多度津(遊廓跡)西浜

明治三十七、八年頃の内湛浦と附近の略図*1 には、稲荷神社下の通り※1 から西浜の港に面した通りに「廓街」の記載があり、「廓街」はL字型に伸びていたと思われます。
西浜の遊廓街の入り口のあたりには、大島楼、岡本楼、朝日楼がありました。※2

旧開化楼と思われる建物。※2

すぐ後ろには、崖が迫っています。

当時の風格を残しています。

多度津(多度津町住宅明細地図)多度津町立資料館

多度津町立資料館に昭和年発行の「多度津町住宅明細地図」が展示されています。

当時の市街の様子の詳細をうかがい知ることができる貴重な資料です。

花街があったあたり。
稲荷神社(辨天社)の坂を下ったあたりに、芝居小屋の「辨天座(旧翁座)」銭湯の柳湯の名が見えます。同じ通り沿いに、小松楼、カフェミステなどの屋号があり、この付近が歓楽街であったことがわかります。

西浜の海岸沿い。海岸沿いの通りに、大島楼、岡本楼、朝日楼、開化楼、久永楼、石川楼などの屋号が確認できます。

坂出(巨大ラブホテル)西大浜北

坂出港の南側(坂出市西大浜北)はビジネスホテルとラブテホル混在して立地するエリアです。
築地橋南交差点近くにある巨大ラブホテル。

長大な入口のゲート。

坂出プラザホテル近くにある巨大ラブホテル。

坂出プラザホテルの大きさに負けていません。

坂出(遊廓跡地)沖湛甫南岸

坂出には、売春防止法が施工される昭和33年(1958)まで沖湛甫に遊廓がありました。日の出・奴・新栄などの店があり、外国の船員さんも来ていました。*1

遊廓は、沖湛甫の南岸に建ち並んでいました。

奥行のある古い建物。

旅館「潮風」。

《参考文献》
*1 中山博道:*坂出港の「みなと文化」(みなと総合研究財団,) ···外部リンク···

P.92-16
昭和27年(1952)発行の坂出市史によると、商業の業種別数で料理16、旅館26 とある。 …read more

*高松(ポルノショップ)熊ん子

百閒町の華下天満宮の小路「古天神味の店」※1 に残る大人のオモチャ屋さん。

大人のオモチャ「ポルノショップ」百閒町店。

現在は、閉店しているようです。

張形(はりかた、おとなのオモチャ)は、さかのぼれば古代ギリシアでも象牙、革製のものが使われていて、日本でもリップスティック状のものはありましたが、電動バイブのようなものとしては、「熊ん子」が元祖で、大阪万博の頃に登場しました*1。
クリバイブから伸びる舌のような突起が、熊の口のデザインになっています。本体うねりの部分には顔が刻まれ、「民芸品」の「電動こけし」として、昔は、温泉街の路地裏のお店などで販売されていました。*2

《参考文献》
*1 松沢呉一:エロ街道をゆく : 横丁の性科学(同文書院,1994) *2 ウィッス:初心者のためのアダルトグッズ講座(ウィッス,) ···外部リンク···

国産第一号の電動こけしは全体をゴムで覆いサオが左右に回転する機能を搭載した画期的な物で当時アダルトグッズ業界に旋風を巻き起こした。その記念する初号機が「熊ん子」なのである。 …read more

《参考記事》

高知(鏡川河畔のラブホ街)美しい夜景

潮江橋から見る鏡川河畔(高知市天神町)は、観光ホテルとラブホテルとが混在し、奇妙な風景をつくりだしてています。*1

派手な色のラブホテルの建物。

古城を模した建物もあります。

夜になると、鏡川におちるネオンの影が美しい夜景を演出します。

《参考文献》
*1 高知遺産プロジェクト:*高知遺産(グラフィティ,2005)

p.95
天神町
観光ホテルとラブホテルとが混在する奇妙な風景。 …read more

高知(料亭「得月楼」)陽暉楼

高知市南はりまや町にある料亭「得月楼」は、宮尾登美子著の「陽暉楼」の舞台なった料亭です。*1

創業者の松岡寅八は、幼年時代から商売を仕込まれ、明治5年に独力で陽暉楼をはじめ、更に得月楼を創業(明治11年・1878・谷干城命名)。後に本店を稲荷町に移し、中店を浦戸に置いて、数カ所に出店して発展させました。現在の得月は中店です。*2*3

見事な庭園。

昼のランチはリーズナブルな価格で、個室でゆっくりできます。

《参考文献》
*1 得月楼:ご案内(得月楼,) ···外部リンク···

得月楼は自由民権運動発祥の地として知らせる 高知の中心部、はりまや橋のたもとにあります。 …read more

*2 山本泰三:土佐の墓 その2(土佐史談会,1987) *3 公文豪:*土佐の自由民権 : 史跡ガイド(高知新聞社,2013)

P.19
明治2(1869年)、新地が新設されてから料亭が立ち並び、「上の新地」「玉水新地」と呼ばれるようになった。 …read more

高知(掛川町)青線があった地域

今回は、高知(高知県高知市)の町並みを散歩します。
高知市の掛川町は、かつて青線(非公認の特飲街)があった場所です。*1
現在はソープランドなどが建ち並ぶ風俗街になっています。

旧町名の掛川町の案内板。案内板によると、「掛川町」は、関ヶ原の合戦後、山之一豊が掛川(現在の静岡県掛川)から入国のとき、職人を移住させたことに由来する地名です。
青線があった時代は、玉水町の赤線※1※2※3と並んで、掛川町の青線と呼ばれていたようです。売春防止法施行により、赤線と青線は解散しましが、掛川町の青線については、半年後街娼がみうけられるようになり、転業した旅館のほとんどが連れ込み宿でした。*1※4

現在の町名は、堺町です。

「掛川」の電柱番号札。

《参考文献》
*1 高知市史編さん委員会民俗部会:*地方都市の暮らしとしあわせ(高知市,2014)高知市史 民俗編

婦人相談所の開設
P.264-P.265
1958年3月3日、市内の赤線(玉水町)と青線(掛川町)の両地区で、集団転業の式典が催された。婦人相談所の調査によれば、当時、玉水町には51人の業者と125人の従業婦、掛川町には31人の業者と105人の従業婦がいた。 …read more

《参考記事》 《関連記事》

鳴門(林崎遊廓跡地)近世から続いた遊廓

林崎遊廓の起源は、近世末の商人船の多く出入る湊が賑わっていた頃にさかのぼります。松富楼、玉川楼、改進楼、菊水楼、村上楼、金時楼、喜楽楼、丸山楼、衆景楼、がありました。*1

現在、遊廓地の面影はありませんが、所々に大型の民家が残っています。

「一心」という屋号だった建物。*2

昭和4年の市街図*3によると、遊廓地は、道路を超えた東側にも広がっていたようです。(写真奥は撫養城)

鳴門(林崎花街跡)撫養町

今回は、鳴門(徳島県鳴門市)の町並みを散歩します。
鳴門の撫養(むや)川岸の林崎花街※1 は、芝居小屋の清光座(戦後は映画演劇専門館)を中心にして、料亭、旅館、が建ち並んでいました。*1
高松家(高松席、のちの高松旅館)、みよし野(みよし亭)があったあたり。道を挟んだ反対側(写真左側)に「陣幕支店」「清光座」「八木亭」がありました。*1*2*3

古い建物も残っています。

旅館だったと思われる建物。*2。

元置屋の「陣幕」*1 と思われる「旅館陣幕」があったあたり*2

小作(無料案内所)飲み屋ビルの1階

小作駅前の飲食店ビル。このビルの1階に無料案内所が入っています。
かつての小作は、奥多摩方面では、数少ない風俗店のある町でした。*1

ビルには空き店舗もあるようです。

無料案内所。

派手な看板が乱立しています。

福生(ホテル徳川跡)近代的なホテルに生まれ変わっています。

福生のスナック街の東側。古いホテルが建っています。神社が隣にある不思議な空間です。

「ホテル徳川入口」の看板。

神社から逆方向を見たところ。ホテルの裏側は段丘になっていて、建物は連続しています。

丘の上のホテルは、近代的なホテルに生まれ変わっています。

武蔵小金井(名画座跡地)1970年代はポルノ映画を上映

今回は、武蔵小金井(東京都小金井市)の町並みを散歩します。
JR中央線武蔵小金井駅北口を出て約300m。けいやき通りに映画館の名画座がありました。*1

名画座は、ふとん店の東隣の敷地にありました。

1970年代は、主にポルノ映画が上映されていました。
1977年の雑誌「ぴあ」を見ると《田中絹代さんを偲んで》と題し「サンダカン八番娼館・望郷」が上映されている他、《日活ロマンポルノ決定版》では、宮下順子さんや谷ナオミさんの作品が上映されています。*2

現在は、駐車場になっています。

立川(米軍用キャバレー跡地)黒人専用

戦後の進駐軍の性処理問題へ対応は、米軍の人種差別のため、白人兵士用の羽衣町特飲街と、富士見町(西立川駅前)の黒人兵士専用のバーに2分されていました。*1
白人用の特飲街と黒人用特飲街が2分されるのは、かつての沖縄でも同様の状況が見られました。※1
立川の場合は、東の方は白人が、西立川寄りは黒人街にと変わりました。そして黒人専用のバーとして西立川駅の入口に「玉川」が誕生しました。*1

1970年の住宅地図*2 を見ると、駅近くに同じ屋号の「ホテル玉川」の記載があります。

「ホテル玉川」があった場所は、現在は、食品スーパーの建物が建っています。

屋上からの遠望。
昭和記念公園(戦後米軍が旧立川飛行場を接収した立川基地跡地)の緑が見えます。

立川(羽衣特飲食街跡)

今回は、立川(東京都立川市)の町並みを散歩します。
立川の赤線は、錦町※1 と羽衣町の2ヶ所にありました。*1*2
戦後は、旧日本陸軍の将校宿舎に立川パラダイスが作られましたが、やがて閉鎖されると、兵隊達は羽衣町の特飲街へと流れ、戦前からの飲食店街までバーへと一変しました。*3
現在も格子状の道路の形状が残っています。

1970年の住宅地図*4 見ると、この付近には、荻原荘、稲生荘、千秋荘などの屋号の記載があります。転業アパートと思われる屋号の記載があります。

錦町はいわゆるカフェー調、羽衣町は平屋一戸建てが並ぶ都営住宅のような景観でした。*5*6
写真は、旧特飲街の東端。

旧特飲街の南端は、商店街と接しています。

《参考文献》
*1 渡辺寛:*全国女性街・ガイド(季節風書店,1955)

P.66
中央線立川駅を降りると、黄色を尻目に米パンがバイキンのように泳いでいる。 …read more

*2 上村敏彦:*花街・色街・艶な街 色街編(街と暮らし社,2008)

P.123
昭和23年当時の立川市の地図(観光の日本社発行)。2ヶ所の指定地がわかる。

*3 三田鶴吉:立川飛行場物語(,1987) *4 公共施設地図航空:立川市 1970年度版 (全国統一地形図式航空地図全住宅案内地図帳)(公共施設地図航空,1970) *5 木村聡:*赤線跡を歩く(自由国民社,1998)消えゆく夢の街を訪ねて

記録映画「赤線」を見ると、錦町はいわゆるカフェー調、羽衣町は平屋一戸建てが並ぶ都営住宅のような景観だったようだ。

*6 睦書房:*人情講談 昭和27年9月号(睦書房,1952)

P.162
羽衣町から、国電立川駅へ行く途中の錦町。羽衣町はうっかりすると住宅街と間違える。 …read more

《参考記事》

東伏見(伏見ホテル)広大な庭園

東伏見4丁目交差点の看板※1 に導かれて、青梅街道を西へ進み、東伏見稲荷神社近くが、ホテルへの入口です。

広大な庭園を持つホテル。
かつては、モーテルだったようです。*1

レトロな電飾看板。

「旅荘」と書かれています。

三鷹(料亭らしき建物)八丁通り

八丁特飲街※1 があった飲み屋街の東側の交差点。交差点の角に、古い和風の建物が建っています。

八丁通り沿いにあります。

1972年の住宅地図*1 には、屋号と思われる「与名本」の記載があります。

2階部分。料亭らしき佇まいです。