井波(遊廓跡)タイル張りの家屋

明治3年、井波には、旅人宿12軒、飯盛旅籠と呼ばれる料理屋は6軒あり、明治9年には、料理屋、貸座敷業者数は山見、井波、藤橋、北川を合わせると15軒、芸妓の数は許可された者だけでも11人でした。明治32年、芸娼妓、貸座敷免許地として、現在の堀道が指定され、山見、井波、藤橋、北川に散在していた料理屋、貸座敷がこの地に集まり、以後、免許地遊廓として栄えました。1

現在の堀道には、廃業したとおぼしきスナックに転用された建物、タイル張りの家屋が残っています。
2

遊廓の近くには、芝居小屋の八乙女座がありましたが、昭和11年に消失。その跡地に井波劇場(現井波郵便局の位置)が新築されましたが、こけら落としの日本舞踏会には、井波芸者35名も出演しました。昭和19年には、合計20軒を数える料理屋が堀道に軒を並べ、この地域は、町の社交場としての役割を果たしました。*3

スナックの建物の隣の和風の建物

【参考文献】
*1 草の根サークル:いなみ地名の由来と伝説(井波町教育委員会,1996)P.92-P.93
*2 加藤政洋:現代風俗2002 20世紀の遺跡,「消えゆく花街の景観、廓建築の痕跡」P.46
*3 井波町商工会誌編集委員会:井波の商と工・その軌跡(井波町商工会,1991)P.127-P.128

井波(割烹料亭)堀道

井波の花街「堀道」(現在の表記は「堀通」)は、八日町通り(通称「瑞泉寺通り」)の参道の裏通りに位置し、おそらく観光に訪れる人々が足を踏み入れることのない場所です。1

現在でも営業している大きな割烹。
1

「木彫りの里『井波』」らしい意匠。

坂道沿いに建っています。

【参考文献】
*1 加藤政洋:現代風俗2002 20世紀の遺跡,「消えゆく花街の景観、廓建築の痕跡」P.46

井波(八日町通り)瑞泉寺の門前町

今回は、井波(富山県南砺市)の町並みを散歩します。八日町通りは、瑞泉寺の門前町井波を象徴する通りです。

正面奥に見えるのは、八乙女山方面。

瑞泉寺から伸びる石畳の通りの両脇には、「井波彫刻」の工房や飲食店が軒を連ねています。

瑞泉寺。