蒔田(旅館「松島」)永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開

蒔田の花街の中心だった榎田町の南側(蒔田町)にある旅館「松島」。

旅館の隣には、「料理処・松風苑」が併設されています。

現在も営業中の「松島」は、永真遊廓の妓楼「松島」が戦時中に疎開したものです。*1

旅館脇の庭園。

【参考文献】
*1 葛城峻:横浜花街史稿

《参考文献》
*1 葛城峻:横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。

蒔田(花街跡)戦後も営業

今回は、蒔田(まいた、神奈川県横浜市南区)の町並みを散歩します。
「横浜市史稿(風俗編)」1 によると、蒔田の花街は、中区(昭和18年より南区)榎町二丁目にありました。この付近にあった料亭「平作」は、この地区最大の料亭で、戦後も長い間営業していました。2
現在は、マンションになっています。

蒔田見番があった場所。2

料亭「万二菊」があったあたり。
2

寿司店。

【参考文献】
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)P.545
*2 葛城峻:横浜花街史稿

《参考文献》
*1 横浜市:横浜市史稿 風俗編(臨川書店,1985)

芸妓屋組合事務所 所在地

*2 葛城峻:横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。