蒔田(旅館「松島」)永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開

蒔田の花街の中心だった榎田町の南側(蒔田町)にある旅館「松島」。

旅館の隣には、「料理処・松風苑」が併設されています。

現在も営業中の「松島」は、永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開したものです。*1

旅館脇の庭園。

【参考文献】
*1 葛城峻:横浜花街史稿

《参考文献》
*1 葛城峻:横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。

蒔田(花街跡)戦後も営業

今回は、蒔田(まいた、神奈川県横浜市南区)の町並みを散歩します。
「横浜市史稿(風俗編)」1 によると、蒔田の花街は、中区(昭和18年より南区)榎町二丁目にありました。この付近にあった料亭「平作」は、この地区最大の料亭で、戦後も長い間営業していました。2
現在は、マンションになっています。

蒔田見番があった場所。2

料亭「万二菊」があったあたり。
2

寿司店。

【参考文献】
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)P.545
*2 葛城峻:横浜花街史稿

《参考文献》
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)

芸妓屋組合事務所 所在地

*2 葛城峻:横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。

前橋(呑竜仲店)通称「呑龍マーケット」

前橋の千代田町。弁天通り商店街の東側にある呑竜仲店。
呑竜仲店は1947年(昭和22年)に市の戦後復興計画に基づき大蓮寺墓地跡に復員者が生計をたてる事を主目的に建設されました。 当初645平方メートルの敷地に造られた木造2階建て・住居兼店舗の共同施設には、飲食店をはじめ雑貨、惣菜、青果、衣料品など様々な店が35軒並び、通称「呑龍マーケット」として親しまれました。*1

マーケットらしい建物です。

反対側の入口。

建物を横からみたところ。

【参考URL】
*1 呑竜仲店:公式ホームページ

前橋(キャバレーロンドン跡)諏訪橋西詰

今回は、前橋(群馬県前橋市)の町並みを散歩します。
諏訪橋西詰交差点の近くに、キャバレーロンドンの建物があります。

建物上部の「前橋ロンドンA館」の大看板。

入口の電飾看板。

おなじみのロンドンのマークも。

神岡(コスモス自販機)船津町

船津町の古い母屋。建物の角に古い自販機が残っています。

現在は、ほとんど見かけられなくなった大型のコスモス自販機。

現在は利用されていないようです。

「コスモス」の文字。

神岡(迎賓館内部)旧森田楼

迎賓館として使用された旧森田楼。偶然、所有者の方がいらっしゃたので、内部を見せて頂けることになりました。

2階へ続く階段。

2階の大広間。

階段付近の窓。

神岡(森田楼別館跡)その後は迎賓館

神岡の船津町一帯は、明治から昭和にかけて、鉱山に支えられた花街として大勢の人々で賑い、料亭や遊廓などが軒を連ねていました。写真の神和荘は、元々は料亭「森田楼別館」の建物で、その後、当時の三井金属鉱業が購入し、迎賓館として使用されていました。現在は市に譲渡され、市民が習い事や宴会などを催す憩いの場所として利用されています(案内板より)。

当時の写真(案内板より)。

建物の西側の庭園。

2階部分には、庭園を望む窓。

神岡(旧深山楼)昭和7年の大火の後、建設

神岡の花園町(俗に宮下といわれる)には、遊廓がありました。
当時の「遊郭新設請願書」には、「大島ナル従来ノ田圃ヲ今千五百坪ヲ買求メ掘均(なら)シテ以テ宅地ト為シ新タニ一町区画ヲ設ケ花園町ト名称ヲ附シ単ニ花園廓トナス」とあります。*1

地元の方の話によると、この建物は、旧深山楼で、昭和7年の大火の後に建てられたものだそうです。

1階部分には格子。

2階部分の意匠。

【参考文献】
*1 飛騨市教育委員会:神岡町史.通史編Ⅱ(飛騨市教育委員会,2008)P.980

神岡(船津町)神岡の中心地

今回は、神岡(岐阜県飛騨市)の町並みを散歩します。
神岡鉱山近くに立地する船津町は、神岡の中心地として商業が栄えました。飲食店・料亭。旅館などが軒を連ねました。1
南北に(写真の案内板の左右)に3本の通りがあります。

中央の通り。道幅が広いメインストリートです。

西側の通り。昭和5年の市街図
2 に掲載されている「花乃屋」と同じ屋号の「花乃家寿司」が営業中です。

東側の通り。

【参考文献】
*1 飛騨市教育委員会:神岡町史.写真編(飛騨市教育委員会,2010)P.150
*2 東京交通社:大日本職業別明細図.第200號.岐阜縣(東京交通社,1927)

金沢(ブロンズ裸像)専門店前

金沢市尾張町の記念品と工芸品の専門店。駐車場のスペースに、ジーパン姿のブロンズ裸像が2体。

公園などのブロンズ像とは異なり、銅像などを商品として制作している専門店のようです。

奥の方の裸像。

後ろ姿。

金沢(暗がり坂)主計町へ下る坂

主計町事務所前の小路。少し進むと、「暗がり坂」の標柱があります。

暗がり坂は、久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)から主計町へ通じる小路で、日中も日の当たらない暗い坂道なので、この名で呼ばれています。暗闇坂ともいいます。(標柱の説明文より)

石段としては、勾配はゆるやかな方ですが、下り口にたっても下り着く先が見えない、変化に富んだ坂です。1

暗がり坂が、石段になったのは、つい最近で、それまではひび割れしたコンクリートの坂で、その前は丸太の段でした。現在は安心して通れる健康な坂となったので、「暗がり坂が明るくなった。」という嘆きも聞かれるそうです。
1

【参考文献】
*1 国本昭二:サカロジー(時鐘舎,2007)P.27-P.29

金沢(コンクリート製ゴミ箱)主計町

主計町の路地裏。町屋の風景です。

コンクリート製ゴミ箱が置かれています。

中国語で、「请勿乱扔垃圾」と注意書きが書かれています。「请勿」は、張り紙などで「~するべからず」、「乱扔」は、みだりに捨てる・散らかす、「垃圾」はゴミ。

町屋の風景に溶け込んでいます。

金沢(主計町料亭街)発祥は藩政末期頃

今回は、金沢(石川県金沢)の町並みを散歩します。
金沢市内には、「ひがし茶屋街」と「にし茶屋街」とともに、主計町(かずえまち)という茶屋街があって、三茶屋街と称されています。1
現在は料理料亭街になっています。

木造三階建ての茶屋建築の町並みを特徴的です。
1

主計町の発祥は、藩政末期頃で、主計町の名は、加賀藩の重臣冨田主計の屋敷があったことに由来すると推定されています。1

浅野川大橋から花柳の左岸に見事な建築物群としての町並みを眺めることができます。
1

【参考文献】
*1 川上光彦:金沢市ひがし茶屋街(地図情報 通号 104,2008.2)P.16-P.18