黒石(中村旅館)手摺の低い階段

中村旅館の玄関を入ると、目の前に赤い漆塗の階段があります。

漆がすり減った手摺はとても低く、遊女がここに並んでお客様を出迎える顔見せの場所だったともいわれています。*1

2階から階段を見下ろすと、急な階段であることを実感できます。

2階の階段部分。

【参考文献】
*1 まるごと青森:遊郭の雰囲気残る、黒石市の「中村旅館」

黒石(中村旅館)旧「松月楼」

黒石のこみせ通りの南東方向の浦町1丁目にある中村旅館。木造の建物が印象的です。

昭和9年の諸統計*1 によると、黒石には、「松年楼」「大盛楼」「一金楼」「花月楼」の4軒の遊廓がありました。地元の方の話によると「松年楼」は誤りで「松月楼」が正しく、中村旅館の前身は、この「松月楼」でした。

歴史を感じる玄関の門。

地元の方の話によると、当時は、この通り沿いに遊廓が建ち並んでいました。
「産業の黒石(昭和13年刊)」*2 によると、裏町花街の青楼は、「松月楼」「村上楼」「相金楼」の3軒で、量より質といったかたちで十数名の酌女が競っていました。

【参考文献】
*1 中村元吉:警察史余話第一集 売春三百年史(中村元吉,1959)P.87
*2 津軽実業新報社: 産業の黒石(津軽実業新報社,1938)P.39