磯子(浜マーケット)戦後の闇市が発展してできました

国道16号線沿い、バス停「浜」の近くに、浜マーケットがあります。 浜マーケットは、戦後の闇市が発展してできました。 戦後まもなくの昭和20年(1945年)の暮れ頃、戦時中に戦車が通れるように作ってそのまま空地になっていた 「疎開道路」の一部分に、10軒ほど店が並んだのが、浜マーケットの始まりでした。*1


食料品や日用品の店が並んでいます。


闇市の頃の雰囲気が残っています。


反対側の出口。

 

【参考URL】
*1 浜マーケット公式ホームページ 浜の歴史

磯子(花街跡地)旧芦名川河口近く

磯子の花街は、今のバス停「浜」から磯子区役所の南まで海浜に沿って料亭が並び、独自な風情がありました。旧芦名川河口(現在の芦名橋公園)近く。16線から東へ入ったあたり。現在のマンション「ナイスアーバン磯子」のあたりに磯子検番がありました。*1

料理屋「磯川」があったあたり。*1

この付近には、料亭「竹みどり」「浜の家」がありました。

料亭「中志満」があったあたり。

【参考文献】
*1 葛城峻:やぶにらみ磯子郷土誌(2014,磯子区郷土研究ネットワーク)P.113-P.117

磯子(レトロ電柱)花街の入口

磯子の葦名橋近く。かつての磯子の花街の入口にあたる場所に、レトロ電柱が1本だけだけ残っています。


しっかりと建っています。


街路灯として、現在も使用されているようです。


電柱の中央部のプーレート部分。何と書かれていたのでしょうか。


■カテゴリ 電柱 磯子
■散歩事典 磯子

磯子(丸山市場)美空ひばりの生家の近く

磯子の八幡橋から横須賀街道を北上した横浜市電保存館の近くに丸山市場があります。


小規模な市場ですが、昭和の雰囲気が色濃く残ります。


歌手の美空ひばりさんの生家は、この付近にありました。*1


東側の入口。

 

【参考文献】
*1 葛城峻:やぶにらみ磯子郷土誌(2014,磯子区郷土研究ネットワーク)P.220

磯子(八幡神社の石碑)磯子二業組合の名

今回は、磯子(神奈川県磯子区)の町並みと風俗を散歩します。 JR根岸駅から東へ約500m。八幡橋近くにある八幡神社。


境内にある大きな石碑。上部に鉄球が載っている奇妙な形のです。


磯子「二業組合」「芸妓組合」の名が刻まれています。


磯子二業組合の組合長の葦名金之助などの名前が刻まれています。