高岡(羽衣遊廓跡)明治33年の大火直後に免許地として発足: 新日本古典文学大系100 (新日本古典文学大系100,1989)P.350-P.351,注釈8