赤線跡を歩く2 自由国民社 p.34-P.35 2002