三鷹(料亭らしき建物)八丁通り

八丁特飲街※1 があった飲み屋街の東側の交差点。交差点の角に、古い和風の建物が建っています。

八丁通り沿いにあります。

1972年の住宅地図*1 には、屋号と思われる「与名本」の記載があります。

2階部分。料亭らしき佇まいです。

《参考記事》

津島(御料理「太田屋」跡)紅色

まのや旅館の前の道を南下すると、料理屋の建物に行き当たります。

御料理「太田屋」跡。*1*2

紅色の壁が際立っています。

「料理店」のプレート

津島(料亭跡)電柱に屋号

津島の天王川公園の近く、秋葉神社の裏側に料亭松葉の建物が残っています。*1*2

「松葉引込」と書かれた電柱番号札。

1本北側の通り。居酒屋があります。

反対側から見たところ、

津島(料理玉船)かつての料理屋街の名残

津島映画劇場があった一画※1 の北側の一画。

この通りの南側に料理「玉船」の建物が残っています。*1*2

玄関。

当時の電話番号。津島料理業組合の名簿*2 に記載の電話番号に一致しています。

《参考記事》

津島(料理屋跡)大正末から一大歓楽街に発展

今回は、津島(愛知県津島市)の町並みを散歩します。
津島は、江戸時代から「芸どころ津島」と評判だった花街で、昭和初期、津島町には池須を中心として24軒の芸妓置屋がありました。*1
当時、池須には蓮田と呼ばれる沼地がありましたが、都市計画において、埋め立てが必要との機運が高まり、大正8年に埋め立てが着手されました。埋め立て後、この地に、市場・カフエ・食堂・芸妓置屋・映画館などが次々に建設され、大正末からは津島の一大歓楽街に発展し、戦後も長く繁栄を続けました。*2
現在の「天王通1」交差点にあるマンション付近には、津島映画劇場がありました。*3

旅館紀乃昭、料理持高屋があったあたり。*3*4

この付近には、旅館二葉がありました。*3*4

この道の北側には、旅館竹廻家、料理明月がありました。*3*4

また、終戦後の池須町には、カフェー(いわゆる特殊飲食店)が散在的に営業し、「新天地」と呼ばれていました。*5

《関連記事》

美濃太田(森山の旅館・料理屋街跡)明治時代から料亭や芸者置屋がありました

美濃太田駅から高山本線で一つ隣の駅、古井駅で下車し、北東へ500mほど行くと古い道標があります。右へ行くと、八百津、木曽路、左へ行くと飛騨高山です。

この付近(古井地区の森山)は、かつての加茂郡の中心で、群役所・警察署などの官庁があったことも関係して、明治時代から料亭や芸者置屋がありました。「大正年代森山元町ノ街並」によると、青柳橋近くに、「料理」「満寿や」の記述があります。

イサバや角周の隣には末広座があり*1、この付近が歓楽街であったことが想像できます。

「平井酒や」の近くに「置屋昭月」がありました。*1

美濃(八幡屋)明治30 年代に建てられた料理旅館

大正時代に入ると、小倉公園から「うだつの 上がる町並み」に延びる御嶽新道界隈には、 多くの料亭、小料理屋が軒を並べ、大衆歌舞伎、剣劇等が上演された小倉座や 検番があり、花街が形成され、一時新富町 と呼ばれた時期もありました。1

俵町の円通寺南には、「八幡屋」が営まれています。
2

「八幡屋」は、明治30 年代に建てられた料理旅館として朝日楼が営業していましたが、昭和8 年(1933)、八幡屋に店主が代わり、今は料亭として営まれ親しまれています。*2

南側には長い塀が続いています。

《参考文献》

美濃(美濃町花街)新民謡が流行

今回は、美濃(岐阜県美濃市)の町並みを散歩します。
大正年代から昭和初期にかけては、美濃町花街が最も盛んな時で料亭も多く芸妓数も30余名を数えるほどでした。当時、新民謡(昔からの民謡に対し各地で新しい民謡をつくること)が流行し、美濃町も料芸組合によって、美濃町音頭と美濃町ナントショ(小唄)がつくられました。 *1

芸妓置屋「文の家」があったあたり。 *2

芸妓置屋「喜久乃家」があったあたり。 *2

昭和5年の市街図 *2 に、料理屋と思われる、「古金家」「山口家」「玉本屋」「八幡屋」の記載のある通り。「八幡屋」は、同じ屋号で営業している料亭が別の場所にあります。

三本木(馬産通り)料亭「一心亭」跡地

三本木町(現在の十和田市)は馬産の町として知られ、に、明治17年(1884)に陸軍省軍馬育成所が設置され、馬せり(馬市)のときは、まるでお祭りのように人が集まり、周辺の旅館・商店は産馬で潤いました。馬主は、料亭に上がり込み、百円の札ビラを切るので料亭の主人は釣り銭に困るほどでした。1
産場通りは、町の中心街で、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)がありました。
2

料亭「一心亭」は、当時本通り現東映付近にありました。*3
現在、その面影はありません。

「産馬通りでサンバを!」というアイディアで、毎年、「十和田サンバカーニバル」が開催されています。

産馬通りから北へ入った通りは、かつての料亭街でした。

《参考文献》
*1 むつ小川原産業活性化センター:むつ小川原ガイド(むつ小川原産業活性化センター,)馬と歩む奥州路 ···外部リンク···

馬市と産馬通り
 馬産の町として知られていた十和田市(当時は三本木町)に、陸軍省軍馬育成所が設置されたのは明治17年(1884)。その後、軍馬補充部三本木支部と改称され、数万頭の軍馬を育成する全国一の規模を誇った。 …read more

*2 江渡武多朗:*十和田市流通業界今昔物語(皆さんの新聞社,1976)附・十和田市流通業界のぞきみて歩きの記

料亭方面を探訪すると、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)があった。 …read more

*3 日刊東北社:写真集「なつかしの三本木」 のしおり(日刊東北社,1977)

P.10
◎料亭一心亭 今は裏手にあるが当時本通り現東映付近にあった一心亭。
◎島田楼 元新地通り現西十一番町にあった。

《関連記事》

門司(三宜楼)平成26年3月改築

門司の清滝地区にある三宜楼は、この付近が花街でった頃の料亭でした。1

五メートルほどの高い石垣の上に築かれた木造三階建ての和風建築です。
1

最近になり建物が改築され、一般公開されています。

入口付近。

《参考文献》
*1 羽原清雅:「門司港」発展と栄光の軌跡(書肆侃侃房,2011)夢を追った人・街・港

P.43-P.50
1906年(明治39年)6月16日付の門司新報の紙面に「三宜楼」(さんきろう)。 の記事。
「門司郷土叢書 楠村志」(第109巻)を見ると、「門司最初の料亭」としてあげられているのは、清滝の海に面した「速門楼」と山に向かう「不老園」である。1893年(明治26)10月17日の開店、とある。門司は繁盛しはじめており、十か月後には、日清戦争が始まるころだった。
明治39年ごろには、三宜楼は、5年ほどで手狭なために同じ清滝に新築・移転した。

P.51-P.53
昭和初期、門司の花柳界は、純日本式料亭で百人、二百人を収容できる三階建ての豪華な高楼が概ね次の通りであった。
 対潮楼(広石電停上の中腹)
 速門楼(清滝区役所裏 門司倶楽部途中)
 三笠(清滝で後の料亭「松尾」)
 三宜楼(清滝で建物現存)
 菊の家(錦町 ダイヤモンドホテルの位置)
 金龍亭(港町の現料亭「にしき」所在地)
 群芳閣(ぐんぽうかく)(桟橋通り、建物は戦災後、縮小再建したもの)<注:2016年売却され、オフィスビルに>
 萬檣楼(ばんしょうろう)(国道トンネル右上 現隆文堂所在地)
 芳翠園(現山田氏邸)
この外に、公認の馬場遊廓に娼妓の外、芸妓十数名がいた。さらに、非公認の私娼は、恵比寿町、川端町、大阪町などに多数存在して船員や労働者を相手にしていた。

P.70-P.73
三宜楼は、五メートルほどの高い石垣の上に築かれた木造三階建ての和風建築である。港に近く、かつては門司港を眼下に見下ろす眺望が売り物でもあった。「門司港地区の歴史的木造建造物に関する実態調査報告書(2005年3月)」によると、建物の外観の特徴は寺院や城郭などに見られる入母屋の屋根と外壁の堅板張りにある。瓦葺きの屋根は、二階の大広間の大屋根と、縁部分の一段下がった屋根の二重構造で、これが重厚さを醸し出している。

門司(双葉券番跡)錦町公民館

今回は、門司(北九州市門司区)の町並みを散歩します。
門司区本町にある錦町公民館。

錦町公民館は、かつての双葉券番の建物でした。12

歴史を感じる玄関。

内部の様子。

【参考文献】
*1 錦町校区自治連合会:錦町校区のあゆみ-錦町校区自治連合会55周年・錦町公民館50周年(錦町校区自治連合会,2001)

《参考文献》
*1 錦町校区自治連合会:錦町校区のあゆみ(錦町校区自治連合会,2001)錦町校区自治連合会55周年・錦町公民館50周年

*2 羽原清雅:「門司港」発展と栄光の軌跡(書肆侃侃房,2011)夢を追った人・街・港

P.48-P.49
いまの三宜楼の建物からごく近くに錦町公民館があるが、ここはかつて二葉券番があったどころだ。この二葉券番は、1937(昭和12)年に、錦町、仲町、馬場などの券番が合併して開設されたという(角川日本地名大辞典・福岡県編)。ただ、90歳を超えるまで、門司芸者のナンバーワンだった西村二三子(芸妓名 小玉)の書き残したものには、「明治時代に町券番と門司券番があり、大正三年になり両券番が合併して双葉(二葉)券番となった」とある。角川本のいう「昭和12年」は、芸者たちの長屋があったところに、新しく券番の建物を立ち上げた年であり、合併はそれ以前だったことの方が正しい。西村によると、この券番に所属していた芸妓は、「大正時代に約100名、昭和時代の最盛期には200名以上おりました。」という賑わいだった。

井土ヶ谷(見番跡)現在は町内会館

今回は、井土ヶ谷(神奈川県横浜市南区)の町並みを散歩します。
「横浜市史稿(風俗編)」1 によると、井土ヶ谷町には、芸妓屋組合事務所(見番)がありました。

現在は、閑静な住宅街となっている場所に、かつての見番の建物が残されています。
2

1937年建築の木造2階建て。見番の建物は、横浜市の歴史的建造物に登録されています。*2

現在は、井土ヶ谷上町第一町内会館になっています。

【参考文献】
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)P.545-P.545
*2 株式会社タウンニュース社:タウンニュース南区版(2015年11月19日号

《参考文献》

蒔田(旅館「松島」)永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開

蒔田の花街の中心だった榎田町の南側(蒔田町)にある旅館「松島」。

旅館の隣には、「料理処・松風苑」が併設されています。

現在も営業中の「松島」は、永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開したものです。*1

旅館脇の庭園。

【参考文献】
*1 葛城峻:横浜花街史稿

《参考文献》
*1 葛城峻:横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。

蒔田(花街跡)戦後も営業

今回は、蒔田(まいた、神奈川県横浜市南区)の町並みを散歩します。
「横浜市史稿(風俗編)」1 によると、蒔田の花街は、中区(昭和18年より南区)榎町二丁目にありました。この付近にあった料亭「平作」は、この地区最大の料亭で、戦後も長い間営業していました。2
現在は、マンションになっています。

蒔田見番があった場所。2

料亭「万二菊」があったあたり。
2

寿司店。

【参考文献】
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)P.545
*2 葛城峻:横浜花街史稿

《参考文献》
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)

芸妓屋組合事務所 所在地

*2 葛城峻:横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。

神岡(迎賓館内部)旧森田楼

迎賓館として使用された旧森田楼。偶然、所有者の方がいらっしゃたので、内部を見せて頂けることになりました。

2階へ続く階段。

2階の大広間。

階段付近の窓。

神岡(森田楼別館跡)その後は迎賓館

神岡の船津町一帯は、明治から昭和にかけて、鉱山に支えられた花街として大勢の人々で賑い、料亭や遊廓などが軒を連ねていました。写真の神和荘は、元々は料亭「森田楼別館」の建物で、その後、当時の三井金属鉱業が購入し、迎賓館として使用されていました。現在は市に譲渡され、市民が習い事や宴会などを催す憩いの場所として利用されています(案内板より)。

当時の写真(案内板より)。

建物の西側の庭園。

2階部分には、庭園を望む窓。

金沢(主計町料亭街)発祥は藩政末期頃

今回は、金沢(石川県金沢)の町並みを散歩します。
金沢市内には、「ひがし茶屋街」と「にし茶屋街」とともに、主計町(かずえまち)という茶屋街があって、三茶屋街と称されています。1
現在は料理料亭街になっています。

木造三階建ての茶屋建築の町並みを特徴的です。
1

主計町の発祥は、藩政末期頃で、主計町の名は、加賀藩の重臣冨田主計の屋敷があったことに由来すると推定されています。1

浅野川大橋から花柳の左岸に見事な建築物群としての町並みを眺めることができます。
1

【参考文献】
*1 川上光彦:金沢市ひがし茶屋街(地図情報 通号 104,2008.2)P.16-P.18