福井(福井県立歴史博物館)昭和の町並みの展示

福井市街の北側。幾久公園の北隣にある福井県立歴史博物館には、昭和の暮らしを再現した常設コーナーがあります。

昭和30年代後半の町かどが再現されています。手前から駄菓子屋、モータース、食堂の三軒が並んでいます。

オート三輪。

コンクリート製ゴミ箱。ゴミ箱の展示があるのは珍しいです。

ゴミ箱 福井
■この記事を参照している記事

田子ノ浦バス停近くの道路脇。 コンクリート製ゴミ箱が残っています。 金属製の上蓋もしっかりとついています。 全 …

福井(料亭「やま田」)落ち着いた雰囲気

浜町の花街*1※1 の東寄り。桜橋の近くに料亭の「やま田」があります。

黒板壁が続いていて、落ち着いた雰囲気です。

北側から。

玄関付近。

福井 花街·花街跡
■参考文献
*1順化の町の昔といま編集委員会: 順化の町の昔といま (うらがまちづくり順化地区委員会,1997)P.18-P.19

P.18-P.19 浜町 いまもつづく料亭 この地域一帯は江戸時代より浜町といわれ、足羽河畔に料亭が軒をつらね …

■参考記事

福井の浜町の一帯は、江戸時代からこの名で呼ばれ、足羽河畔(九十九橋から桜橋にかけて)は、料亭が軒をつらねる福井 …

福井(浜町の花街)今も続く料亭街

福井の浜町の一帯は、江戸時代からこの名で呼ばれ、足羽河畔(九十九橋から桜橋にかけて)は、料亭が軒をつらねる福井一の遊興の地でした。*1

桜橋(藩政時代の桜御門を偲んで桜橋と命名。)付近の河岸は、かつて、舟あそびや芝居で大いににぎわったそうです。(案内板より)

落ち着いた雰囲気を漂わせています。

開花亭。

浜町花街 福井 花街·花街跡
■参考文献
*1順化の町の昔といま編集委員会: 順化の町の昔といま (うらがまちづくり順化地区委員会,1997)P.18-P.19

P.18-P.19 浜町 いまもつづく料亭 この地域一帯は江戸時代より浜町といわれ、足羽河畔に料亭が軒をつらね …

■この記事を参照している記事

浜町の花街*1※1 の東寄り。桜橋の近くに料亭の「やま田」があります。 黒板壁が続いていて、落ち着いた雰囲気で …

福井(駅の白ポスト)北陸本線とえちぜん鉄道

今回は、福井(福井県福井市)の町並みを散歩します。
JR北陸本線福井駅西口前。出入り口の脇に白ポストが設置されています。

赤い文字で「白いポスト」と書かれた下に、小さく「ありがとうございます。」の文字。

JR北陸本線の福井駅の東側に隣接するえちぜん鉄道福井駅。

柱に囲まれるようにして、白ポストが設置されています。

福井(有楽町)栄新地跡地

福井には、栄新地という赤線がありました。場所は、現在の有楽町付近です。*1*2*3

現在は歓楽街の面影はなく、バーが1軒あるのみです。

閑静な住宅街。

1970年の住宅地図*4 を見ると、この通りの両側にバーやクラブ、旅館などが建ち並んでいています。赤線廃止後もしばらくの間は歓楽街だったようです。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く.完結編(自由国民社,2007)P.131 「渡辺寛 よるの女性街・全国案内版」
*2 地図資料編纂会:昭和前期日本都市地図集成(柏書房,1987)P.74 「福井市街全図」
*3 福井市:福井市史.資料編 別巻(福井市,1989) P.222-P.223 福井市街図・福井市都市計画予定図
※福井市街図・福井市都市計画予定図には、古い道路と都市計画後の道路が重ね合わせて示されているので、現在の場所を推定することができます。
*4 善隣出版社:福井市(善隣出版社,1971)

福井(足羽小学校)花街に通った国学者

今回は、福井(福井県福井市)の町並みと風俗を散歩します。
江戸時代、現在の福井市立足羽小学校のかいわいに花街があって、多くの遊女や芸人たちが住んでいました。*1
日本遊里史*2 には、福井市玉井町に遊廓があったことが記載されています。
玉井町は旧地名で、現在は存在しませんが、昭和24年の「福井市街図・都市計画予定図」*3 を見ると、足羽小学校の北東に玉井町の記載があります。

幕末の国学者で歌人の橘曙覧(たちばなのあけみ)は、この花街に通い始め、売れっ子の遊女「やお」のとりこになり、ついに実家(商店)の大金を持ち出して彼女と駆け落ちしてしまいました。その後、二人は見つけられて福井へ戻されましたが、曙覧の花街通いは結婚した後も止まらず、やおとの関係は続きました。このようなことは、当時の庶民ならよくあることですが、国学者の橘曙覧といえでも、やはり聖人でもなければ賢人でもなかったという証だったといえます。*1*4
曙覧が子供たちのために書き残した家訓があって、これが足羽小学校の校歌の中に歌い込まれています。*1

「うそつくな」「もの欲しがるな」「からだだわるな(なまけるな)」という3つの戒めは、自分の欲望を抑えて誠実にいきることが曙覧の生涯であったことを表しています。*4

九十九橋南詰め付近に曙覧の生家跡の碑があります。若き日の曙覧はここから花街に通いました。

【参考文献】
*1 福井女性風土記 P.164-P165
*2 上村行彰:日本遊里史(文化生活研究会,1929)P.576
*3 福井市:福井市史.資料編 別巻(福井市,1989) P.222-P.223 福井市街図・福井市都市計画予定図
※福井市街図・福井市都市計画予定図には、古い道路と都市計画後の道路が重ね合わせて示されているので、現在の場所を推定することができます。
*4 上坂紀夫:こころ豊かに曙覧を歩く(福井県,2000)P.2,P.3,P.16