金津園(古い旅館)ソープ街にある旅館

ソープ街の中に古い旅館があります。「想い出」という屋号の旅館です。旅館の隣(写真奥)には同じ「想い出」という屋号のソープランドがあります。

緑のタイルの装飾がある立派な建物です。こちらも同じく「想い出」という屋号です。新館と旧館という位置づけでしょうか。

旅館の入口。左側の円柱に「旅館想い出」、右側の円柱に「お気軽にどうぞお泊りください」と書かれたプレートが貼ってあります。

ソープランド「エデン」の看板が右手前に見えます。新旧店舗を対比させてみました。

金津園(緑色の建物)富士山の装飾があります。

水野町公園近く。ソープランド「AAライン」のある通り。

ソープランドの向かいに古い建物が残っています。

入口に屋号が見えますが、何と読むのかはよくわかりません。入口と窓枠に緑色の鮮やかなタイルの装飾があります。

4つある窓には、富士山の装飾が施されています。

金津園(レトロな喫茶店)円柱を持つ建物です。

ソープ街の裏手には、古い建物が残っています。

1階は喫茶店になっている建物。

全体は、ピンクのタイルで装飾されていますが、中央の庇部分は白と黒のタイルで装飾されています。喫茶店の看板は新しいです。

鳩の街などで見かけるタイルの円柱を思い出しました。

金津園(自販機コーナー)ソープ街の中にあります。

ソープ街の中に、自販機が設置された一角があります。「三楽」と書かれていて、一見、売店のようです。

正面から見ると「自動販売機コーナー」と書かれています。散歩に疲れたときに、一息つくには最適です。

自動販売機コーナーには金津図園の案内看板があります。

上記とは別の場所ですが、自販機が並んで設置されている場所がありました。

錦(公衆トイレ)鶴の透かし彫りのある狭小建築

錦三の町並みを散歩していたら、公衆トイレを見つけました。「こんな所に公衆トイレがあったのか...」と言いたくなるような場所にあります。公衆トイレとしては、かなりの狭小建築だと思います。

三角屋根の小さな建物です。

ここの通りは、ツルシゲ通りという名前がつけられているためか、トイレの入口には鶴がデザインされています。

中を覗いてみると、以外にも綺麗で、落書きは少なく、こちらの1箇所だけでした。

錦(風俗雑誌「シティヘブン」)名古屋は独自の文化圏

今回は、(愛知県名古屋市中区)の町並みと風俗を散歩します。
錦三丁目、通称・錦三(きんさん)は、名古屋市を代表する歓楽街の一つです。

「錦三」のコンビニの雑誌コーナーにうずたかく積まれた雑誌が目につきましたので、さっそく購入してみました。名古屋の風俗雑誌「シティヘブン」です。大判の時刻表以上の厚さ(約1,300頁)で重さは2.5Kgぐらいあります。片手で持つと、その重さのために手が震えてきます。

「シティヘブン」編集長の話によると、「名古屋人は保守的で警戒心が強く、ボッタクリに遭わないように風俗雑誌を見て行くので、名古屋の町は(ボッタクリのない)健全な町になった。」と名古屋には独自の文化圏が存在するそうです。*1

風俗店専用の広告掲示板。まだ出来上がったばかりと思われ広告募集中です。名古屋は広告ビジネスが成り立ちやすい土地柄なのでしょうか。

【参考文献】
*1 文野石平:現代(1997.11.27)P.86 「東西性風俗街道 名古屋編」

■カテゴリ 娯楽文化

玉川村(水郡線玉川駅)関東の駅百選に選ばれた駅

今回は、玉川村(茨城県)の町並みと風俗を散歩します。 玉川村は水戸からJR水郡線で11駅約50分のところにあります。

水郡線は単線で、車両はディーゼル車です。

駅のところどころに、このような面白い形の木が植えてあります。

駅舎は、山間にとけ込んだロッジ風の駅舎にコミュニティ施設を併設した駅です。「鉄道の日」の関連事業の関東の駅百選に選ばれています。

【参考URL】
関東の駅百選(国土交通省関東運輸局ホームページ)

入谷~吉原(観音様)関東大震災の悲劇

大正12年の関東大震災では、弁天池(花園池)に多くの人々がこの池に逃れ、490人が溺死したという悲劇が起りました。*1

弁天祠の築山に立つ大きな観音様は、溺死した人々の供養のため、大正15年に創立されたものです。*1

観音様。

関東大震災80周年の碑。

【参考文献】
*1 風俗散歩(吉原):弁天池の案内板(2006.7)

入谷~吉原(吉原弁財天の弁天池)金魚が泳いでいます。

吉原弁財天には、弁天池(花園池)が残されています。池にネットが被せられています。

池にネットが被せられているネットは、おそらく、池に泳いでいる金魚が盗まれるのを防止するためのもののようです。

金魚だけでなく、小さな緋鯉も泳いでいます。

日本橋の吉原遊廓(元吉原)が当時湿地だったこの地に移転(新吉原)しましたが、その際、湿地の一部を埋め立てた際、池の一部が残り、いつしか池畔に弁天祠が祀られ、遊廓楼主たちの信仰をあつめました。現在は浅草七福神の一社として毎年正月に多くの参拝者が訪れています。昭和34年吉原電話局(現在の吉原ビル)の建設に伴う埋め立て工事のため、池はわずかにその名残を留めるのみとなりました。(案内板より)

入谷~吉原(吉原弁財天)大門のレプリカ

吉原弁財天へ立ち寄りました。入口には大門のレプリカが立っています。

右の石柱に「春夢正濃満街桜雲(しゅんむまさにこまやかなりまんがいのおううん)」、これは仲之町通りに一夜で植えられた数千本の見事な桜樹を描写しています。*1

左の石柱には「秋信先通両行灯影(しゅうしんまさにつうずりょうこうのとうえい)」とあり、享保11年(1726年)の春に急逝した、角町中万字屋(なかまんじや)の玉菊という花魁の追善供養のための盆灯篭が連なるさまを詠んでいます。*1 この燈篭は、俗に「玉菊燈篭」と呼ばれ、吉原の年中行事とされ、仲之町の桜、俄(にわか)とともに、吉原三大景容のひとつと数えられました。*2

石柱に彫られている詩は、これら「吉原三大景物」の一つづつを詠み込んだ福地桜痴の詩の復刻です。*1

*1 岡崎柾男:江戸東京伝説散歩(青蛙房,2005)P.143
*2 西山松之助:遊女(東京堂出版,1994)P.187

入谷~吉原(鷲神社の裏手の通り)扇型の窓を持つ住宅

入谷を散歩した後は、吉原方面へ向かいます。国際通りを越え、鷲神社の裏手の通りに入りました。

T字路に、「散歩の達人」の特集「街に赤線があった頃」*1 に掲載された扇型の窓を持つお宅があります。雑誌掲載当時は、1階が「三好」という中華食堂でしたが、今は普通の住宅です。

「面白い造りの店だと言われて、映画の撮影に使われたこともあった。」そうです。*1

特徴のある扇型の窓は今でもの健在です。

【参考文献】
*1 大竹誠:散歩の達人(1996.11)P.21

入谷~吉原(ハヤミズ家具センター解体現場)昔のCMを思い出します。

入谷の交差点近くにある旧ハヤミズ家具センタービルですが、昨年散歩したとき、は、廃墟としての威容を誇っていましたが、いよいよ解体工事がはじまったようです。

ハヤミズ家具センターのテレビCMは、エレベーターガールが出てきて、「1階、家具売場でございま~す。2階、家具売場でございま~す。」と繰り返していき、最後に 「8階まで全部、家具売場でございま~す。ハヤミズでございま~す!」 というオチで締めくくる印象的なCMでした。

前方半分は、ほぼ解体が完了し、後方半分がまだ残っている状態です。屋上に残されている「ハ○ミズ」の看板が印象的でした。

ビルの裏側にある通用口。

■カテゴリ 吉原 商業

入谷~吉原(朝顔まつり)毎年恒例です。

今回は、入谷~吉原の町並みと風俗を散歩します。今年の入谷朝顔市は、7月6日、7日、8日の3日間です。

朝顔の鉢が並んでいるのを見ると、夏が来たなという気がします。

威勢のいい掛け声とともに、朝顔の鉢がどんどん売れていきます。

入谷交差点にある「入谷朝顔発祥の地」の記念碑。記念碑の裏側には、「入谷朝顔について」の説明が書かれています。

----入谷朝顔について(「入谷朝顔発祥の地」の記念碑より)----
入谷の朝顔は、明治2年近傍の寺院で鉢植を創って、人々の縦覧に供したのが、そのはじまりとされているが、15・6年頃から朝顔は天下の名物となった。その後、大正2年以来、永らく中絶されていたが、第二次大戦後、地元の復活運動によって、昭和25年7月から再開され、今や東京の年中行事の一つとなっている。ついては、われわれは往時の盛時をしのび、入谷朝顔発祥の地として、ここに記念碑を建立するものである。
入谷から出る朝顔の車かな 子規
1956年7月6日 下谷北部観光連盟

神栖(石材店)ちんこ石があります。

神栖から潮来有料道路で潮来方面へ向かい、鰐川を渡ってすぐのところに石材店の展示場があります。

仏様の手と思われる石のオブジェなど、さまざまな石材の見本が展示されています。

その中で、ひときは目をひくのが、こちらのちんこ石です。亀頭の部分の皺がリアルに再現されています。

ペニスの反り具合もGOODです。残念ながら、まんこ石はありませんでした。

■カテゴリ 性神 神栖

神栖(高速バス停留所付近)鹿島セントラルホテル前

今回は、神栖(茨城県)の町並みと風俗を散歩します。神栖は昭和30年代に鹿島臨海工業地帯が出現し、大きく発展しました。神栖へは最寄の鉄道が無いため、東京駅から高速バスに乗り、鹿島セントラルホテル前で下車しました。遠くに鹿島臨海工業地帯の赤と白の縞模様の煙突が見えます。

国道124号線。道路の幅が広いのが神栖の特徴です。

西へ向かうと水郷有料道路(左)と国道124号線(右)が分岐します。

国道124号線沿いには、飲食店、コンビニ、銀行などが並びます。このあたりが町の中心部です。鹿島セントラルホテル(写真左)など、結婚式ができるような大型のホテルもあります。