茂原(創業50年の洋食屋)店内は、バーのような雰囲気。

茂原駅前に建つ駅前ビル。1階は、飲食店街になっています。

昔ながらの洋食屋。

店内は、バーのような雰囲気。

ナポリタンとビールを注文。

タクソノミー(分類)

洋食 千代田町1丁目

関連記事(「外食」「茂原市」)

茂原(創業50年の洋食屋)店内は、バーのような雰囲気。

上野(純喫茶「古城」)ステンドグラスが美しい老舗喫茶店。

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅の東側(東上野三丁目)のビルの地下1階にある純喫茶「古城」。

入口の階段のステンドグラスには、白馬の騎士が描かれています。

店内は、荘厳な雰囲気です。

ココアを注文。

幕張(中華料理「松楽」)チャーシューたっぷりチャーハン。

京成電鉄幕張駅前。線路沿いの通りに中華料理店があります。

「町中華」という言葉がぴったりくるような中華料理「松楽」。

テーブル席3つとカウンター席。

チャーハンとビールを注文。チャーハンには大きめのチャーシューがたくさん入っていて、風味と歯ごたえが充分です。

タクソノミー(分類)

中華 幕張町4丁目

関連記事(「外食」「千葉市花見川区」)

幕張(中華料理「松楽」)チャーシューたっぷりチャーハン。

新小岩(立ち飲み屋)名物は刺身盛り合わせ。

新小岩駅南口の平和橋通りから西へ入る小路。小路の先に飲み屋のほ灯が見えます。

立ち飲み屋「わか」。今年で30周年(暖簾に書いてありました。)だそうです。

周囲は、小規模な飲み屋街になっています。

名物の刺身盛り合わせとホッピーを注文。

タクソノミー(分類)

喫茶 新小岩1丁目

関連記事(「外食」「葛飾区」)

新小岩(立ち飲み屋)名物は刺身盛り合わせ。

鶯谷(とんかつ店「とん平」)戦後開業の老舗。

鶯谷駅南口の前から言問い通りへ向かう坂道の下。

老舗とんかつ店「とん平」があります。開業は戦後だそうです。

カウンター席だけのこじんまりとした店です。とんかつはロースカツとヒレカツのみ。

ロースカツとライス、ビールを注文。

鶯谷(プレイスポット「銀星」跡)屋上看板だけが残っています。

鶯谷駅前の「ダンスホール新世紀」。

隣のビルの屋上に残る「銀星 PLAYSPOT GINSEI」のレトロ大看板。パチンコ店か何かだったのでしょうか。現在、「銀星」の店舗はビル内には見当たりません。

1Fにある歌謡曲カフェ。

鶯谷駅からの遠望。

鶯谷(スナック「シスター」)線路沿いの木造三階建ての建物群。

今回は、鶯谷(東京都台東区)の町並みを散歩します。
鶯谷駅南口の陸橋を渡った線路沿いに、木造三階建ての建物が連なっています。

飲み屋街。

スナックの入口。

シスタービル。

浅草橋(すし栄)かつては銀座で数店舗をれん分け。

浅草橋5丁目にある「すし栄」。

握り寿司とビールを注文。

かつての「すし栄」は銀座数店舗あったそうです。

ピンクの看板が目印です。地元の方の話によると、かつては「ピンク寿司」と呼ばれ親しまれていたそうです。

浅草橋(老舗やきとり店)篠塚稲荷神社の隣。

かつての花街があった柳橋一丁目。

篠塚稲荷神社の隣に、老舗やきとり店があります。

釜めしと焼き鳥。

焼き鳥定食と日本酒を注文。

浅草橋(美家古寿司本店)創業は文化年間。風情のある路地。

今回は浅草橋(東京都台東区)の町並みを散歩します。
かつての花街だった柳橋の路地に老舗寿司店が営業中です。

建物は道を挟んで、本店は2棟あります。

創業は、文化5年。

風情のある路地。

参考文献

*1 美家古鮨本店 美家古鮨本店公式ホームページ リンク
文化年間(1804~1817)、初代 加藤赤助が始めた屋台が、美家古鮨本店のはじまりです。 慶應2年、二代目…

タクソノミー(分類)

寿司 柳橋1丁目

関連記事(「外食」「台東区」)

上野(純喫茶「古城」)ステンドグラスが美しい老舗喫茶店。
鶯谷(とんかつ店「とん平」)戦後開業の老舗。
浅草橋(すし栄)かつては銀座で数店舗をれん分け。
浅草橋(老舗やきとり店)篠塚稲荷神社の隣。
浅草橋(美家古寿司本店)創業は文化年間。風情のある路地。
上野(老舗洋食店「とうかい」)小ぶりながらも味は絶品。
上野(カレー専門店「クラウン」)王冠のマークが目印。
浅草(尾張屋本店)明治3年の創業。荷風が通った店。
浅草(正直ビアホール跡)昭和の初期から続く名店。
浅草(三定)日本最古の天ぷら老舗。特大メニュー。
浅草(食堂「筑波」)2階部分に大看板。手作り感のある暖簾。
吉原(カツ専門店「日の出」)GHQからの手紙。
鶯谷(鍵屋)江戸時代創業の居酒屋。黒板塀に徳利。
吉原(土手の伊勢屋)明治22年、吉原大門に創業。
浅草(どぜう「飯田屋」)永井荷風がよく訪れた店。
浅草(アリゾナキッチン)永井荷風に愛された洋食屋。
浅草(神谷バー)電気ブラン。浅草の近代百年の盛衰。
吉原(桜鍋料理の専門店「中江」)明治38年創業。

上野(老舗洋食店「とうかい」)小ぶりながらも味は絶品。

上野公園通りを北へ進んだところにある老舗洋食店の「とうかい」。

洋食店のメニューはひとおり揃っています。

店内は質素ですが、非常に落ち着きます。

オムライスとビールを注文。オムライスは小ぶりながらも味は絶品でした。

タクソノミー(分類)

上野2丁目(北) 洋食

上野(カレー専門店「クラウン」)王冠のマークが目印。

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅ガード下にあるカレー専門店「クラウン」。王冠のマークが目印です。

開業当時の上野の写真なども飾られていて、歴史を感じます。

自販機で食券を買います。大盛りはダブルまで。チキンカレーはチキンカツではありません。

カツカレー大盛りにさらに大盛り券(1枚)とビールを注文。満足のボリュームでした。

真金町(酔来軒)からしを効かせた特性のタレで味わう酔来丼。

眞金町1丁目の「よこはまばし入口」交差点の角にある酔来軒。

広東料理の店です。

名物の酔来丼は400円です。

酔来丼とビールを注文。
酔来丼は、チャーシューとメンマ、モヤシ、刻みネギがのっていて、からしを効かせた特性のタレをかけて食べます。

タクソノミー(分類)

真金町1丁目 中華

真金町(三吉演芸場)昭和5年12月25日の創業。風呂屋から転業。

真金町の南側の三吉橋商店街。中村川に架かる三吉橋の上には、首都高速3号線が通っています。

「三吉演芸場」は、昭和5年12月25日の創業で、現存する演芸場では横浜最古です。

昭和初期、コークス製造業し、その熱を有効に使うために風呂屋を手掛けましたが、法令に規制されるようになり、劇場として利用することに着目しました。

入口。

タクソノミー(分類)

万世町2丁目 演劇・歌舞伎

真金町(スナック店)横浜橋交差点の東側の3軒長屋。

今回は、真金町(神奈川県南区)の町並みを散歩します。
横浜橋交差点の東側に。スナックが建ち並ぶ通りがあります。

1軒屋のスナック。

3軒長屋のスナック店。

2軒が並ぶスナック街。

福富町(てんぷら「登良屋」)伊勢佐木モール近くの老舗。

福富町に隣接する吉田町。「野毛おでん」のある通り。この通りの向こう側は伊勢佐木モールです。

老舗天ぷら店。

「登良屋」の暖簾

天ぷら定食と日本酒を注文。

タクソノミー(分類)

吉田町 和食・割烹

伊勢佐木町(スナック街)片側のみが残っています。

曙町の親不孝通りを西へ進んだ伊勢佐木町六丁目。

昔は左側にも飲食店が建ち並んでいました。※1

現在は、片側のみが残っています。

以前は、この写真の右手前のあたりに、黒い円柱を持つ建物が残っていました。※1

伊勢佐木町(伊勢佐木町ブルースの歌碑)ボタンを押すとため息が聞けます。

伊勢佐木町に、青江三奈さんが歌った伊勢佐木町ブルースの歌碑があります。
青江三奈さんは、横浜の「ナイトアンドデイ」というナイトクラブの歌手でした。*1

伊勢佐木町ブルースを歌った青江三奈さんは、当時、森進一さんと並んで、「ため息路線」として大きく売り出されました。*2
歌碑の楽譜には、冒頭の「あ~、あ~」の部分には、「ため息」と記されています。

伊勢佐木町ブルースのおかげで、伊勢佐木町の名は全国に知れわたることになりました。

歌碑の台座のボタンを押すと、内蔵されているスピーカーから、青江三奈さんが歌う伊勢佐木町ブルースが再生されます。
*1

【参考文献】
*1 松葉好市,小田豊二:横浜物語(集英社,2003)P.259-P.260
*2 鈴木則文:日本の映画とロックと歌謡曲(2007)

伊勢佐木町(イセブラ小路)謎のL字型の小路。

伊勢佐木町の長者町8丁目。

イセブラ小路と名付けられた小路があります。

気が付かずに通り過ぎてしまいそうなL字型の小路。

反対側の入口。

タクソノミー(分類)

長者町7丁目 飲食小路

石川町(老舗喫茶「モデル」)年代物のレジ。

今回は、石川町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
JR京浜東北線の石川駅前にある老舗喫茶「モデル」。

内部はレンガで装飾されていて、歴史を感じさせます。

「モデル」のコースター。

年代物のレジ。

タクソノミー(分類)

吉浜町 喫茶

関内(中華「長崎屋」)ちゃんぽん麺のナポリンタン。

元町中華街の上海路の北端。

店名は長崎屋。

名物はラーメン、ちゃんぽんですが、実はオススメは「ちゃんぽん麺を使ったナポリタンです。

「昔ながらのナポリタン」とビールを注文。中華街で味わうナポリタンは格別です。

野毛(中華料理「萬福」)町中華のサンマー麺。

野毛の繁華街の南側。このあたりまでくるとっ少し落ちついた雰囲気の町並みになります。

中華料理「萬福」。町中華の王道を行くような佇まいです。

メーニューは、すべて漢字表記が加えられています。

サンマー麺とビールを注文。

タクソノミー(分類)

宮川町2丁目 中華

野毛(ラーメンの店「菊家」)大看板による看板建築?

野毛の中心部(野毛町一丁目)。

ラーメンの店 菊屋。

「看板による看板建築」と言えそうです。

隣に居酒屋「魂屋」。

タクソノミー(分類)

野毛町1丁目 中華

野毛(動物園通りの飲食ビル)1階部分が飲食横丁。

野毛三丁目は、野毛の中心部からは西側へはずれた場所ですが、動物園通りには、飲食店が建ち並んでいます。

中央部に横丁の入口がある建物。

スナック店が密集するビル小路。

奥行のある建物です。

野毛(桜木町駅前)かつては露店小屋が発生。カストリ横丁

今回は、野毛(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
JR桜木町駅前には、戦前は桜川が流れていて錦橋~緑橋~瓦斯橋の間には、飲食物の露店小屋が発生していました。

石炭ビルと呼ばれていたビルがあったあたり。

桜川沿いの露店小屋の一部は、後にできた桜木町アパートに吸収されました。*1*2

この周辺は、カストリまたはクジラ横丁と呼ばれていました。

参考文献

*1 中区わが街刊行委員会 中区わが街 横浜市中区役所 1986
中区記憶絵図集抄
22. 野毛・桜木町記憶絵図(終戦直後)
P.24 戦前は桜川が流れていて錦橋~緑橋~瓦斯橋の間には、飲食物の露店小屋が発生、のちに桜木町デパー…
*2 中区わが街刊行委員会 中区わが街 横浜市中区役所 1986
第二章 談話 懐旧 野毛地区
P.102 〇桜川のほとり はじめは、市内で接収された人達が、野毛の大通りにきて、商売をはじめたんですね…

タクソノミー(分類)

花咲町1丁目 飲食街

川崎南町(アサヒ屋)ピンク色のラーメン大看板。

川崎南町の西側、市電通りの近く。数店舗の飲食店が散在する通りです。

ラーメンと書かれた大看板。

ラーメン中心のメニューです。

チャーシューメンとビールを注文。

川崎南町(小規模な飲み屋横丁)小料理。スナック。

風俗店が散在する川崎南町にある小規模な飲み屋横丁。

小料理店など複数の店舗。

現在は、ほとんどの店舗が休業中のようです。

反対側。

信濃町(カレー店「JUNE」)味の名店街の名店。

信濃町駅前の駅ビルの「味の名店街」には、歴史のある飲食店が集まっています。

地下1階の老舗カレー店。

メニューは、ポークカレー(並、中、大)のみです。

カレー(大)とビールを注文。キャベツは食べ放題です。

タクソノミー(分類)

信濃町 洋食

常陸多賀(塙山キャバレー)十字路の飲み屋群。

常陸多賀駅の南西約1km。国道6号線の交差点「塙山十字路」。

交差点の角に飲み屋群が忽然と姿を現します。

飲み屋群は、「塙山キャバレー」と呼ばれているようです。

交差点の南東側の一画にトタン建築の飲み屋が密集しています。

タクソノミー(分類)

金沢町一丁目 飲食平屋・長屋

常陸多賀(ひかり食堂)麺大盛り、野菜増し。

今回は、常陸多賀(茨城県日立市)の町並みを散歩します。
JR常磐線常陸多賀駅前の商店街にあるひかり食堂

大衆食堂です。

レトロな店内。

この店の名物「背脂ラーメン(麺大盛り、野菜増し、ニンニク有り)」とビール(大瓶)を注文。
盛りの大きさには驚愕です。麺とスープにたどり着くまでは、野菜炒めを食べている状態です。

タクソノミー(分類)

千石町一丁目 中華

下館(シネマ1)大映映画のマーク。現在は閉館。

下館の稲荷町にある映画館の「シネマ1」。

遠くからでもこの看板を見つけることができます。

入口とチケット売り場。

大映映画の系列だったのでしょうか。

タクソノミー(分類)

映画

下館(蕎麦店「三代目 塙屋」)歴史を感じさせる佇まい。

しもだて美術館の北側にある老舗の蕎麦店。

屋号は「三代目 塙屋」。歴史を感じさせます。

まずは、日本酒を注文。

蕎麦は独特の細麺です。

タクソノミー(分類)

蕎麦

下館(稲荷町のスナック店)趣きのある看板建築。

稲荷町の旧花街。料亭があった通り(写真奥)※1から路地を入ったところ。

趣きのある建物。

看板建築です。

従業員募集の貼り紙

玉戸(スナック街)国道沿いの2階建ての建物。

今回は、玉戸(たまど、茨城県筑西市)の町並みを散歩します。
JR線水戸線の下館駅の東隣の玉戸駅から国道50号線を西へ約1Km。国道沿いに2階建ての建物があります。

1階はスナック街です。

東端には、マッサージ店の看板。

東側から。

タクソノミー(分類)

飯島 飲食共同ビル

藤沢(ラーメン「こぐま」)名物の牛乳ラーメン。木彫りの子熊。

藤沢駅北口の小路。

札幌ラーメンの店「こぐま」があります。

店内には、木彫りの子熊。

名物の牛乳ラーメンを注文。

タクソノミー(分類)

中華 藤沢

関連記事(「外食」「藤沢市」)

藤沢(ラーメン「こぐま」)名物の牛乳ラーメン。木彫りの子熊。

藤沢(飲食店ビル)ビルの入口中央から2階へ上る階段。

マンションが林立する藤沢の繁華街跡の西側。

道路沿いに2階建ての飲食店ビルがあります。

飲食店は1階と2階の両方にあって、ビルの入口中央には2階への上る階段があります。

レトロな看板。

藤沢(奥の飲み屋街)唯一残っている飲み屋街。

以前は、両側に和風スナックや小料理屋が並んでいましたが、現在、片側にはマンションが建っています。

いざかや「ひよこ」※1は、小鳥の街にも同じ屋号の店舗がありました。こちらに移転してきたのかもしれません。

サロンの看板。

かつての藤沢の歓楽街の中で、唯一残っている飲み屋街です。

藤沢(木造アーチの飲食街)老朽化が進んでいます。

今回は、藤沢(神奈川県藤沢市)の町並みを散歩します。
駅の北側。藤沢銀座通りから50mぐらい入ったところにある飲食街。

2006年に訪れたとき※1 と比べかなり荒廃が進んでいます。

店舗の内部は意外と綺麗です。

この飲食街の北側にはスナックが営業中です。

長崎丸山(ツル茶ん)大正14年創業のトルコライスの店。

長崎市街の思案橋近くにある「ツル茶ん」。

大正14年創業の老舗喫茶店です。

名物はトルコライスです。

ミルクセーキ。

長崎丸山(よこはま)思案橋横丁の老舗ちゃんぽん店。

長崎市街の思案橋横丁※1 にある中華レストラン「よこはま」。

創業60年だそうです(店の看板より)。 

長崎チャンポンは、明治時代、長崎に住んでいた中国人たちによって作られ、中国からの留学生たちに栄養がありしかもボリュームもあるので大変喜ばれていました。その後、長崎ならではの新鮮な山海の幸と工夫が加えられて、長崎中に広まり、長崎の郷土料理として育ちました。※1

「よこはま」のネオン塔。

参考文献

*1 中華レストランよこはま 中華レストランよこはま ホームページ リンク
麺とスープに多彩な具がしっとりと溶けあった 味わいは、まさに絶品! 長崎名物よこはま特製チャンポン…

参考記事

※1 長崎丸山(思案橋横丁)ネオンが煌めく通り。2013-11-10

タクソノミー(分類)

中華 本石灰町

関連記事(「外食」「長崎市」)

長崎丸山(ツル茶ん)大正14年創業のトルコライスの店。
長崎丸山(よこはま)思案橋横丁の老舗ちゃんぽん店。
長崎丸山(トルコライスの店)9月16日はトルコライスの日。

長崎丸山(シバヤンジ通り)当時の人は「芝居小屋の地」を「シバヤンジ」と呼んでいました。

銅座町の繁華街に、「シバヤンジ通り」と名付けられた飲み屋の路地があります。
銅座付近には以前、芝居小屋が点在しており、当時の人は「芝居小屋の地」を「シバヤンジ」と呼んでいたそうです(案内看板より)。

路地はL字型に曲がって続いています。

反対側(西側)から。

夜の様子(上の写真と同じ場所)。

長崎丸山(船大工町の小路)船大工町へ通じる風情のある小路。

長崎丸山町から船大工町へ通じる小路。

階段を下りながら角を曲がっていきます。

風情のある石段。

反対方向から。

小城(スナック店)映画館「桜座」があった通り。

今回は、小城(佐賀県小城市)の町並みを散歩します。
JR唐津線小城駅の北側の通りは、スナックが散在する住宅街になっています。

スナックと割烹料理店。

この付近には、映画館の桜座がありました。*1

桜座があった敷地の隣に建つスナック。

参考文献

*1 フォーラム小城 近・現代小城マップ リンク
桜座跡 リンク
桜座跡 創業は明治期までさかのぼるが、廻り舞台を持った劇場で観客席は桝席になっていた。戦時中一時閉…

タクソノミー(分類)

スナック 小城町

関連記事(「飲食街・店舗」「小城市」)

小城(スナック店)映画館「桜座」があった通り。

上野(キムチ横丁の通路)ディープな雰囲気の通路。

東上野2丁目の「キムチ横丁」と呼ばれるコリアンタウン。※1
2棟の建物の間が生活通路になっています(南側より)。

ディープな雰囲気の通路。

逆方向から。

横丁の中央部。通路が交差するあたりに公衆トイレがあります。

板橋(大衆食堂「若名」)暖簾に書かれているとおりの店。

志村坂上駅から南へ800m。

住宅街の中にある大衆食堂。

暖簾に書かれているとおり、「大衆食堂」と言える店内。

かつ丼とビールを注文。

板橋(やきとり「鳥市」)遊座大山商店街。

中山道から、南へ10分ほど歩くと「遊座大山商店街」の入口です。

商店街を歩いていると、やきとりのいい匂いが漂ってきます。

やきとり、鳥レバー、すなぎも、鳥かわ、つくね、すべて110円です。

やきとり5本と日本酒を注文。

津田沼(巨人軍発祥の地の碑)谷津公園内。

京成電鉄谷津駅近くにある谷津公園。公園の奥には「谷津バラ園」があります。

バラ園の入口脇にある「読売巨人軍発祥の地」の碑。

川上哲治、長嶋茂雄、王貞治氏など、往年の名選手の手形が並べられています。

この場所にあった谷津球場から日本のプロ野球は始まりました。

タクソノミー(分類)

野球 谷津三丁目

関連記事(「スポーツ」「習志野市」)

津田沼(巨人軍発祥の地の碑)谷津公園内。

成増(旭町三丁目のスナック街)ここから練馬区。

成増駅の南西側の旭町三丁目。ここからは練馬区です。川越街道から南へ少し入ったところに、小規模なスナック街があります。

スナック星。

四つ角のスナックビル。

白い壁のスナック店。

タクソノミー(分類)

スナック 旭町三丁目

関連記事(「飲食街・店舗」「練馬区」)

成増(旭町三丁目のスナック街)ここから練馬区。

成増(立喰処「どん亭」)名物は「焼肉ライス」。

成増駅前の立ち食いそば屋の「どん亭」。

名物は、焼肉ライスです。

券売機には、各種そばのボタンが並びますが、上部に焼肉ライス、特盛焼肉ライス、特々盛り焼肉ライスの大型ボタン。

焼肉ライス(普通盛り、500円)を注文。普通盛りでありながら、このボリュームです。

八王子(純喫茶「茶房田園」)八王子駅前のビル。

八王子駅前のビル。

純喫茶「田園」は、このビルの2階にあります。

レトロな店内。一人でものんびり過ごせます。

クリームソーダを注文。

タクソノミー(分類)

喫茶 旭町

関連記事(「外食」「八王子市」)

八王子(純喫茶「茶房田園」)八王子駅前のビル。

八王子(中町のスナック街)旧花街の一画。

八王子の中町東側のエリアでは花街の風情が復活*1*2 していますが、西側はスナック街になっています。

南側の富士見通りに近いあたり。

韓国パブとフィリピンスナック。

逆方向(北側)から。

大宮(アイスビル)昭和23年に「なんぎん」を命名。

大宮の南銀座。南銀座通り、ナンギンの通称で知られる繁華街です。

奇抜なデザインのアイスビル。

バーや居酒屋が入居しています。

「なんぎん」の呼び名は、昭和23年にアイスビルにより名付けられました。

この記事を参照している記事

大宮(明朗会計の店)電飾看板が残るビル。

タクソノミー(分類)

飲食ビル 仲町一丁目

関連記事(「飲食街・店舗」「さいたま市大宮区」)

大宮(アイスビル)昭和23年に「なんぎん」を命名。

大宮(食堂「多万里」)高島屋裏の通り。

今回は、大宮(埼玉県さいたま市)の町並みを散歩します。
大宮駅東口の高島屋裏の通り。

アパート風の建物の1階にある食堂。

食事処「多万里」。

ラーメン(大盛)とビール(中瓶)を注文。

タクソノミー(分類)

食堂 大門町一丁目

関連記事(「外食」「さいたま市大宮区」)

大宮(食堂「多万里」)高島屋裏の通り。

白山(まるや肉店)揚げたての菊坂コロッケ。

菊坂の商店街。

コロッケで有名な「まるや肉店」。散歩をしていると、コロッケだ食べたくなります。

揚げたての「菊坂コロッケ」は120円。たくさん並んでいます。

菊坂コロッケ2個とハムカツ1枚を購入。

タクソノミー(分類)

持ち帰り 本郷五丁目

関連記事(「外食」「文京区」)

白山(まるや肉店)揚げたての菊坂コロッケ。

白山(旅館「鳳明館」)東大の学生向けの下宿屋が発端。

菊坂通りを北へ入ったところにある老舗旅館「鳳明館」。
本郷には、昔ながらの旅館が残っています。そのほとんどは、東大の学生目当てに始めた下宿屋が発端と言われています。*1

道路を挟んだ向かい側にある別館。

別館の玄関。

本郷界隈の旅館の大方は、岐阜県出身の種田一族と小池一族が興したものらしい。「鳳明館」の創業者も小池英夫という人で、昭和11年に、現在の「鳳明館」(本館)で営業を始めました。*1

参考文献

*1 泉麻人 東京ディープな宿 中央公論新社
P.66 本郷の東大近辺には、いまも昔ながらの旅館が何軒か残っている。そのほとんどは、帝大の学生目当て…

タクソノミー(分類)

観光旅館 本郷五丁目

関連記事(「行楽・観光」「文京区」)

白山(旅館「鳳明館」)東大の学生向けの下宿屋が発端。

白山(樋口一葉旧居跡)古い木造建築。今も残る井戸。

菊坂の樋口一葉旧居跡。このあたりは、古い木造建築が多く残っています。

樋口一葉も使ったと言われる井戸。

現在は、防火用水として使われています。

逆方向から井戸のある方向の眺め。

白山(徳田秋声旧宅)「縮図」は、白山花街が舞台。

白山花街があった場所から南東方向へ約500m。徳田秋声の旧宅跡があります。

徳田秋声の「縮図」は、白山花街が舞台となりました。*1

案内板。

東京都の史跡に指定されています。

参考文献

*1 佐田美子 論究日本文学(通号 11) 立命館大学日本文学会 「縮図」について 1959.10 リンク
P.70 政子は富弥という白山の芸妓であった。この政子をモデルとして、「政子もの」と呼ばれる一連の作品…

タクソノミー(分類)

文学 本郷六丁目

関連記事(「芸能・芸術」「文京区」)

白山(樋口一葉旧居跡)古い木造建築。今も残る井戸。
白山(徳田秋声旧宅)「縮図」は、白山花街が舞台。
白山(一葉旧居跡)崖下にあった一葉の住まい。

下北沢(スナック街)鈴なり横丁の北側の一画。

鈴なり横丁(写真右手前)の北側の一画。写真左側は茶沢通り。

1階は飲食店、2階が居住スペースです。

スナック店。

茶沢通りに面したスナック店。

下北沢(鈴なり横丁)「演劇の街」の象徴。

「演劇の街」下北沢を象徴する鈴なり横丁。

鈴なり横丁(ザ・スズナリ)は、1969年(昭和44年)築、木造二階建ての”鈴なり横丁”は一階が飲み屋、二階がアパートという造りで、そこにさらに劇場が造りこまれました。*1

横丁の内部

1階の飲食街。

参考文献

*1 ザ・スズナリ ザ・スズナリ ホームページ リンク
1981年 上演の軌跡 1981年、ザ・スズナリは本多によって、グループ内、初の劇場として下北沢の地に開場…

タクソノミー(分類)

飲食共同ビル横丁 北沢一丁目

関連記事(「飲食街・店舗」「世田谷区」)

下北沢(スナック街)鈴なり横丁の北側の一画。
下北沢(鈴なり横丁)「演劇の街」の象徴。

登戸(手打ちそば「更科」)燗酒が飲める店。

登戸駅前の商店街※1 にある老舗蕎麦店「更科」。

昭和29年創業で、2011年3月に店内改装しました。*1

窓には、日本酒の瓶が並べられています。「お燗酒が飲める店」。

天ぷらそばとビールを注文。

登戸(駅前商店街)居酒屋とフィリピンパブ。

今回は、登戸(神奈川県川崎市)の町並みを散歩します。
登戸駅周辺は、現在、西口側を中心に再開発が進められています。写真の南口周辺には昔ながらの商店街が残っています。

古い木造家屋の建物も残っています。

北側へ回り込んだところに連なる看板建築。

居酒屋とフィリピンパブ。

町田(ラーメン屋七面)昔ながらの東京ラーメン。

仲見世商店街※1 の奥まったところにある、ラーメン「七面」。

レトロな看板。

昔ながらの東京ラーメンです。

塩ラーメン(大盛)とビールを注文。

タクソノミー(分類)

中華 原町田四丁目

関連記事(「外食」「町田市」)

町田(ラーメン屋七面)昔ながらの東京ラーメン。

町田(仲見世飲食街)商店街とつながっています。

仲町商店街の入口のすぐ左隣りにある「仲見世飲食街」

スナックもあるようです。

飲食街の奥の洗い場。

反対側の入口。商店街とつながっています。

厚木(ホルモン亭大ちゃん)創業40年。昔ながらの炭火です。

本厚木駅南口から徒歩10分。
ホルモン亭大ちゃんは創業40年。昭和の雰囲気をたっぷり残しています。*1

ホルモン大ちゃん。

ホルモンが中心のメニュー。飲み物も充実しています。

昔ながらの炭火です。

参考文献

*1 ホルモン亭大ちゃん ホルモン亭大ちゃん ホームページ リンク
ホルモン亭大ちゃんは厚木で創業40年、昭和の雰囲気をたっぷり残しています。 たれは継ぎ足しで使ってき…

タクソノミー(分類)

焼肉・とんかつ 旭町一丁目

関連記事(「外食」「厚木市」)

厚木(ホルモン亭大ちゃん)創業40年。昔ながらの炭火です。

厚木(サンロード)共同ビルの横丁に風俗店。

今回は、厚木(神奈川県厚木市)の町並みを散歩します。
小田急線本厚木駅から北へ300m。1階の餃子店と生花店が入る商業ビルがあります。

近代的な横丁建築です。

入居しているテナントのほとんどは、風俗店です。

反対側の出口。

タクソノミー(分類)

飲食共同ビル横丁 中町二丁目

関連記事(「飲食街・店舗」「厚木市」)

厚木(サンロード)共同ビルの横丁に風俗店。

浅草(尾張屋本店)明治3年の創業。荷風が通った店。

浅草1丁目の雷門通り。

永井荷風が通い詰めた「尾張屋本店」。

明治3年の創業以来、人気を保ち続けています。

「柏なんばん」を注文。

浅草(正直ビアホール跡)昭和の初期から続く名店。

浅草ひさご通り商店街を北へ抜けた交差点のあたり。

「正直ビアホール」の建物が残っています。

昭和の初期から続く名店でした。

モダンなドア。

浅草(三定)日本最古の天ぷら老舗。特大メニュー。

今回は、浅草(東京都台東区)の町並みを散歩します。
「三定」は、中山の法華経寺の門前の茶屋の板招き※1 や成田山※2 にも名が記されている、江戸時代からの老舗です。

日本最古の天ぷら老舗です。

大かき揚げ(¥4,750)など、特大メニューもあります。

天丼とビールを注文。

参考記事

※1 下総中山(田中家)吉原遊廓の楼主がつくった講の板招き。2019-07-29
※2 成田(歌舞伎役者奉納記念碑)楼名が刻まれています。2019-08-01

タクソノミー(分類)

和食・割烹 浅草一丁目

関連記事(「外食」「台東区」)

上野(純喫茶「古城」)ステンドグラスが美しい老舗喫茶店。
鶯谷(とんかつ店「とん平」)戦後開業の老舗。
浅草橋(すし栄)かつては銀座で数店舗をれん分け。
浅草橋(老舗やきとり店)篠塚稲荷神社の隣。
浅草橋(美家古寿司本店)創業は文化年間。風情のある路地。
上野(老舗洋食店「とうかい」)小ぶりながらも味は絶品。
上野(カレー専門店「クラウン」)王冠のマークが目印。
浅草(尾張屋本店)明治3年の創業。荷風が通った店。
浅草(正直ビアホール跡)昭和の初期から続く名店。
浅草(三定)日本最古の天ぷら老舗。特大メニュー。
浅草(食堂「筑波」)2階部分に大看板。手作り感のある暖簾。
吉原(カツ専門店「日の出」)GHQからの手紙。
鶯谷(鍵屋)江戸時代創業の居酒屋。黒板塀に徳利。
吉原(土手の伊勢屋)明治22年、吉原大門に創業。
浅草(どぜう「飯田屋」)永井荷風がよく訪れた店。
浅草(アリゾナキッチン)永井荷風に愛された洋食屋。
浅草(神谷バー)電気ブラン。浅草の近代百年の盛衰。
吉原(桜鍋料理の専門店「中江」)明治38年創業。

船橋(割烹旅館玉川)大正10年に営業を開始。国登録有形文化財。

今回は、船橋(千葉県船橋市)の町並みを散歩します。
船橋駅の南側。国道14号線(旧道)沿いから少し南は入ったところに、割烹旅館玉川があります。

風情のある和風旅館の建築です。

玄関付近。

割烹旅館玉川は、大正10年に営業を開始。内部は意匠の凝った小部屋が迷路のように配されています。かつて、この付近は埋め立てが行われる以前は海岸線であったことを偲ばせてくれる建物です。現在は、国登録有形文化財になっています(案内板より)。

佐原(桶松)老舗和食店。伝統の味。

佐原市街の中心部にある老舗和食店。

人気メニューは丼物です。

かつ丼と日本酒を注文。

伝統の味を堪能させて頂きました。

タクソノミー(分類)

和食・割烹 佐原イ

関連記事(「外食」「香取市」)

佐原(桶松)老舗和食店。伝統の味。

佐原(花街の裏通りの飲食街)小料理屋。焼肉会館。

かつての花街だった通り※1 の裏道を入ると飲食店街になっています。

春の家。

小料理屋。

焼肉会館の通りをさらに先へ進むと、小野川沿いの「カメラの三越」※2の前へ出ます。

成田(花崎町の飲み屋街)丸窓のお宅。小料理屋の看板。

赤線があったとされる花崎町の飲み屋街。※1

かすかに残る小料理屋の看板。

玄関脇に丸窓が二つ。

現在も原型をとどめています。

成田(居酒屋大ちゃん)京成成田駅前の老舗。

京成成田駅前。写真奥は、開運橋(歩行者専用で、前後が階段)です。

居酒屋大ちゃん。

価格もお手ごろです。

もつ煮込みとやきとり、ビールを注文。

タクソノミー(分類)

飲酒 花崎町

関連記事(「外食」「成田市」)

成田(居酒屋大ちゃん)京成成田駅前の老舗。

下総中山(こみち通り)飲食店やスナックが密集。

今回は、下総中山(千葉県船橋市)の町並みを散歩します。
JR下総中山駅前にある、通称「こみち通り」と呼ばれる飲み屋街は、小規模ながら飲食店やスナックが密集している通りです。

西側の通りにもスナックが連なります。

駅側に回り込んだ路地。

木造家屋のスナック店。

西船橋(ホルモン酒場「フ)ナバシ屋」)昭和27年創業。

西船橋駅前にあるホルモン酒場の「フナバシ屋」。

昭和27年の創業です。

居心地の良い店内。

焼き鳥7本盛りと日本酒を注文。

西船橋(女流棋士の店)予備校の大きなビル。

今回は、西船橋(千葉県船橋市)の町並みを散歩します。西船橋駅前の通りは、予備校の大きなビル、大型の娯楽ビル※1(写真左側)など多彩な顔ぶれです。

交差点の角を曲がったところ。雀荘が入っている雑居ビル※2です。最近は女流棋士が増えているようです。

店の前に多数の写真が張り出されています。

3が雀荘、4Fが風俗店受付です。

船橋(花生食堂)渋い外観に圧倒されます。

京成船橋駅近くの商店街(写真左奥に見えるのは京成線のガード)。このあたりまでくると人通りが多くなります。

渋い外観に圧倒されます。

奇跡的に残っている昭和の風景です。

親子丼とビールを注文。

歌舞伎町(バッティングセンター)レトロな娯楽センター。

歌舞伎町の北側にある新宿「バッティングセンター」。
1978年に開業しました。*1

入口。

長嶋茂雄と思われる絵看板。

最近は、ストレス発散の場として利用されているようです。

参考文献

*1 新宿メトログループ 新宿メトログループ ホームページ
企業概要 沿革 1978年 新宿バッティングセンター建物完成に伴い開業

タクソノミー(分類)

野球 歌舞伎町二丁目

関連記事(「スポーツ」「新宿区」)

歌舞伎町(バッティングセンター)レトロな娯楽センター。
高田馬場(国旗掲揚塔)1964年東京オリンピック記念。

歌舞伎町(新宿センター街)思い出の抜け道。

今回は、歌舞伎町(東京都新宿区)の町並みを散歩します。
風林会館前に、現在も闇市の風情を残す横丁が残っています。*1※1
最近、「思い出の抜け道」と書かれたゲートができ、整備されたました。

少し奥へ進むと、以前の雰囲気が残っています。

南側の通路。

屋台のような店舗も健在です。

千葉(阿づ満庵)老舗蕎麦店。蓮池の提灯。

千葉市中央区の繁華街。この辺りは、かつて蓮池花街だったところです。

老舗の蕎麦店。

蓮池の提灯が似合います。

名物の箱蕎麦を注文。

タクソノミー(分類)

蕎麦 中央

関連記事(「外食」「千葉市中央区」)

千葉(阿づ満庵)老舗蕎麦店。蓮池の提灯。

千葉(院内のスナック街)3階建ての建物。

3階建ての建物。

前面がピンク色のスナック。アパートのような奥行のある建物です。

上の写真の建物の左側。小さな路地になっています。

千葉(栄町のスナック長屋)3階建ての木造建築。

栄町の歓楽街の東側の一画。Y字路に沿ってスナックが建ち並んでいます。

3階建ての木造建築。

角を曲がるとさらにスナック店舗が続いています。

建物の間の小路。

池袋(激安居酒屋)食券にテーブル番号を書きます。

池袋駅北口前の2階に珈琲「伯爵」が入るビル。

地下1階に24時間営業の居酒屋があります。3杯券、5杯券など、とにかく飲み物が安いのが特徴です。

えだまめ250円など、つまみも安価です。

食券を買って、それにテーブル番号を書いて注文カウンターへ持っていくのがルールです。
ホッピーセットと枝豆、そして、人気メニューのかけそば(200円)を頂きました。

銀座(名店「三州屋銀座店」)1968年創業の老舗割烹。

銀座2丁目の並木通りにある細い路地の突き当りに、名店「三州屋銀座店」があります。奥まった場所にあるから昼から呑むには都合がいいそうです。*1

1968年創業の老舗割烹です。*1

名物は鳥豆腐、カキフライなど。*1

店の入口から、路地を振り返ったところ。

銀座(金春小路)かつては置屋や待合が並ぶ花街。

かつて、置屋や待合が並ぶ花街だった銀座8丁目の金春通り。近くには、銭湯の金春湯もあります。※1
金春小路(こんぱるこうじ)と書かれた小さな看板。

小路の入口は非常に小さく目立ちません。

かつての花街の路地は、現在はバーやクラグが引き継ぐ夜の街の路地となっています。*1

L字型の路地はさらに奥へ続き、反対側の通りへ出ます。

銀座(三原小路隣の袋小路)2階建ての長屋形式の店舗。

今回は、銀座(東京都中央区)の町並みを散歩します。
三原小路近くに今も奇跡的に残る袋小路があります。
明治の終わりころ、この付近には、質商「江島屋」が所有する大規模な土地がありましたが、質商は、農地解放とともに施工された戦後の財産税でことどとく土地を失い、この路地が誕生しました。*1

半世紀ほど時間が巻き戻ったようなゲート状の看板。*1

袋小路になった路地。

2階建ての長屋形式の店舗。周囲のビルとの景観のギャップの大きさには感動します。

日本橋(老舗カレー店)開業50周年