川崎南町(政の湯)隣はソープランドです。

川崎南町にある銭湯「政の湯」。平凡なビル型銭湯ですが、ソープランド街の中にあるという点は非常に珍しいと思います。隣の隣にソープランド「京都クリスタル」があります。

四角い煙突。

このあたりは、政の湯通りと呼ばれています。銭湯の名前が通りの名前になっています。

脱衣場にタイル貼りの大きな円柱があります。

川崎南町(赤線跡)彫りぬかれた屋号

料亭だったと思われる家。

 

お茶漬け屋のある緑色の壁。

 

緑色の壁は路地の奥まで続いています。

 

赤線跡を歩く*1 に掲載されていた彫りぬかれた屋号の家紋。家紋の部分は消失しています。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.61

川崎南町(料理屋街)未舗装の砂利道

川崎南町には組事務所が集中するあたり。裏手の路地を入ると、まるで時間がとまってしまったかのような空間があります。

古びた料理屋が並びます。未舗装の砂利道です。

小料理「あわじ」。

長屋風の飲み屋。

川崎南町(スナック街)当時そのままのスナック。

当時そのままの料理屋やスナックが残っています。

交差点の角に、入口が大きく開いているスナックがあります。入口部分がレンガで作られており、古さを感じます。

こちらも交差点の角にあるスナック。

右側から見たところ。窓に女性募集の貼り紙がありました。

川崎南町(赤線跡)旅館風の建物

住宅街の中の一画。


赤線跡を歩く*1 に掲載されている「酒亭かの子」の建物。


同じ通り沿いにある旅館風の建物。


菱型の窓。


【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.61

川崎南町(赤線跡)貴重な建物

赤線跡の特徴を残す建物があります。正面の概観は、4本の円柱と洋瓦で装飾されています。

これほど大規模に残っているのは貴重存在だと思います。

横から見たところ。

1階の入口のところに、屋号の「スエヒロ」の文字が残っています。