椎野善助 茂原市東南部発達史 長生新聞社 1969.1

特殊営業

早野新田海軍慰安所設置

P.287 大東亜戦争末期昭和17年、軍部は茂原海軍航空基地「飛行場」設置を必要とし、敷地として統合地区町保「中山町裏」山林原野と同地区木崎及び谷本の一部を買収し、約1ヵ年余にて特攻隊基地が完成されたのである。 軍は之に伴い慰安所設置を必要とし、時の町長鈴木才次氏塔の有志に其協力を需め、慰安所敷地は県会議員佐川四郎氏、松本現市長(当時警防園長)等が奔走し、早野新田北部鉄道線路山林吉野正明氏所有の地を買収し、業者は軍の協力を得て、18年11月より突貫工事が行われ、翌19年3月完成された。慰安所開店には東郷地区木崎出身東京洲崎楼主長谷川良平の斡旋で洲崎から6軒、船橋より1軒の業者が来り、営業を開始して軍の要請に応じた。 終戦後は一時進駐軍の慰安所となり、約6ヶ月後に一般に営業され、故に付近には飲食店、パチンコ屋等も出来て、一時付近は盛り場の観を呈するに至った。