波止浜(バーの建物)1階はタイル貼り。

かつては、波止浜の中心街だった本町の通り。通りの中ほどに、美容院の建物があります。

1階はタイル貼りのバーが併設されています。

2階は紫色です。

カラフルなタイル。

カテゴリ

飲食店舗 波止浜

この記事を参照している用語

波止浜

波止浜(スナック店)和風・洋酒

波止浜の本町通り。
昭和30年代の終わりころには、本町は、波止浜の町の中心でした。*1

洋酒の店。

2階にスナックが入っているビル。

1階は、飲食店だったようです。

カテゴリ

飲食店舗 波止浜

この記事を参照している用語

波止浜

参考文献

*1 2.波止浜のくらし: えひめ、昭和の街かど (2.波止浜のくらし,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.117 昭和30年代の終わりころには、波止浜の町の中心は本町通りでしたが、その後塩田跡が埋め立てられ、…

波止浜(旅館「一茶亭」跡地)芸者さんがいた町

今回は、波止浜(はしはま、愛媛県今治市)の町並みを散歩します。
江戸時代の波止浜は、製塩の町で、同時に瀬戸内海航路の潮待ち・風待ちの港町としても発展しました。*1
小高い山の上(写真左上)には、戦前、一茶亭というわら屋根の旅館があって、町や港を見渡すことができる旅館なので、船で波止浜に来た人や芸者さんと遊んだりする人がここに泊まったそうです。*2

現在、丘の上は、駐車場になっています。

駐車場から造船所のドックのクレーンが見えます。

井戸。波止浜の町は埋め立てて造成されたたため、飲料水や生活用水を確保することは重要でした。*3

カテゴリ

花街·花街跡 波止浜

この記事を参照している用語

今治 波止浜

参考文献

*1 (1)町並みの成立のと発展: えひめ、昭和の街かど ((1)町並みの成立のと発展,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.111 波止浜の名は、江戸時代、町場を波止町、塩田を浜と呼んだことから、合わせて波止浜と呼ぶようにな…
*2 (2)あの店、あの仕事: えひめ、昭和の街かど ((2)あの店、あの仕事,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.112 仲之町 来島会館は、小高い山の上にありました。ここに戦前は一茶亭というわら屋根の旅館がありま…
*3 2.波止浜のくらし: えひめ、昭和の街かど (2.波止浜のくらし,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)
P.117 昭和30年代の終わりころには、波止浜の町の中心は本町通りでしたが、その後塩田跡が埋め立てられ、…

今治(大黒湯)タイルで装飾された円柱

今治市の本町六丁目。海に近いあたりに銭湯の大黒湯があります。

道路沿いの銭湯。

入口の円柱は、松山の祇園湯※1 と同じ特徴です。

見ていると目が回りそうなタイルの装飾。

カテゴリ

銭湯 今治

この記事を参照している用語

祇園湯 今治 松山

参考記事

今治(明星観光)キャバレー跡。

栄町の歓楽街の隣の通り(今治市室屋町2丁目)。ここにかつてのキャバレーの建物が残っています。

「明星観光」と大きな文字で書かれた商業ビル。黒とオレンジのコントラストが強烈です。

現在は、「カラオケランド明星」が営業中です。

入口には、キャバレーの看板。かつての栄華が偲ばれます。

カテゴリ

社交場 今治

この記事を参照している用語

今治

今治(今治ラヂウム温泉本館)登録有形文化財

今治市街の歓楽街、共栄町に残る今治ラヂウム温泉本館。その特異な外観の建物は、今治で戦前より残るランドマーク的な存在です。*1

ホテルと温泉が一体となった娯楽施設です。現在は閉館している模様です。

レンガ造りの煙突。

売店。

カテゴリ

娯楽文化 今治

この記事を参照している用語

今治

参考文献

*1 今治ラヂウム温泉本館: *文化遺産オンライン (今治ラヂウム温泉本館,) リンク
今治の中心市街地に建つ鉄筋コンクリート造銭湯施設。陸屋根の本体中央に五角形平面に六角形平面を重ねた…

今治(駅前の青線跡)水着の女性

今治駅前の青線跡の建物。※1 木造二階建てです。

18歳未満お断りのプレート。

年季の入ったスタンドの入口。

窓が壊れた廃屋は、内部が露出している状態です。水着の女性のポスターが貼られています。

カテゴリ

赤線·私娼跡 今治

この記事を参照している用語

今治

参考記事

今治(駅前の青線跡)

今回は、今治(愛媛県今治市)の町並みを散歩します。
今治駅前に残る長屋建物。地元の方の話によると、かつては数軒の旅館があって、非公認の女性街だったそうです。

南側から。

営業中のスナックもあります。

北側にももう一軒あります。

カテゴリ

赤線·私娼跡 今治

この記事を参照している用語

今治

この記事を参照している記事

道後(道後稲荷神社)大阪南地寄進の玉垣

道後温泉駅前にある道後稲荷神社。

百度石。

大阪南地が寄進した玉垣。
南地は、1872年に指定された五花街(曽根崎新地、南地、新町、堀江、松島)の一つで、五花街のうちでも華やかで濃艶な花街でした。*1

他にも、料理屋が寄進した玉垣があります。

カテゴリ

信仰・寄進 道後

この記事を参照している用語

道後

参考文献

*1 大阪の近代: 大阪の近代 (大阪の近代,2013)大都市の息づかい
P.111-P.116 1872年に、大阪府は「所定箇所意外ノ遊所禁止」を公布し、遊所指定地は、曽根崎新地、南地、…

道後(道後城)五層の天守

道後温泉から瀬戸風峠※1 を超え、さらに北側(松山市下伊台町) へ進むと、住宅街の北側に「道後城」の城跡があります。西側は赤鯉池、東側は山に囲まれています。

五層の天守。

大規模な石垣。

城跡は、元ラブホテルの建物で、2009年に競売にかけられました。*1

カテゴリ

未分類 道後

この記事を参照している用語

松山 道後

参考文献

*1 マイナビニュース 2009/02/12: マイナビニュース 2009/02/12 (マイナビニュース 2009/02/12,2009)愛媛県が差し押さえの元ラブホテル「道後城」、ヤフオクで競売へ リンク
愛媛県庁は10日、県税滞納者から差し押さえた元ラブホテルについて、「Yahoo!オークション」の「官公庁オ…

参考記事

道後(瀬戸風峠)松山市街地を見下ろす絶好の場所です

今回は、道後(愛媛県松山市)の町並みを散歩します。
道後温泉の北側郊外。ため池の脇の山道を登ります。

1本道の山道が続きます。

道後温泉から歩きはじめて約1時間。ようやく瀬戸風峠に到着しました。

この峠は、標高210mで、松山市街地を見下ろす絶好の場所です。市街地の中心に位置する松山城から北東の方角に約3km離れていて、最も手前に見えるビル群は、かつて伊台・五明方面から道後や城下に通じる交通の要衝でした。(案内板より)

カテゴリ

集落 道後

この記事を参照している用語

松山 道後

この記事を参照している記事

松山(祇園湯)タイルに円柱。

松山市祇園町にある銭湯の祇園湯。

タイルで装飾された入り口。中央の大きな円柱が特徴です。

最寄りの駅はいよ鉄のいよ立花駅ですが、松山市街からも徒歩で行ける位置です。

年季の入った感じの脱衣場。

カテゴリ

銭湯 松山

この記事を参照している用語

松山

この記事を参照している記事

松山(キャバレー)赤と緑のネオン看板

三番町二丁目の「キャバレームーン」のある通り※1 の北側の通り。

キャバレー三昧。

夜になると開店します。

赤と緑のネオン看板。

カテゴリ

社交場 松山

この記事を参照している用語

松山

参考記事

松山(クラブムーン)老舗キャバレー

今回は、松山(愛媛県松山市)の町並みを散歩します。
三番町二丁目の南側の歓楽街。飲食店が立ち並びます。

キャバレー「ムーン」。昭和40年の市街図*1 にも記載されている老舗です。

クラブムーンの大看板。

ハワイの看板。付近にハワイの店舗は見あたりません。

カテゴリ

社交場 松山

この記事を参照している用語

松山

参考文献

*1 変わりゆく街角 心に残る風景 : 住宅地図にみる松山市<昭和から平成> 其の4(永木町・枝松): 変わりゆく街角 心に残る風景 : 住宅地図にみる松山市<昭和から平成> 其の4(永木町・枝松) (変わりゆく街角 心に残る風景 : 住宅地図にみる松山市<昭和から平成> 其の4(永木町・枝松),)
三番町二丁目の南側の一画に、スナック・キャバレーと思われる屋号の記載。

この記事を参照している記事

宇和島(築地建設記念の石碑)築地花街

宇和島市築地町の北側(住吉町2丁目)にあるホテルコーラル宇和島。

駐車場の隅に石碑があります。

「築地建設記念」と彫られています。

石碑には、「昭和四年宇和島市港湾改修ノ進捗ニ伴ヒ須賀川附替ノ議決スルヤ河身北陽ヲ貫クヲ以テ市長山村豊次郎深ク之ヲ憂ヒ関係業者ヲ融通シテ花街移転ノ計画を樹ツ...(後略)」と移転の経緯が説明されていて、この碑が、築地花街が建設されたことを記念して建てられたことがわかります。

須賀川は、降雨の際の大量の土砂が港の機能を失わせることから、幕藩時代から伊達家により附替が計画されていましたが、昭和の時代になりようやく実現されることとなりました。そのとき問題となったのが須賀川の付替えによりその場を失うことになる北陽花街の移転問題でした。移転先の築地が未開の地であることから、反対意見があり、結局、築地に移転する業者と北陽に残る業者に分かれることとなりました。*1
昭和6年の古地図*2 を見ると、建設中の須賀川と北陽、築地の両花街が記されています。
【参考文献】
*1 宇和島市誌編さん委員会:宇和島市誌(宇和島市,1974)P.200-P.217
*2 宇和島市街地図(1931)

カテゴリ

花街·花街跡 宇和島

この記事を参照している用語

北陽花街 宇和島

宇和島(凹凸寺資料館)お前とわたしは石臼夫婦

北新町から須賀川沿いを歩いていくと、凹凸神堂があります。
凹凸神堂は、世界最高の性文化財資料館です。*1

お前とわたしは石臼夫婦。重ねて廻して子をつくる。

石臼を散りばめた庭園があります。

中央の大きな石臼の上には、男性のシンボルが...。

【参考URL】
*1 多賀神社、凹凸神堂ホームページ

カテゴリ

性神 宇和島

この記事を参照している用語

宇和島

宇和島(料理屋「月ヶ瀬」の隣の民家)花街の雰囲気が残っています。

北新町にある料理屋「月ヶ瀬」の隣にある民家。

花街の時代を想わせます。

2階部分に手摺りがある家です。

玄関付近。

カテゴリ

花街·花街跡 宇和島

この記事を参照している用語

宇和島