)にある旅館「松島」。

旅館の隣には、「料理処・松風苑」が併設されています。

現在も営業中の「松島」は、永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開したものです。*1

旅館脇の庭園。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 蒔田

この記事を参照している用語

蒔田

参考文献

*1 芸妓屋組合の一覧: *横浜花街史稿 (芸妓屋組合の一覧,2013)制作のための準備資料集
蒔田 この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「…

蒔田(花街跡)戦後も営業

今回は、蒔田(まいた、神奈川県横浜市南区)の町並みを散歩します。
「横浜市史稿(風俗編)」*1 によると、蒔田の花街は、中区(昭和18年より南区)榎町二丁目にありました。この付近にあった料亭「平作」は、この地区最大の料亭で、戦後も長い間営業していました。*2*3
現在は、マンションになっています。

蒔田見番があった場所。*3

料亭「万二菊」があったあたり。*3

寿司店。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 蒔田

この記事を参照している用語

蒔田

参考文献

*1 若柳(阿部旅館)遊廓時代の名残: 横浜市史稿 風俗編 (P.545-P546 横浜の芸妓組合事務所の所在地,1985)
芸妓屋組合事務所 所在地
*2 芸妓屋組合の一覧: *横浜花街史稿 (芸妓屋組合の一覧,2013)制作のための準備資料集
蒔田 この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「…
*3 蒔田花街: *横浜花街史稿 (蒔田花街,2013)制作のための準備資料集
蒔田見番、料亭「万二菊」、料亭「平作」、料亭「光楽」、料亭「富久本」、等の記載。

神岡(森田楼別館跡)その後は迎賓館

神岡の船津町一帯は、明治から昭和にかけて、鉱山に支えられた花街として大勢の人々で賑い、料亭や遊廓などが軒を連ねていました。写真の神和荘は、元々は料亭「森田楼別館」の建物で、その後、当時の三井金属鉱業が購入し、迎賓館として使用されていました。現在は市に譲渡され、市民が習い事や宴会などを催す憩いの場所として利用されています(案内板より)。

当時の写真(案内板より)。

建物の西側の庭園。

2階部分には、庭園を望む窓。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 神岡

この記事を参照している用語

神岡

金沢(主計町料亭街)発祥は藩政末期頃

今回は、金沢(石川県金沢)の町並みを散歩します。
金沢市内には、「ひがし茶屋街」と「にし茶屋街」とともに、主計町(かずえまち)という茶屋街があって、三茶屋街と称されています。*1
現在は料理料亭街になっています。

木造三階建ての茶屋建築の町並みを特徴的です。*1

主計町の発祥は、藩政末期頃で、主計町の名は、加賀藩の重臣冨田主計の屋敷があったことに由来すると推定されています。*1

浅野川大橋から花柳の左岸に見事な建築物群としての町並みを眺めることができます。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 金沢

この記事を参照している用語

金沢

参考文献

*1 川上光彦: 地図情報 27(4) (通号 104) (地図情報センター,2008.2)金沢市ひがし茶屋街
P.16-P.18 金沢市内には、「ひがし茶屋街」と「にし茶屋街」とともに、主計町(かずえまち)という茶屋街…

福井(料亭「やま田」)落ち着いた雰囲気

浜町の花街*1※1 の東寄り。桜橋の近くに料亭の「やま田」があります。

黒板壁が続いていて、落ち着いた雰囲気です。

北側から。

玄関付近。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 福井

この記事を参照している用語

福井

参考文献

*1 順化の町の昔といま編集委員会: 順化の町の昔といま (うらがまちづくり順化地区委員会,1997)P.18-P.19
P.18-P.19 浜町 いまもつづく料亭 この地域一帯は江戸時代より浜町といわれ、足羽河畔に料亭が軒をつら…

参考記事

福井(浜町の花街)今も続く料亭街

福井の浜町の一帯は、江戸時代からこの名で呼ばれ、足羽河畔(九十九橋から桜橋にかけて)は、料亭が軒をつらねる福井一の遊興の地でした。*1

桜橋(藩政時代の桜御門を偲んで桜橋と命名。)付近の河岸は、かつて、舟あそびや芝居で大いににぎわったそうです。(案内板より)

落ち着いた雰囲気を漂わせています。

開花亭。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 福井

この記事を参照している用語

福井

参考文献

*1 順化の町の昔といま編集委員会: 順化の町の昔といま (うらがまちづくり順化地区委員会,1997)P.18-P.19
P.18-P.19 浜町 いまもつづく料亭 この地域一帯は江戸時代より浜町といわれ、足羽河畔に料亭が軒をつら…

この記事を参照している記事

井波(割烹料亭)堀道

井波の花街「堀道」(現在の表記は「堀通」)は、八日町通り(通称「瑞泉寺通り」)の参道の裏通りに位置し、おそらく観光に訪れる人々が足を踏み入れることのない場所です。*1

現在でも営業している大きな割烹。*1

「木彫りの里『井波』」らしい意匠。

坂道沿いに建っています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 井波

この記事を参照している用語

八日町通り 井波 富山

参考文献

*1 井波(現・井波町): *現代風俗2002 20世紀の遺跡 (井波(現・井波町),2002)消えゆく花街の景観、廓建築の痕跡
P.46 井波の花街「堀道」(現在の表記は「堀通」)は、ちょうど参道の裏通りに位置している。

小浜(蓬嶋楼の内部)奥の隠し部屋

建物の内部の調度品などについては、ガイドの方が詳しく説明してくれます。
天井から吊り下げられている灯りは、鹿鳴館時代のもので、金属のように重厚に見えますが、木材で何重にも漆を塗られて作られたものだそうです。

木材で精巧に作られた意匠。

2階の大広間の奥にある隠し部屋。客と芸妓(遊女)が情交するときの特別な部屋だそうです。見学コースの中では立ち入り禁止となっていて、部屋に入ることはできません。

同じく1階にある最高級の遊女が使用する部屋。こちらも立ち入り禁止です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 小浜

この記事を参照している用語

小浜 福井

小浜(蓬嶋楼)明治期の元料亭

伝統的な町並みが残る小浜西組地区において、蓬嶋楼は、明治期に建てられた料亭で、当時の面影を現在も色濃く残している建物です。*1
2015年4月から建物内部が一般公開されています。

1階から2階へ上がる階段。

階段を登ったところにある芸者さんが出迎えてくれる場所。同じ場所から窓の外へ向かって芸者さんが手招きしてお客を呼び込みました。

2階の大広間。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 小浜

この記事を参照している用語

小浜 福井

参考文献

*1 若狭おばま観光協会公式サイト 蓬嶋楼: 若狭おばま観光協会公式サイト 蓬嶋楼 (若狭おばま観光協会公式サイト 蓬嶋楼,) リンク
伝統的な町並みが残る小浜西組地区において、蓬嶋楼は、明治期に建てられた料亭で、当時の面影を現在も色…

鯖江(天狗楼)登録文化財

旭町の料亭街の一本西側の通り。登録文化財の「料亭天狗楼」の建物が建っています。

貴重な料亭建築です。

玄関に掲げられた「天狗楼」の屋号。

外観は伝統的な町家の形式です。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 鯖江

この記事を参照している用語

福井 鯖江

鯖江(花街跡)旭町

鯖江の旭町。松阜神社の西側には、花街の名残と思われる料亭が現在も営業中です(写真右奥は、料亭中松)。

料亭「富士の家」。

落ち着いた佇まいです。

夜の様子。
鯖江の花街は、平成3年(1991年)まで続きました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 鯖江

この記事を参照している用語

福井 鯖江

参考文献

*1 鯖江むかしむかし編集委員会: *鯖江むかしむかし (惜陰小学校,2002)P.196-P.205
昔の人は、お酒の席を楽しくするために、上等なお酒に料理、そして歌や踊りでお客をもてましました。

鯖江(カフェの建物)弁天遊廓内

弁天遊廓内。市橋楼があった場所の南側には、古い建物が残っています。

「当時の遊廓の町並み」*1 によると、この場所には、カフェがありました。

1971年の住宅地図*2 には、「三楽」と記されています。

2階部分。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 鯖江

この記事を参照している用語

弁天遊廓 福井 鯖江

参考文献

*1 鯖江むかしむかし編集委員会: *鯖江むかしむかし (惜陰小学校,2002)P.196-P.205
P.119 弁天橋、市橋楼、弁天座、泉屋支店、開進楼、などの記載あり。
*2 善隣出版社: 鯖江市・朝日町・今立町 (善隣出版社,1971)
P.2 鯖江市柳町2-3に、「三楽」の記載あり。

館林(肴町花街)かつて、置屋やカフェーが建ち並んでいた通り。

旧二業見番の建物が残る通りは、かつては、肴町と呼ばれ、置屋やカフェーが建ち並ぶ通りでした。

現在、花街の面影は残っていません。

清龍神社の隣には、カフェーが2軒ありました。*1

県道57号線(写真手前、左右)が建設される前は、この付近までが肴町でした。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 館林

この記事を参照している用語

館林

参考文献

*1 花街の記憶: *館林の民俗世界 (花街の記憶,2012)館林市史 特別編 第5巻
P.62 図1-5 昭和初期の肴町にあった商店 置屋、料理店、カフェ、寿司屋の記載。 P.63 …

館林(二業見番)純日本式建築

館林の見番は、明治42年、堅町(たつまち)に設置され、その後、大正7年に谷越町の青梅天神裏に新築移転。さらに、昭和13年、館林町字肴町(現在の本町二丁目)に新事務所が建設され、見番が移転しました。*1

旧二業見番事務所。

平成28年、国指定登録有形文化財に指定されました。

木造瓦葺二階建ての純日本式建築です。

【参考文献】
*1 館林市史編さん委員会:館林の民俗世界(館林市,2012)p.60-p.69

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 館林

この記事を参照している用語

館林

参考文献

*1 館林の花街と二業見番: *館林の民俗世界 (館林の花街と二業見番,2012)館林市史 特別編 第5巻
P.60 花街の様子 館林の花街の歴史をひもとくと、明治初期に邑楽織物同業組合が出来たころから、料理・…

館林(旧割烹旅館「福志満」)本町二丁目

今回は、館林(群馬県館林市)の町並みを散歩します。
館林の花街の歴史は、明治初期に邑楽織物同業組合が出来た頃、料理・旅籠屋が開店したことに始まります。その後、明治四十年代の織物市場が開設、東武鉄道の開通や上毛モスリン・日清製粉の躍進、機業界の発展が花街の興隆へとつながりました。*1

落ち着いた佇まいの旧割烹旅館「福志満」。*2

昭和7年建築。*2

木造三階建てです。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 館林

この記事を参照している用語

館林

参考文献

*1 館林の花街と二業見番: *館林の民俗世界 (館林の花街と二業見番,2012)館林市史 特別編 第5巻
P.60 花街の様子 館林の花街の歴史をひもとくと、明治初期に邑楽織物同業組合が出来たころから、料理・…
*2 花街の記憶: *館林の民俗世界 (花街の記憶,2012)館林市史 特別編 第5巻
P.62 図1-5 昭和初期の肴町にあった商店 置屋、料理店、カフェ、寿司屋の記載。 P.63 …

立町(本櫓丁)かつての料亭街

今回は、国分町(仙台市青葉区)の町並みを散歩します。
本櫓丁は、藩政時代は藩士の屋敷町。それが明治維新後に花柳界の街に変わりました。*1

今も面影は残っていますが、最盛期は昭和40年頃でした。*1

料理屋だったと思われる建物。

現在も営業する老舗料亭。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 立町

この記事を参照している用語

立町

参考文献

*1 本櫓丁: *忘れかけの街・仙台 (本櫓丁,2005)
P.36 藩政時代は、藩士の屋敷町。それば明治維新後に花柳界の街に変わった。今も面影は残るが、昭和四十…

扇田(料亭「菅岩」が寄進)新丁の稲荷神社

扇田新丁の通り沿い。

小さな、稲荷神社があります。

鳥居に、寄進者の名前が刻まれています。

「菅岩」は、かつての扇田で最も古く長い歴史を保持した料理屋です。明治44年「菅岩俱楽部」として創業。のち、昭和5年に創業20年を記念して扇田倶楽部と改称しました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 扇田

この記事を参照している用語

扇田

参考文献

*1 : *扇田酒屋物語 (菅岩(菅岩倶楽部),1986)P.17-P.18
ここで、扇田の料理屋として、かつて最も古く長い歴史を保持した菅岩(菅岩倶楽部)について触れてみたい…

安来(山常楼)国登録有形文化財

安来港は、山陰唯一の良港で、江戸時代から明治にかけて全盛を迎え、米穀の卸商、呉服商が増加しました。
安来の花街は、大正年間に関係者からの出資を募りスタートしました。当時は、皆生温泉も今のような姿ではなく、米子町にも料亭が少なく、米子周辺からのお客で持切りでした。*1

芸妓の全盛時代、検番は、安来検番、福島検番、二岡検番の三軒で、料理店の主なものは、山常、瓢家、飯島屋、森田菊助、たなべ、釜田屋、小浜、十神館、田中屋、立花屋、がありました。*2

現在の山常楼の建物は、昭和9年頃に建て替えが行われたときのもので、今なお料亭として使われ続けていることに大きな歴史的価値があります。(案内板より)

玄関付近。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 安来

この記事を参照している用語

安来 皆生温泉 米子

参考文献

*1 安来市誌: 安来市誌 (安来市誌,1970)
P.553 戦前の商業 江戸時代から明治まで安来の商人には度胸と根性と信用で豪商を営むものが多く、さらに…
*2 安来港誌: 安来港誌 (安来港誌,2009)百年前の港町安来の町誌
P.52 (安来節の)成立と芸妓と料理店 今から五十年前、天保年間に藩の頭分を本町の御用係にした。御用…

津和野(料亭「松の家」跡地)本町通り

津和野の本町通り。観光客で賑わう通りです。

旅館のよしのや。
よしのやの裏には、料亭の松の家があって芸者が沢山いました。*1

現在の合同銀行の駐車場のところに路地があって、そこから料亭松の家に入ることができました。*1

松の家へは、本町通りの反対側(東側))の万町(よろず)通りからも入れました。万町は色町でもありました。*1

【参考文献】
*1 津和野の自然と歴史を守る会:つわぶき57号(2013.3)P.10

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 津和野

この記事を参照している用語

津和野

参考文献

*1 つわぶき57号: つわぶき57号 (つわぶき57号,2013.3) リンク
P.10 松の家(水野氏の経営の料亭でよしのやの裏にあり芸者が沢山いた。現在の合銀駐車場のところに路地…