金沢(ブロンズ裸像)専門店前

金沢市尾張町の記念品と工芸品の専門店。駐車場のスペースに、ジーパン姿のブロンズ裸像が2体。

公園などのブロンズ像とは異なり、銅像などを商品として制作している専門店のようです。

奥の方の裸像。

後ろ姿。

■カテゴリ 美術 金沢

黒部(ブロンズ像)駅前

今回は、黒部(富山県黒部市)の町並みと風俗を散歩します。
あいの風とやま鉄道線(旧JR北陸本線の一部)黒部駅前。

駅前の女性のブロンズ像が立っています。

黒部出身の彫刻家の浦山一雄さんの作品です。

側面から。

■カテゴリ 美術 黒部

栄(栄交差点小便小僧像)ベルギー政府から寄贈

2014年9月25日、栄町商店街は、ベルギーの首都ブリュッセルの有名繁華街ルイーズ通りと姉妹提携を結びました(案内看板より)。

姉妹提携を記念して、2015年8月22日、ベルギー政府から栄町商店街に小便小僧像が寄贈され、栄交差点に設置されました。*1
小便小僧の起源とされているのは、ブリュッセルに設置されているフラマン人彫刻家ジェローム・デュケノワ(Jérôme Duquesnoy)により1619年に製作された像ですが、寄贈された小便小僧はそのレプリカと思われます。

この日は、小便は出ていませんでした。

小便小僧とベルギー国旗がデザインされたワインも展示されています。

【参考URL】
*1 産経新聞:産経フォト(2015.8.22)<ahref=”http: www.sankei.com=”” photo=”” daily=”” news=”” 150822=”” dly1508220034-n1.html”=”” target=”_blank”>名古屋・栄に「小便小僧」ベルギー政府から寄贈

■カテゴリ 美術

梁川(広瀬橋近くの裸像)地元彫刻家の作品

広瀬橋周辺には、多くの裸像が設置されています。裸像はすべて梁川出身の彫刻家の太田良平さんの作品です。

広瀬橋の中央に設置されている両手を上げた女性像。

広瀬橋近くの福祉会館前の女性像。洋服を着ています。

伊達市役所梁川庁舎前の女性3人の像。裸像の胸は、勢いよく天を向いています。

■カテゴリ 梁川 美術

阿波池田(小便小僧)祖谷温泉

阿波池田駅から四国交通バスに乗って約1時間。「風呂の谷」バス停で下車します。バスは1日に3便しかありません。ここから祖谷温泉へ歩いてすぐです。
道がカーブしているこの場所に、小便小僧が立っています。

深く切り込んだV字谷に小便小僧は立っています。

造りはかなりリアルです。

なぜかお賽銭が・・・。どのような願いがかなうのでしょうか。

川口(子供像)川口西公園。

川口西公園は、川口駅西口前にある大規模公園です。
ここには、銅像が多数設置されています。

公園の北側に設置されている「家族」というタイトルの作品。中央に子供像、後方に両親の像。股間の形状の違いから、右側が母親の像であることが解ります。

後ろ側から。

子供像。

■カテゴリ 川口 美術

浜松町(小便小僧)浜松町駅

今回は、浜松町(東京都港区)の町並みと風俗を散歩します。
浜松町駅の山手線外回り・京浜東北線南行ホーム(3・4番線ホーム)の田町寄りに小便小僧があります。

小便小僧に着せられている衣装は毎月着せかえられます。5月は鯉のぼりと金太郎の衣装です。

小便小僧の由来は、こちらの石碑の通りです。

発車(発射)オーライ。

■カテゴリ 浜松町 美術

旭川(平和通買物公園のブロンズ像)若い女

旭川は「彫刻のまち」として知られており、買物公園や橋をはじめとして市内の各所で彫刻作品を見ることができます。*1

買物公園の5条通りに設置されているミニスカートの女性像。*2

作品名は「若い女・夏」。

胸がはだけていて、ちょっとエロチックな作品です。

【参考URL】
*1 旭川市彫刻美術館:公式ホームページ「旭川市内の野外彫刻
*2 NHK旭川放送局:公式ホームページ「旭川野外彫刻探訪

■カテゴリ 旭川 美術

皆生温泉(トライアスロン像)発祥の地

今回は、皆生温泉(鳥取県米子市)の町並みと風俗を散歩します。
皆生温泉は、1890年(明治23年)に地元の漁師が海中に温泉が湧いているのを発見したのを機に、温泉地としての開発が進められ、戦後には、団体客が多く訪れるようになり、今日に見られるような温泉街に発達しました。

1981年(昭和56年)には日本で最初のトライアスロン競技が開催され、その発祥の地として毎年大会を開催しています。

その発祥の地を記念してブロンズ像が建てられています。

健康的な女性の肉体美です。

境港(水木しげるロード)妖怪のブロンズ像

境港は、漫画家・水木しげるさんのふるさとです。「水木しげるロード」には、水木しげるさんの漫画に登場する妖怪たちのブロンズ像が設置されています。
泥田坊(どろたぼう)は、放蕩息子のおかげで田んぼを失った農民が妖怪化したもので、「田を返せ~」と叫びます。妖怪研究家の多田克彦さんの別説によれば、泥田坊の話は、江戸の遊廓・新吉原が舞台で、「田を返せ」というのは、田を戻せという意味ではなく、「田を耕せ」つまり男女の性交を意味していて、「田を返せ」という泥田坊の声は、客引きの言葉と解釈されるそうです。*1

妖怪には女の妖怪もいます。
高女(たかおんな)は、女郎屋の二階に現れて、人を驚かす妖怪です。*1

轆轤首(ろくろくび)は、遊女、女房、娘などと女性である場合が多く、体から首が完全に分離して活動するものと、細い紐のような首でつながっているものの二形態があります。*1

口裂け女(くちさけおんな)は、昭和50年代に全国の小学生たちの間で噂された怪女で、寂しい公園や薄暗いところに大きなマスクをした女が立っており、通りかかった者に「私きれい?」と尋ねます。返事をすると、「これでも?」といってマスクを外し、耳まで裂けた口を見せて、持っていた鎌や包丁で同じように裂いてしまいます。*1

【参考文献】
*1 村上 健司:妖怪事典(毎日新聞社,2000)P.144,P.208,P.243-P.244,P.365-P.366

■カテゴリ 境港 美術

福原(ソープランドのオブジェ)マーライオン

ソープランドの建物につきものなのが、ユニークなオブジェです。
こちらの像はかなり大型です。

マーライオン(頭部がライオンで下半身が魚)は、シンガポールを代表する観光のシンボルです。

小型ですが、美しいオブジェです。

こちらは銀色で、セクシー度抜群です。

■カテゴリ 福原 美術

隅田~吉原(あこがれ像)台東区は健康宣言都市です。

山谷堀公園の中程の吉野橋近くに女性の像があります。像の名前は「あこがれ像」と言います。

なぜ、「あこがれ像」と言うのかはよくわかりません。この女性の表情がすばらしく、気に入ってしまいました。

下半身。

像の隣に、台東区健康都市宣言があります。「台東区は、すべての区民が健康で文化的な生涯を送ることができるよう、区民と区が一体となって健康施策を積極的に推進することを誓い、ここに健康都市とすることを宣言する。」と書かれています。

■カテゴリ 吉原 美術