原ノ町(遊廓跡地)しらゆりロード

原ノ町では、明治の半ばころから、酌女(のちの酌婦)が現れ、その後、芸妓や娼妓が集まってきては花柳街をつくりあげていました。大正7年の「相馬原町案内」では、料理店4軒、芸妓屋10軒(松亀楼、栄華楼、他)が紹介されています。*1

大正15年の大日本職業別明細図*2 には、松亀楼、栄華楼のおおよその位置が記されています。昭和10年(1935年)の「原町地区商店街地図」と1971年の住宅地図*3 の両方の地図に栄華楼、会津そば屋、小柳屋などが記載されていて、それらの位置関係から、遊廓(松亀楼、栄華楼)は、山家医院があった場所にあったと思われます。現在は、数軒のスナック店や飲食店が建ち並んでいます。(写真の左側が山家医院跡です。)

山家医院は、現在は更地になっています。

この付近の通りは、現在は「しらゆりロード」と呼ばれているようです。


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 原ノ町
■散歩事典 原ノ町
■参考文献
*1南相馬市教育委員会博物館市史編さん係: *原町市史.第11巻(特別編4)旧町村史 (南相馬市,2008)

P.149 明治元年(1686)の戊辰戦争で、領内に新政府軍が多数入ってきたことにより「遊女」が求められ、小高 …

*2南相馬市教育委員会博物館市史編さん係: *原町市史.第11巻(特別編4)旧町村史 (南相馬市,2008)

栄華楼、会津そば屋、小柳屋などの記載。

*3ゼンリン: 原町市・相馬市・小高町・鹿島町 1971 (ゼンリン,1971)

P.23-P.24 栄華楼、会津そば屋、小柳屋などの記載。

原ノ町(朝日座)大正12年、芝居小屋兼常設活動写真小屋として開館

原ノ町市街の中心部。大町1丁目にある映画館の朝日座。2014年に、国登録有形文化財となりました。

レトロな外観。

旭座は、大正12年、芝居小屋兼常設活動写真小屋として「旭座」が開館しました。落成時、坂東勝三郎、中村翫十郎の一座により「旭座舞台開き」が盛大に行われ、娯楽の殿堂としての幕が上がりました。(案内板より)

入口付近。


■カテゴリ 娯楽文化 原ノ町
■散歩事典 原ノ町

原ノ町(玉乃湯)旅館併設

今回は、原ノ町(福島県南相馬市)の町並みを散歩します。仙台駅からJR常磐線で1時間20分。原ノ町駅へ到着です。駅前から西側へ続く商店街を200mほど行きくと、1階に真新しいバーが開業しているレトロなビルがあります。

「旅館玉の湯」。旅館が併設されているようです。

「旅館玉の湯」の正面入口は、脇道を入ったところ。

「TAMANOYU」と書かれています。


■カテゴリ 銭湯 原ノ町
■散歩事典 原ノ町