明野(明野劇場)ストリップ劇場の廃墟

HOTEL「Villaマツノミ」の裏に、ストリップ劇場「明野劇場」の廃墟があります。コンクリート造りの建物の周辺には草が茂っていて、入口の「明野劇場」の文字がかろうじて確認できる状態です。

そもそもこの小屋は、昭和40年代に「明野第一劇場」という名前で芝居小屋として出発しました。やがて大人のためのヌードシアターとして発展。一条さゆりや愛染恭子も踊りにきました。しかし、平成6年6月、客の不入りと官憲の摘発が原因で閉館。翌平成7年1月に火事で全焼しました。*1

ストリップ劇場お決まりのステージ。

トイレ。

【参考文献】
*1 中田薫,中筋純:廃墟本3(ミリオン出版,2009)P.182-P.187


■カテゴリ 劇場 明野
■散歩事典 明野

明野(新井新田のモーテル群)入口に看板

県道45号(つくば真岡線の)沿いの新井新田付近。道路に面してラブホテルがあります。

県道がカーブを曲がるあたりに、ホテルの案内看板があります。ここが入口のようです。

突如、メルヘンチックなホテルが現れます。

さらに、森の中の道を進むと、別のホテルが現れます。いずれもモーテルの形式です。


■カテゴリ ホテル 明野
■散歩事典 明野

明野(森の中のモーテル)二人の愛

今回は、明野(茨城県筑西市)の町並みと風俗を散歩します。
県道45号(つくば真岡線の)沿いの新井新田付近は、ホテル(モーテル)が密集するエリアです。

森の中のレトロなホテル。この周辺には、同様のホテルが数軒密集しています。

ハートのマークの看板。手書き看板が郷愁を誘います。

二人の愛(看板の裏面に書かれています)。


■カテゴリ ホテル 明野
■散歩事典 明野