第2回 WordPressの仕組み

WordPressの仕組みは
(1)管理画面(ダッシュボード)からデータと登録し、
(2)テンプレート(PHPで書かれたプログラム)がデータを読み込んで、HTMLに変換して画面に表示する。
というのが、基本の流れです。

管理画面(ダッシュボード)、次のような画面です。

虫ピンのマークのついた「投稿」...などと表示されているのが、データの名前です。
次にテンプレートファイルですが、
これは、コンピュータのプログラムに相当するもので、Single.php sidebar.php searchform.phpなどの名前が付けられています。

それでは、実際のWordPressのサイトで、データとテンプレートファイルが関連づけられている様子を見てみることにします。
事前の準備として、プラグイン「Show Current Template」をインストールして有効化します。

このプラグインは、使用しているテンプレートファイルの名称を画面の上部に表示してくれます。

もう一つの事例として「投稿」の場合、どのテンプレートが使われるかを見てみることにします。
投稿のダッシュボード画面の「表示」をクリックして画面表示させると、テンプレート名は「single.php」と表示されています。

以上を図に示すと次のような関係になります。
1番目の例のトップページは、データを表示する画面ではありませんので、関連するデータはありません。テンプレートファイルは、front-page.phpという名前のテンプレートファイルが自動的に選択されます。
2眼目の例は、「投稿(ブログ)」データを表示した場合の例ですが、このときは、single.phpが自動的に選択されます。どの場合にどのテンプレートファイルが選択されるかは、WordPressの決まりごとがあって、「テンプレート階層」で図示されていますが、これについては、次の回で改めて触れることにします。

―――おわり―――