網走(中川稲荷)網走神社の境内

網走神社の境内社である網走護国神社。

網走護国神社の敷地の中に中川稲荷があります。

中川稲荷は、網走の女傑、中川イセに因んだ稲荷です。
中川イセは、1901年(明治34年)山形県天童市生まれで、網走の遊廓「金松楼」にいましたが、戦後、網走市議に当選し、その後連続7回当選。網走監獄保存財団理事長を務めました。*1

現在でも山形県人会の人たちが参拝されているようです。

【参考文献】
*1 山谷一郎:岬を駈ける女(はたもと出版,1992)P.270

網走(一ノ湯)コンクリート製の四角い煙突

網走市街の南四条。銭湯の一ノ湯があります。

昭和3年の「網走市街明細図」*1 にも記載されている銭湯です。
立派なビル型の銭湯ですが、現在は休業中です。

入口は、男湯と女湯で分かれています。

コンクリート製の四角い煙突。

【参考文献】
*1 昭和3年(1928)発行の『網走市街明細図』(復刻版)

網走(ロマン書房)道路沿いの飲み屋街

道路沿いに残る古い飲み屋街。

「男専ロマン書房」。大人向けの書店のようです。

建物の裏側は空地になっています。

「ロマン書房」の看板。ロの字は、ハートマークでデザインされています。大人のおもちゃやアダルトビデオも取り扱っている模様です。

網走(楽天地)南五条西

網走市南五条西に、楽天地と呼ばれる飲食ビルがあります。

横丁の奥には、「楽天地組合」と書かれた看板があります。

横丁の天井部分。

夜になるとネオン看板が点灯します。

網走(網走遊廓跡地)網走刑務所

網走に遊廓ができたのは明治25年頃で、旧網走駅からすぐの場所にありました。<br> 当時の網走村の人口は、わずかに600人、その大半は先住民のアイヌ人でした。それが遊廓ができることによって、2年後には人口1700人に増えました。網走に遊廓ができた理由は、網走刑務所という国家機関ができたことによって、先行き必ず発展するであろうという思惑があったことの他に、刑期を終えて監獄から放免された者が、町に入って婦女子に対しの性犯罪を防止する、防波堤として認可されたという説があります。*1<br>


<br> 「網走市街明細図」によると、網走遊廓は、現在の網走市南三条西にありました。この付近(写真左の交差点の角)には、金松楼がありました。*2 <br>


<br> 越中楼があったあたり(写真左奥)。*2 <br>


<br> 北越楼があったあたり。*2<br>


<br>【参考文献】<br>*1 山谷一郎:岬を駈ける女(はたもと出版,1992)P.24-P.27<br>*2 昭和3年(1928)発行の『網走 市街明細図』(復刻版)