勝部月子: 奈良学研究[8] (,2006.1)「萬玉楼」P.107,P.112