松岸(利根川)湖のように広い川です。

利根川は、このあたりは川幅が広いので、川というよりは湖のようです。護岸は、コンクリートで固められています。

河口(太平洋)の方向には、銚子大橋が見えます。

護岸には、ヨットがたくさん引き上げられています。

護岸の近くは芝生の公園になっていて、お年寄りがゲートボールを楽しんでいます。

松岸 街道·街路の町
■この記事を参照している記事

松岸(松岸遊廓跡地)龍宮城と形容された二軒の妓楼の跡地

結婚式場の隣に広い駐車場がありますが、 「赤線跡を歩く」*1 によると、ここには、龍宮城と形容された二軒の妓楼がありました。

「赤線跡を歩く」*1 の写真では、二軒の妓楼があった場所は、すすきが生い茂っている空き地でしたが、現在は、駐車場になっています。

別の角度からも撮影してみました。

龍宮城の雰囲気を味わいたいと思い、利根川の桟橋から妓楼跡を眺めてみました。
「全国花街めぐり」*2 は、当時の二軒の妓楼を次のように形容しています。「青い水線の上にポッカリと、さながら蜃気楼(しんきろう)のごとく浮き上がってくるのを望んだとき、『(まるで)龍宮といったかたちだね。』、誰しもそう言って歓喜のこえを放つのである。」

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く(ちくま書房,2002)P.217
*2 松川二郎:全国花街めぐり(誠文堂,1929) P.188-189

松岸 松岸遊廓 遊廓·遊里跡
■この記事を参照している記事

松岸(商店街)利根川の近くの町

今回は、松岸(千葉県銚子市)の町並みと風俗を散歩します。
JR松岸駅は、総武本線銚子駅の一つ隣の駅です。駅から利根川の方向へ10分ほど歩くと、「松岸町北」と書かれた信号のある交差点に出ます。八百屋や薬局などの商店が何軒かある以外は、特に目立ったものはありません。

近くにあった煙草屋。カラフルなタイルが印象的ですが、休業中のようです。

しばらく行くと、前方に利根川が見えてきます。同時に、壮大な王宮のようなピンク色の建物が左手に現れます。

制服を着た若い女性が玄関の掃除をしています。どうやら、ピンクの建物は、「モアパーク」という名の結婚式場のようです。

商店街·市場 松岸
■この記事を参照している記事