小田原(駅近く)三角地にある狭小建築

小田原駅前の東通り商店街近くに大乗寺がありますが、このお寺へ向かう道が分岐する三角地帯に狭小建物があります。建物の前には自販機が置いてあります。

この角度から見ると、かなり薄型の建物に見えます。

自販機と建物は、以外にもこのぐらい離れています。

建物の先端部分は、入口と階段になっています。

小田原 民家
■この記事を参照している記事

小田原(浜町旅館街)現在は、静かな住宅地です。

渋取川の暗渠のあるあたり抹香町(まっこうちょう)(現在の浜町2丁目)は、かつて旅館街でした。

壁の装飾の美しい旧旅館の建物が並びます。現在は、静かな住宅街です。

このような木の壁が景観を特徴づけています。

縦横に走る路地。

小田原 抹香町赤線 旅館
■この記事を参照している記事

小田原(宮小路)レトロな雰囲気のスナックが並びます。

宮小路は、元三業地だけあって、レトロなスナックが多いです。メイン通りは、道幅が広く、落ち着いた雰囲気です。

タイルの装飾のある和風スナック。

外国人スナックもあります。韓国、ヨーロッパ、と国際色豊かです。

「樫の木」という名の和風パブ。看板の錆具合が何とも言えません。

スナック街·店舗 小田原
■この記事を参照している記事

小田原(小田原漁港)古くからある漁港です。

今回は、小田原(神奈川県小田原市)の町並みと風俗を散歩します。
小田原漁港は、小田原市にある古くからある漁港で、水産物の生産・流通の拠点になっています。港には市場もあります。

漁師が作業をしています。

港から見た早川の町。

小田原漁港の一部では釣りもできるようです。小田原提灯をモチーフにした灯台があります。

小田原 街道·街路の町
■この記事を参照している記事