石巻(鳥屋神社)旭町

かつて遊廓があった旭町の北側の入口付近。JR石巻線の踏切を渡ったところに、鳥屋神社があります。

鳥屋神社の境内には、古い時代の旭町を想起せしめるものとして、鎌倉期から南北朝時代にかけての造立の板碑がたっています。*1

蛇田町の石柱。

寛文六年(1666年)当時、自分の馬で宿場と宿場間の貨客を運ぶ伝馬役に従事していた石巻村の農民は、所有田畑が僅少で生活が苦しいため、伝馬役の継続は不可能の旨を上申。仙台藩は、彼らに蛇田村の全耕作地の三分の二を与えて伝馬役を継続させ、蛇田村の農民には石巻村続きの蛇田村へ移住させての内を与え、宿場並みの町に整備した。明治二年の地租改正によって石巻村へ編入された蛇田町には、県風紀条例改正に伴い、同じ二十二年石巻の全遊廓が移転。以後旭町と改称された。(案内文より)

【参考文献】
*1 紫桃正隆:大河の四季 石巻地方の史談と遺聞(宝文堂出版販売,1984)P.104-P.110

石巻(石巻遊廓跡地)旭町

石巻市旭町は、江戸時代は蛇田町と呼ばれ、石巻の玄関口として大いに繁盛しました。当時、蛇田町のまわりは濠、土手などで厳重に包み込まれ、町の入口には南北ともに番屋が置かれ、通行人は、きびしくチェックを受けました。一ノ関街道への出入には必ずこの町を通らねばならず、そのねらいは旅人改めに置かれていました。1
大正14年10月28日の「大日本職業別明細図 石巻町」
2 に現在道路となっている(写真の左右)の南側入口あたりには、運河があり、それを渡る橋がかけられていました。

同じ場所を東側(運河があったと思われる場所)から見たところ。(写真の左奥は、久円寺がある方向)

明治の中期になると、蛇田町ならず隣の横町一帯は「花街」として生まれ変わります。蛇田町は酔客で賑わうようになりました。「花街」ともなれば蛇田町では無酔に聞こえるため、旭昇天の繁栄が期待できる「旭町」と改名されました。*1

北側から見た旭町。

【参考文献】
*1 紫桃正隆:大河の四季 石巻地方の史談と遺聞(宝文堂出版販売,1984)P.104-P.110
*2 東京交通社:大日本職業別明細図 宮城県(東京交通社,1925)石巻町

石巻(割烹「滝川」)「縮図」のモデル?

石巻市中央1丁目にある割烹「滝川」。釜めしが名物です。地元の方の話によると、徳田秋声の「縮図」のモデルとなった店だそうです。

「縮図」には、石巻の釜飯屋が登場します。*1
「話がはずんでいるところへ、今日も罐詰屋の野良息子が顔を出し、ちょっとふてぶてしくも見える青年が、壁ぎわの畳敷きにあぐらを組んで葉巻をふかしているのを見て、戸口に躊躇した。彼はなんという目的もなく、ただ銀子が好きで、分寿々廻家へもひょこひょこ遊びに来、飯を食いに銀子を近所の釜飯屋へ連れ出し、にやにやしているくらいがせいぜいであった。」

落ち着いた店内。

「とり釜めし昼膳」を注文。

【参考文献】
*1 徳田秋声:縮図(岩波書店,1971)P.184

石巻(徳田秋声「縮図」の舞台)かつての料亭街

石巻は、自然主義文学の最高峰・徳田秋声「縮図」の舞台となった町です。1
小説の中では、I町として登場します。
2
中瀬の西側は、石巻市街の中心部で、昭和9年の市街図3 には、春潮楼、満壽田、滝川、八幡家、鳥文、ことぶき、ひよし、亀泉、の料亭が記されています。

通りに面した飲食店。

飲食店の建物脇に、「『縮図』のおもかげ」と題する、案内板が建てられています。

案内板。

「縮図」では、当時の石巻の様子が次のように描かれています。
2
「その後間もなく市政の布(し)かれたこの町は、太平洋に突き出た牡鹿半島の咽喉を扼し、仙台湾に注ぐ北上河の河口に臨んだ物資の集散地で、鉄道輸送の開ける前は、海と河との水運により、三十五反帆が頻繁に出入りしたものだったが、今は河口も浅くなり、回船問屋の影も薄くなったとは言え、鰹を主にした漁業は盛んで、住みよい裕かな町ではあった。」
【参考文献】
*1 橋本晶,石垣宏:写真集明治大正昭和石巻(国書刊行会,1980)P.126
*2 徳田秋声:縮図(岩波書店,1971)P.162
*3 東京交通社:大日本職業別明細図 第358号宮城県(東京交通社,1934)

石巻(中瀬)かつては割烹も営業していた観覧場所

今回は、石巻(宮城県石巻市)の町並みと風俗を散歩します。
石巻の中瀬(なかぜ)は、北上川河口にある中州で、石巻全体のイメージを形づくっています。

東内海橋から住吉町方面(北側)の遠望。かつては、このあたりに、川に張り出したテラスを持つ中瀬の割烹「観月」が営業していて、絶好の観覧場所でした。*1

住吉公園付近から見た中瀬。

現在、中洲には、石ノ森萬画館が建設されています。

【参考文献】
*1 邉見清二:石巻・東松島・女川今昔写真帖(郷土出版社,2009)P.31