亀戸(亀七通り商店街)亀戸七丁目

江東区亀戸7丁目にある亀七通り。インパクトのある看板です。

看板の派手さに比べると、通りは殺風景です。

飲食店の他、商店が建ち並びます。

反対側(国道14号線沿い)のゲート。

カテゴリ

商店街 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸

亀戸(旧遊廓跡地の蕎麦屋)3階建て

亀戸の旧赤線区域。特殊喫茶店「大福」があった場所に建つ蕎麦屋の建物。

3階建てだと思いますが、4階建てにも見えます。

1階は、蕎麦屋さん。

ざる蕎麦を注文しました。

カテゴリ

食文化 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸

亀戸(赤線跡)可憐な概観を持つ建物

亀戸の旧銘酒屋街。
「赤線跡を歩く」*1 で紹介されている「可憐な概観を持つ建物」が現在も残っています。

当時は、建物の左上部分に「双葉」と書かれていました。*2

タイルの装飾をコンクリートでくりぬいたような窓のデザインは同時のままです。*2

奥行のあるアパートの建物。

カテゴリ

赤線·私娼跡 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸

参考文献

*1 木村聡: *赤線跡を歩く (自由国民社,1998)消えゆく夢の街を訪ねて
P.27 ・可憐な概観を持つ建物。コンクリートをくり抜いたような窓。 ・何気なくのぞいた倉庫の中にタイ…
*2 小沢昭一: *珍奇絶倫小沢大写真館 (筑摩書房,2006)
P.224 亀戸 赤線跡「双葉」の写真。 売春防止法で、一番最初に完全転業した街。外は昔を偲べても内は工…

亀戸(三業地跡)亀戸天神の裏の通り

かつて、亀戸天神裏の通りには、三業地が広がっていました。*1

料亭「寿々代」。
以前は、この建物の東隣の交差点の角にありました。*1*2

旧三業組合の建物※1 の隣にある料亭「七福」。

写真左手には、数年前まで、富久家の建物*1*2※2がありましたが、現在は更地になっています。

 

カテゴリ

花街·花街跡 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸花街 亀戸

参考文献

*1 木村聡: *赤線跡を歩く (自由国民社,1998)消えゆく夢の街を訪ねて
P.27 ・可憐な概観を持つ建物。コンクリートをくり抜いたような窓。 ・何気なくのぞいた倉庫の中にタイ…
亀戸三業組合 料亭「富久家」「七福」「寿々代」 天狗湯 の記載

参考記事

亀戸(城東三業組合事務所跡)江戸時代から発展

今回は、亀戸の町並みを散歩します。
亀戸天神社裏のこの通りは、かつては、料亭が建ち並ぶ亀戸花街の中心部でした。*1

城東三業組合事務所(見番)があった建物。*2

現在は、亀戸三丁目自治会館として使われています。

この通りの北側が旧亀戸の赤線地帯です。

カテゴリ

花街·花街跡 亀戸

この記事を参照している用語

亀戸花街 亀戸

参考文献

*1 亀戸花街の沿革: *東都芸妓名鑑 (亀戸花街の沿革,1930) リンク
この地が花街として発展したのは、寛政年間からであって、各所に散在していたのがいつの頃よりか、今日の…
*2 上村敏彦: *花街・色街・艶な街 色街編 (街と暮らし社,2008)
P.100 城東三業組合事務所(見番)があった建物。現在は、亀戸三丁目自治会館として使われている。

この記事を参照している記事

門前仲町(深川江戸資料館)天保の終わり頃の深川の町再現

江東区深川江戸資料館。江戸深川の町が再現されています。

土蔵が町並みから突出してたち、その右手前二棟は長屋、奥に火の見櫓が見えます。*1

船宿の猪牙舟(ちょきぶね)。

天保の終わり頃の深川の町が再現されています。*1

【参考文献】
*1 藤沢周平:深川江戸散歩(新潮社,1990)P.58-P.67

カテゴリ

街道·街路の町 門前仲町 深川

この記事を参照している用語

門前仲町

門前仲町(洲崎遊廓寄進の墓)浄心寺

深川の北側(江東区平野)の浄心寺に洲崎遊廓の関係者が寄進した墓があります。

カフェー組合の名。

貸座敷と刻まれています。

台座には、妓楼の屋号が刻まれています。

カテゴリ

信仰・寄進 門前仲町

この記事を参照している用語

門前仲町

門前仲町(清住庭園東側共同ビル)3階建ての長屋建築

清澄庭園の東側に、レトロな2階建ての長屋建築が残っています。

2階建てですが、所々3階建てに建て増しされいて、全体としては3階建てと言ってよいと思います。

壁面の装飾。

1階部分は、商店が入っています。

カテゴリ

商店街 門前仲町 清住庭園東側共同ビル

この記事を参照している用語

門前仲町

門前仲町(三角屋敷跡)東海道四谷怪談の舞台

深川には、「東海道四谷怪談」の第4幕の舞台「深川三角屋敷」が実在します。現在、三角形のビルが建っている場所です。*1*2*3
お岩の妹であるお袖は、夫の与茂七は殺されたと信じ込み、敵討を誓ってくれた直助と暮らしています。
二人の夫婦生活は深川の三角屋敷で営まれましたが、三角屋敷の辺りには、直助屋敷とも直助長屋とも呼ばれる淫売婦の巣がありました。*4

現在の深川一丁目五番地のあたりです。

三角屋敷があった場所の三角形の底辺部分。

反対側は高速道路に面してします。

【参考文献】
*1 塩見鮮一郎:四谷怪談地誌(河出書房新社,2008)P.161-P.163
*2 花咲一男:川柳雑俳江戸岡場所図絵(有光書房,1974)P.38
*3 新創社:東京時代map.大江戸編(光村推古書院,2005)P.45,P.47
※ 「江戸岡場所図絵」*2 には、江戸時代の古地図に●印で岡場所があった場所が記されています。これと「東京時代map」*3 を重ね合わせることにより、現在の場所を推定することができます。
*4 高田衛, 吉原健一郎:深川文化史の研究 下(東京都江東区総務部広報課,1987)P.238

カテゴリ

伝承 門前仲町 深川

この記事を参照している用語

三角 門前仲町

門前仲町(辰巳新道のトイレ)従業員用

辰巳新道には、2か所にトイレがあります。

公衆トイレではなく、従業員用です。

東側にもう一つのトイレ。

気分が悪くなったときは、バケツにしてから女子トイレに流します。

カテゴリ

公衆トイレ 門前仲町

この記事を参照している用語

門前仲町 辰巳新道

門前仲町(辰巳新道)昭和26年に作られた屋台街

門前仲町2丁目にある辰巳新道。昭和の風情が残る飲み屋横丁です。

辰巳新道は、昭和26年に屋台を集め、一軒三坪が基本の長屋として作られ、当時は、花屋、菓子屋、紳士服テーラーなどもありました。*1

写真の「鳥信」は、辰巳新道の中でも古い店だそうです。*1

提灯。

カテゴリ

飲食街·横丁 門前仲町 深川

この記事を参照している用語

門前仲町 辰巳新道

門前仲町(釣船橋の風景)江戸の深川の思わせる風景

今回は、深川(東京都江東区)の町並みみと風俗を散歩します。
地下鉄東西線の門前仲町駅の南東方向に釣船橋があります。

乗船場の看板。

付近には、釣り船や屋形船が停泊しています。

江戸の深川の思わせる風景です。

カテゴリ

街道·街路の町 門前仲町

この記事を参照している用語

門前仲町

洲崎(洲崎球場跡)遊廓のそばにあった野球場

東陽町の運転免許センター前の通り。

現在は、企業のビルが建ち並ぶ場所ですが、2005年、ここに洲崎球場跡の碑ができました。

プロ野球草創期に、1年間で100試合近くの公式戦が行われた有名な球場ですが、埋立地につくられたため、海水が満ちてきて試合が中止になったなど、強烈なエピソードを持っています。*1

球場のすぐそばには洲崎遊廓がありました。堅物というイメージの強い巨人軍の沢村栄投手もたまに試合後に通っていたそうです。*1

*1 佐野正幸:あの頃こんな球場があった(草思社,2006)P.193-P.199

カテゴリ

娯楽文化 洲崎

この記事を参照している用語

洲崎

洲崎(外郭の飲み屋街)「洲崎パラダイス」の舞台

洲崎橋跡の右手(西側)の通り。

こじんまりとした一杯飲み屋が軒をつらねている一画があります。

映画「洲崎パラダイス」の舞台となったと思われる飲み屋街です。*1

飲み屋街の中央には、トイレがあります。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.14-P.17

カテゴリ

飲食街·横丁 洲崎

この記事を参照している用語

洲崎

洲崎(追善供養碑)崎病院の跡地

都営洲崎住宅に隣接する東陽一丁目第二公園。ここに、洲崎遊廓の娼妓の供養碑があります。

ここは、警視庁洲崎病院の跡地です。*1

白菊の花にひまなくおく露は なき人しのぶなみだなりけり
昭和六年十一月九日
信州善光寺大本願大宮尼公台下御親修
洲崎遊廓開始以来先亡者
追善供養執行記念
善光寺より僧を招いて、開業以来廓で亡くなった無数の娼妓の霊をなぐさめるための法要を行った際の供養碑です。*1

洲崎遊廓の建物は、戦災ですべて焼失しましたが、そのような状況の中、戦前の様子を知る唯一の手がかりとなるものです。

【参考文献】
*1 岡崎柾男:洲崎遊廓物語(青蛙房,1988)P.276-P.279

カテゴリ

墓・供養塔 洲崎

この記事を参照している用語

洲崎遊廓 洲崎

洲崎(遊廓跡地)多くの建物が姿を消しました。

数年間のうちに、赤線跡の建物の多くが姿を消しました。

ここには、アパートとして使われていた青いタイルの建物がありましたが、新しい建物に建て替えられました。

洲崎の赤線跡を代表する旧「大賀」の建物も無くなり、現在は更地になっています。

ラーメン屋「来々軒」は、とんかつ屋に変わっています。唯一、背後に見える八百屋の建物は以前のままです。

カテゴリ

遊廓·遊里 洲崎

この記事を参照している用語

洲崎

洲崎(電柱のプレート)「遊園」の名

旧洲崎遊廓の敷地の電柱には、2種類のプレート貼り付けられています。
一つは「南海」、そしてもう一つは「遊園」です。

亀戸の私娼街だった亀戸遊園地(現在は住宅街)の電柱には、「遊園地」と書かれたプレートがありましたが、洲崎の遊園地も亀戸遊園地*1 と同じように、『大人向け遊園地』という意味の名前だったのでしょうか。

手書きの「遊園」のプレート。

「遊園」のプレートがあるのは、戦後復興したと言われる東半分のエリアのみです。西側半分側の電柱のプレートはすべて「仙印」と書かれています。

【参考文献】
*1 風俗散歩(亀戸):「遊園地」と書かれた電柱のプレート

カテゴリ

赤線·私娼跡 洲崎

この記事を参照している用語

洲崎遊廓 洲崎

洲崎(南開橋)モクレンの花が満開です。

今回は、洲崎(東京都江東区)の町並みと風俗を散歩します。
旧洲崎遊廓の南端にある南開橋。汐浜運河にかかる橋です。

運河を渡る南開橋は高い位置にあるので、ここから洲崎遊廓があった方向を眺めると、橋からは下り坂になっています。

現在、汐浜運河となっている場所は、昔は海でした。

モクレンの花が満開です。

カテゴリ

街道·街路の町 洲崎

この記事を参照している用語

洲崎遊廓 洲崎