帯広(木賊原遊廓跡地)

西7条本通り北四丁目付近は、廓への通りでした。*1

紀の川楼があったあたり。*2 のちに国鉄寮となりました。*1
昭和30年頃と思われる住宅地図*3 には、「鉄輪荘」の記載があります。

日の出楼があったあたり(写真右側)。*2

新盛楼、笹島本店、いろは楼、開盛楼と並んでいた(写真左側)通り。*2

帯広 木賊原遊廓 遊廓·遊里跡
■参考文献
*1花垣有介: 月刊十勝ジャーナル 報道解説評論1973.7 (十勝ジャーナル社,1973.7)郷土史秘話(第一回)木賊原遊廓盛衰記

P.46 帯広の開拓当初は、天候にも著しい変化のある土地の労働は、開拓者にとって長続きはせず、ある意味、それら …

■参考文献
*2小野善也: 郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ (帯広市教育委員会,1978)木賊原遊廓について

P.2 木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にあった。 当時の位置関係は次のようになっていた …

■参考文献
*3松浦澤一: 帯広市大観 (帯広広告社,)

P.20 西五条に、「保健所寮」、西六条に「鉄輪荘」の記載。

帯広(駆梅院跡地)木賊原遊廓

木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にありました。*1

北3丁目線に面して東から西に大正楼、一心楼、日の出楼、と並び、その北側小路を挟んで、新盛楼、笹島本店、いろは楼、開盛楼と東から西に並んでいました。*1

西6条北3丁目の遊園地になっているところには駆梅院がありました。*1

その後帯広保健所寮になっていたが、いまはない。*1

帯広 木賊原遊廓 遊廓·遊里跡
■参考文献
*1小野善也: 郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ (帯広市教育委員会,1978)木賊原遊廓について

P.2 木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にあった。 当時の位置関係は次のようになっていた …

市川(名妓の碑)昭和60年に建立

真間川沿いにある浮嶋弁財天(市川市真間2丁目)のお堂の左脇に、「名妓の碑」が建っています。

市川の花柳界を支えてきた、今はなき名妓たちに思いを馳せ、昭和60年に建立されました。*1

碑文は、国府台女子学院院長の平田博永氏が撰し、料亭栃木屋※1 の女将で書家でもある鈴木アイ子さんが揮毫しました。*1

関係者の名が刻まれています。

市川 市川花街 花街·花街跡
■参考文献
*1西川智泰: 真間の里 (亀井院,2000)真間山周辺の文学史跡

P.83-P.84 名妓の碑 浮嶋弁財天のお堂の左脇に、かつて類を見ない珍しい碑が建っている。「名妓の碑」がそ …

■参考記事

国道14号線沿いの北側。京成電鉄市川真間駅までの間がかつての市川花柳界の料亭であったエリア場所です。 ビル街の …

市川(レトロなラブホテル)

料亭栃木家※1 の西側。ビル街の路地を入ると、隠れ家的なホテルが佇んでいます。

周囲には木々が植えられていて、温かみのある雰囲気です。

ちょうど、果樹が見頃です。

レトロなネオン看板。

ホテル 市川
■参考記事

国道14号線沿いの北側。京成電鉄市川真間駅までの間がかつての市川花柳界の料亭であったエリア場所です。 ビル街の …

市川(栃木家)かつての花柳界の料亭

国道14号線沿いの北側。京成電鉄市川真間駅までの間がかつての市川花柳界の料亭であったエリア場所です。

ビル街の中の料亭の黒壁。

料亭栃木家。現在も営業中です。

入口。

市川 市川花街 花街·花街跡
■この記事を参照している記事

真間川沿いにある浮嶋弁財天(市川市真間2丁目)のお堂の左脇に、「名妓の碑」が建っています。 市川の花柳界を支え …

■この記事を参照している記事

料亭栃木家※1 の西側。ビル街の路地を入ると、隠れ家的なホテルが佇んでいます。 周囲には木々が植えられていて、 …

市川(シャトー)駅前

今回は、市川(千葉県市川市)の町並みを散歩します。
JR市川駅北口を出て西側へ線路沿いの路地を入ったところにあるホテルシャトー。

隠れ家的で静かな雰囲気です。

線路を挟んだ南側には、高層マンション「アイ・リンクタウン」。

高層マンション「アイ・リンクタウン」のエレベータから見たシャトー。本館と別館に分かれています。

ホテル 市川
■この記事を参照している記事

市川駅前のアイ・リンクタウン展望施設は無料の展望施設です。*1 駅前からも見える※1 高層マンションの45階に …

豊川(赤線跡)円福荘

赤線だった「円福荘」跡※1 には、もう1軒、当時のものと思われる建物が残っています。

1960年の「豊川市商工名鑑」*4 では、芸妓寮や旅館になっています。売春防止法の施工により、転業になったようです。

当時の面影が残っています。

玄関は、紅色です。

円福荘 豊川 赤線·私娼跡
■参考文献
*1豊川市・豊川商工会議所: 豊川市商工名鑑 1960 (豊川市・豊川商工会議所,1960)

P.141 旅 館  梅 福    〃 旅 館  千代本    〃 P.151 芸妓寮  ゑびすや 豊川町遠通 …

■参考記事

豊川町遠通には、「円福荘」という名称のカフェー(いわゆる特殊飲食店)がありました。*1 1954年の「豊川市商 …

豊川(赤線跡)円福荘

豊川町遠通には、「円福荘」という名称のカフェー(いわゆる特殊飲食店)がありました。*1
1954年の「豊川市商工名鑑」*2 には、「特殊カフェー」の記載があって、豊川町遠通七に、20軒の屋号の記載があり、そのうちの2軒、「幸楽」「雅ノ屋」は、1978年の住宅地図*3 にも記載があります。1960年の

カフェー街だったと思われる一画は、現在は住宅街になっていますが、「幸楽」と思われる建物が残っています。

2階部分。

鮮やかな、紅色が印象的です。

円福荘 豊川 赤線·私娼跡
■参考文献
*1愛知県警察史編集委員会: 愛知県警察史 第3巻 (愛知県警察本部,1975)

P.392 第四九表 カフェー(いわゆる特殊飲食店)の営業地帯形成状況

■参考文献
*2豊川市・豊川商工会議所: 豊川市商工名鑑 1954 (豊川市・豊川商工会議所,1954)

P.119-P.120 特殊カフェー 幸 楽 豊川町遠通七 特殊カフェー 深 川   〃 特殊カフェー 雅ノ家 …

■参考文献
*3ゼンリン: 豊川市 1978 (ゼンリンの住宅地図) (ゼンリン,1978)

P.104 豊川町遠通に、「幸楽」「雅ノ屋」の記載。

■この記事を参照している記事

赤線だった「円福荘」跡※1 には、もう1軒、当時のものと思われる建物が残っています。 1960年の「豊川市商工 …

豐田(「観月境」跡地)月見町という地名にその名残

拳母(現在の豊田市のこと)には、カフェー(いわゆる特殊飲食店)が集団的に一画を形成していました*1。
特殊飲食店街は「観月境」と呼ばれ、昭和33年の赤線廃止まで続き、最盛期には、80~90人ほどの女性が働き、午前1時ころまで営業していました。現在では月見町という地名にその名残があります。*2

現在の月見町。

当時の屋号*3 を引きつぐビジネスホテル。

赤線廃止直後の1965年の住宅地図*4によると、旅館小楽があったのは、現在のビジネスホテルがある場所の1本北側の通りでした。

豊田 赤線·私娼跡
■参考文献
*1愛知県警察史編集委員会: 愛知県警察史 第3巻 (愛知県警察本部,1975)

P.392 第四九表 カフェー(いわゆる特殊飲食店)の営業地帯形成状況

■参考文献
*2名古屋郷土出版社: 写真集 豊田いまむかし     (名古屋郷土出版社,1989)

駅西を望む(昭和30年頃) 遊廓「観月境」の写真。8軒ほどの2階屋。 昭和33年の赤線廃止までこの地にあった。 …

■参考文献
*3豊田市郷土資料館: 挙母 資料集(豊田市文化財叢書) (豊田市教育委員会,1995)資料にみる明治大正昭和のあゆみ

公共建築物調書 P.120 特殊カフェ20軒の屋号の記載。 小楽、福本、寸楽、第三小楽、江戸川、遊楽、第二小楽 …

■参考文献
*4ゼンリン: *豊田市・高岡・猿投(1965年) (ゼンリン,1965)

P.28 ・月見町2丁目に、「旅館小樂」「旅館深川」「旅館寿」の記載。

豊田(喜楽亭内部)無料で見学できます。

喜楽亭※1 は、内部を見学(無料)することができます。

庭園。

1階の渡り廊下の意匠。

2階の大広間。

花街·花街跡 豊田
■参考記事

その建物が豊田産業文化センターの敷地に建っている喜楽亭。新明町にあった喜楽亭※1 が閉店後、移築されたものです …

豊田(「喜楽亭」跡)昭和57年に移築

その建物が豊田産業文化センターの敷地に建っている喜楽亭。新明町にあった喜楽亭※1 が閉店後、移築されたものです。*1

創業は明治時代。贅を凝らした料理屋の建築を間近に見ることができます。*1

2階部分。

建物の前の庭園を含め、周囲を一周できます。

花街·花街跡 豊田
■参考文献
*1新修豊田市史編さん専門委員: 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ) (豊田市,2017)

P.90 工場や商家が集まるマチでは、商談や宴会などの場が必要であり、独特の接客文化が形成された。その舞台は料 …

■参考記事

今回は、豊田(愛知県豊田市)の町並みを散歩します。 昭和40年頃の拳母(現在の豊田市街)には「喜楽亭」「魚十」 …

■この記事を参照している記事

喜楽亭※1 は、内部を見学(無料)することができます。 庭園。 1階の渡り廊下の意匠。 2階の大広間。

豊田(花街跡)神明町

今回は、豊田(愛知県豊田市)の町並みを散歩します。
昭和40年頃の拳母(現在の豊田市街)には「喜楽亭」「魚十」「澤屋」「福好」「喜多善」「大見屋」「魚兼」「住吉」「くろ猫」「清こま」などの料理屋がありました。*1
豊田市街の神明町には、小料理屋、小料理屋兼旅館が軒をつらね、格子づくりの置屋が何軒もありました。*2

喜楽亭があったあたり。*3*4

いちらく(一楽)、タクシーの黒船などがあった新明町の通り。*2*4

袋小路には、数えきれないほどの芸者置屋、稽古場があったそうです。*2

花街·花街跡 豊田
■参考文献
*1新修豊田市史編さん専門委員: 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ) (豊田市,2017)

P.90 工場や商家が集まるマチでは、商談や宴会などの場が必要であり、独特の接客文化が形成された。その舞台は料 …

■参考文献
*2野沢昌樹: 挙母下町を歩く (出逢い叢書 四) (野沢昌樹,1993)

《神明または神明町》 神明町は、挙母の脂粉・歓楽の町であった。小料理屋、小料理屋兼旅館が軒をつらね、格子づくり …

■参考文献
*3豊田市商工課: 豊田市商工名鑑 1960 (豊田市,1960)

・合資会社喜楽亭(神明町一ノ一)の記載。

■参考文献
*4ゼンリン: *豊田市・高岡・猿投(1965年) (ゼンリン,1965)

P.10 ・つばめクリーニングの南隣に「ガレージ喜楽亭」の記載。 ・拳母劇場の南側、新明町二丁目の通りに、「い …

■この記事を参照している記事

その建物が豊田産業文化センターの敷地に建っている喜楽亭。新明町にあった喜楽亭※1 が閉店後、移築されたものです …

波止浜(旅館「一茶亭」跡地)芸者さんがいた町

今回は、波止浜(はしはま、愛媛県今治市)の町並みを散歩します。
江戸時代の波止浜は、製塩の町で、同時に瀬戸内海航路の潮待ち・風待ちの港町としても発展しました。*1
小高い山の上(写真左上)には、戦前、一茶亭というわら屋根の旅館があって、町や港を見渡すことができる旅館なので、船で波止浜に来た人や芸者さんと遊んだりする人がここに泊まったそうです。*2

現在、丘の上は、駐車場になっています。

駐車場から造船所のドックのクレーンが見えます。

井戸。波止浜の町は埋め立てて造成されたたため、飲料水や生活用水を確保することは重要でした。*3

波止浜 花街·花街跡
■参考文献
*1愛媛県教育委員会: *えひめ、昭和の街かど (愛媛県教育委員会,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)

P.111 波止浜の名は、江戸時代、町場を波止町、塩田を浜と呼んだことから、合わせて波止浜と呼ぶようになったと …

■参考文献
*2愛媛県教育委員会: *えひめ、昭和の街かど (愛媛県教育委員会,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)

P.112 仲之町 来島会館は、小高い山の上にありました。ここに戦前は一茶亭というわら屋根の旅館がありました。 …

■参考文献
*3愛媛県教育委員会: *えひめ、昭和の街かど (愛媛県教育委員会,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)

P.117 昭和30年代の終わりころには、波止浜の町の中心は本町通りでしたが、その後塩田跡が埋め立てられ、龍神 …

今治(明星観光)キャバレー跡。

栄町の歓楽街の隣の通り(今治市室屋町2丁目)。ここにかつてのキャバレーの建物が残っています。

「明星観光」と大きな文字で書かれた商業ビル。黒とオレンジのコントラストが強烈です。

現在は、「カラオケランド明星」が営業中です。

入口には、キャバレーの看板。かつての栄華が偲ばれます。

今治(駅前の青線跡)水着の女性

今治駅前の青線跡の建物。※1 木造二階建てです。

18歳未満お断りのプレート。

年季の入ったスタンドの入口。

窓が壊れた廃屋は、内部が露出している状態です。水着の女性のポスターが貼られています。

今治 今治特飲街 赤線·私娼跡
■参考記事

今回は、今治(愛媛県今治市)の町並みを散歩します。 今治駅前に残る長屋建物。地元の方の話によると、かつては数軒 …

今治(駅前の青線跡)

今回は、今治(愛媛県今治市)の町並みを散歩します。
今治駅前に残る長屋建物。地元の方の話によると、かつては数軒の旅館があって、非公認の女性街だったそうです。

南側から。

営業中のスナックもあります。

北側にももう一軒あります。

今治 今治特飲街 赤線·私娼跡
■この記事を参照している記事

今治駅前の青線跡の建物。※1 木造二階建てです。 18歳未満お断りのプレート。 年季の入ったスタンドの入口。 …

松山(キャバレー)赤と緑のネオン看板

三番町二丁目の「キャバレームーン」のある通り※1 の北側の通り。

キャバレー三昧。

夜になると開店します。

赤と緑のネオン看板。

松山 社交場
■参考記事

今回は、松山(愛媛県松山市)の町並みを散歩します。 三番町二丁目の南側の歓楽街。飲食店が立ち並びます。 キャバ …