日本橋(麻雀クラブ富士)昭和25年頃は「パチンコ富士」でした。

東京駅前はオフィスビルが林立するビジネス街ですが、雀荘が密集しているエリアでもあります。

昭和の雰囲気そのままの「麻雀クラブ富士」。

昭和25年頃は「パチンコ富士」でした。*1

玄関部分。

【参考文献】
*1 佐藤洋一,武揚堂編集部:あの日の日本橋(武揚堂,2007)「火災保険特殊地図」

日本橋(八重洲の飲み屋街)八重洲のあの日

建設中の八重洲一丁目のこの場所に、数年前まで料亭「安芸」*1 がありましたが、取り壊され新しいビルが建設中です。工事用フェンスに「八重洲一丁目飲食街」と書かれている通り、建設中のビルの裏手に飲み屋街があります。

看板が連なる飲み屋街。写真右側は工事用フェンスです。

工事用フェンスには、「八重洲のあの日」と題し、江戸時代から現在に至るまでのこの界隈の変遷が地図で示されています。

1950年頃の火災保険特殊地図。この地図によると、この付近は「中央ホテル別館」や料理屋が建ち並ぶ一画でした。

【参考文献】
*1 佐藤洋一,武揚堂編集部:あの日の日本橋(武揚堂,2007)「火災保険特殊地図」

日本橋(花街跡)横丁や路地に遊興の歴史

今回は、日本橋(東京都中央区)の町並みと風俗を散歩します。
現在の八重洲一丁目付近は、江戸時代の市街造成期からの古い町並みです。明治維新後は、新時代を代表するような近代諸会社とこれと全く対照的な下町の商店や芸者屋・待合が奇妙に混在する町でした。*1

東京駅八重洲北口から高島屋日本橋店へ行く通り(さくら通り)の牛丼店があるあたりに、日本橋芸妓屋組合事務所(見番)がありました。花街はこの見番を中心に待合・料亭・芸妓置屋が南北に広がっていました。*2*3

現在でも営業している「嶋村」は、嘉永3年(1850年)創業の老舗です。*2

日本橋の花柳界は、昭和38年に解散していて現在は昔日の姿はありませんが、横丁や路地になにかこうした遊興の歴史を感じます。*1

【参考文献】
*1 白石孝:日本橋街並み繁昌史(慶應義塾大学出版会,2003)P.11,P.27
*2 上村敏彦:東京花街・粋な街(街と暮らし社,2008)P.105-P.108
*3 佐藤洋一,武揚堂編集部:あの日の日本橋(武揚堂,2007)「火災保険特殊地図」