鳩の街~京島(コンドームの自販機)ハッピー・ファミリー・ライフ

キラキラ橘商店街の入口近く。

コンドームの自動販売機があります。

薬局の前などに設置されていることが多いのですが、この自販機の近くに薬局は見当たりません。閑静な住宅街の路地入口にあります。

Happy Family life。日本語訳は「明るい家族計画」*1でしょうか。

【参考記事】
*1 風俗散歩(西新井):コンドームの自販機

鳩の街~京島(旧桜井旅館)解体予定

今回は、鳩の街(東京都墨田区)の町並みと風俗を散歩します。

旧「桜井旅館」の建物。「赤線跡を歩く」 にも登場する鳩の街を代表する建物です。*1*2
表通りに面した側は美しい黒板壁で覆われています。

玄関横に「解体工事のお知らせ」と書かれたプレートが取り付けられています。近日中に取り壊されることが決まっている模様です。

「桜井旅館」と小さく書かれた楕円形の表札。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.36-P.39
【参考記事】
*2 風俗散歩(鳩の街):鳩の街の赤線建築(2007.9)

京島~鳩の街(鳩の街の赤線建築)下町の希少物件

鳩の街商店街周辺には、現在も多くの「赤線建築」を見ることができます。なかでもこの物件は大店だったらしき建物で、表玄関のある裏路地側と商店街に面した通用口側の両方にバルコニーがあります。赤線当時は、このバルコニーから女性たちが名残惜しく振り返る客を見送っていたことが想像できます。*1

建物の側面にある外扉。

「OFF LIMITTS(米軍立入禁止)」。赤線時代の名残が外壁に残っています。*2

現在は、下町の希少物件として売り出されています。*1

【参考文献】
*1 散歩の達人(2004.8)P.48-P.49
*2 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.38

曳舟~鳩の街(鳩の街商店街)ピンク色のアーチが入口です。

水戸街道の東向島一丁目交差点が「鳩の街商店街」の入り口です。ピンクのアーケードの上に数羽の鳩が描かれています。

住所は東向島一丁目ですが、ここの地名は鳩の街です。商店街の垂れ幕にも鳩が描かれています。その上に実物大の鳩のモニュメントがあり、さらにランプにも鳩の絵が描かれています。

商店が並んでいます。SONYの看板と思われますが、SOだけ残っているのが面白いです。

 

曳船~鳩の街(東武亀戸線)踏み切りが連続します。

今回は、曳舟~鳩の街の町並みと風俗を散歩します。東武亀戸線に乗って、亀戸から曳舟方面へ向かいます。東武亀戸線は、二両編成の電車です。

曳舟の一つ手前の駅のおむらい駅と曳舟駅の間に、500m程の距離に8つの踏み切りが連続する場所があります。線路は直線なので、連続する踏み切りが見通せます。

京島二丁目の路地。このような路地の一本一本が線路と交差しており、そこに踏み切りがあります。

曳舟近くの踏み切りから、おむらい駅方面を見たところ。