本庄(飯玉新地)昭和3年、本庄町の貸座敷が移転

本庄市東台2丁目。居酒屋などの飲食店が数店舗あります。

この先の交差点を右折した一画は、かつて「新開地」と呼ばれた場所でした。

昭和3年秋、本庄町の貸座敷は、台町の新開地に移転しました。戦後は、アメリカ軍の本庄進駐に伴い、「慰安所」が設けられました。*1

新開地は、懸賞募集した「飯玉新地」と名付けられました。*1

【参考文献】
*1 本庄市史 P.176-P.187

本庄(普寛霊場)寄進者に吉原の楼名

本庄市中央に、密教の聖地として知られる普寛霊場があります。

220年前に、木曽御嶽山を開闢した普寛様は、商売の神様として知られ、普寛霊場の玉垣には、江戸の昔から公家や大名に始まり、町火消し、日本橋、築地、神田の市場関係者、そして吉原遊女に至るまで上下の別なく名前が刻まれています。*1

新吉原の楼名が刻まれています。

白山の待合の名も確認できます。

【参考文献】
*1 高橋福八:商工会議所だより(本庄商工会議所,2012.6.1)P.3 「普賢様と本庄市の活性化」


■カテゴリ 信仰・寄進 本庄
■散歩事典 本庄

本庄(立小便看板)手作り感のある看板

銀座1丁目の美容室へ続く路地。犬の糞お断りの張り紙があります。

銀座二丁目の民家。こちらには、立小便禁止の張り紙が多数貼られています。

手作り感のある看板。

大きな鳥居。
隣には、「元気グングン! ジンセンアップ」のホーロー看板。 脱線トリオのメンバーであった故南利明さんの笑顔が印象的です。オリエンタルカレーのCMでの名古屋弁のフレーズ「ハヤシもあるでョ~」は有名でした。


■カテゴリ 看板・貼紙 本庄
■散歩事典 本庄

本庄(遊廓跡地)本庄郵便局付近

今回は、本庄(埼玉県本庄市)の町並みと風俗を散歩します。
明治・大正時代、本庄は県北の養蚕地帯の中心都市でした。本庄では、蚕糸の海外輸出から糸ヘンに関するあらゆる業種と仲買、買継業者の数が多く、これらの商取引に付随して利用される料亭、貸座敷、芸妓置屋が多数存在したのもこの町の特徴でした。*1

現在の本庄郵便局があるあたりには、貸座敷の杉山楼、関口楼、山幸楼がありました。*1

山幸楼があったあたり(足利銀行近く)。

「埼玉県営業便覧」には、当時の繁華街の店列図(家並図)が記載されており、この店列図には、それぞれの商店の業種、屋号、店主名が銘記されています。山幸楼の店主は、橋本録郎と記されています。*1
「橋本」の名を配した鬼瓦。「山+文字」形式と思われる紋章の「Λ」の下に描かれているのは、「幸」の文字でしょうか。

【参考文献】
*1 田口浪三,高柳鶴太郎:埼玉県営業便覧(全国営業便覧発行所,1902)