木造(旅館銀嶺)戦前のカフェー銀嶺を建て替え

木造町の中心街の有楽町(うらくまち)。


戦前に営業していたカフェー銀嶺は、戦後まもなく食堂喜楽として創業しました。カフェー当時のモダンな建物の一部を利用して営業していたのですが、昭和33年に旅館銀嶺として営業をはじめ、同58年に全面改装して現在に至っています。*1


レストランも併設されているようです。


旅館銀嶺の看板。

 

【参考文献】
*1 岩崎繁芳:五所川原・つがる・西北津軽今昔写真帖(郷土出版社,2009)P.116