洲本(謎のバラダイス)ちんちん音頭発祥の地

謎のバラダイスは、淡路島の観光名所水仙郷の一角にある秘宝館です。*1*2
道路から急な坂道を下ったところのくぼ地が、秘宝館の敷地です。

チンチン音頭発祥の地。*3

テレビで有名になった経緯が書かれています。

入口には、「おしべとめしべのことをまなぶところ」と書かれています。

【参考文献】
*1 酒井竜次:I love秘宝館(八画,2009)P.186-P187
*2 都築響一:珍日本紀行西日本編(筑摩書房,2000)P.816-P.819
*3 宝島社:VOW王国ニッポンお笑い世界遺産(宝島社,2004)P.48-P.49

石和温泉(芸妓置屋)コンパニオン募集看板

温泉街と言えばコンパニオンですが、石和温泉ではコンパニオンを派遣する置屋があります。国道411号線(大菩薩ライン)沿いに「芸妓置屋」の看板があります。

こちらの案内板には、2軒の置屋の名前が確認できますが、実際に歩いてみたところ、それらしい置屋は発見できませんでした。ひと昔前と比べると置屋の数は減っているようです。

鵜飼橋近くにある置屋のコンパニオン募集看板。

シングルマザー、お子様連れ大歓迎。

石和温泉(ストリップ劇場跡)看板の支柱だけが残っていました。

湯けむり通り沿いにストリップ劇場の「石和温泉劇場」がありましたが、現在は無くなって更地になっています。
当時の写真*1 を見ると、建物の右下に、「生板」、「外人」、「花電車」と書かれた大きな看板が貼り付けられていて、道路脇には、「特出し」と書かれた立て看板が置かれていたようです。また、建物の右側には、「ヌード」と書かれた大看板がそびえ立っていました。

現在、「ヌード」の大看板の支柱だけが、遺構として残っています。この支柱の上に「ヌード」とデカデカと赤色の文字で書かれた大看板が乗っかっていました。

交差点の対角線上にある旅館「森仙」の駐車場の場所を示す看板に「ヌード」と書かれています。「ヌード」の大看板はかなり目立つ存在だったようです。

古い案内板。文字がかすれて読み取りにくいですが、ヌード石和温泉....と書かれています。

【参考文献】
原芳市:ストリップのある街(自由国民社,1999)P.47

石和温泉(葡萄畑)葡萄畑から温泉が噴出したのが始まりでした。

今回は石和温泉(山梨県笛吹市)の町並みと風俗を散歩します。
石和温泉は、1961年1月、石和町八田の葡萄畑の中から突然温泉が噴出し、あふれ出たお湯が近くの川 に流れ込んでできた即席の露天風呂が石和温泉の始まりです。
ホテル新光の北側の空き地に、石和温泉発祥の地の碑があります。

温泉街のメインの通りである湯けむり通り沿いには、現在も葡萄畑があります。

湯けむり通りから一本南側の通りに入ると、広大な葡萄畑が広がっています。(葡萄畑の向こう側に見える建物は、湯けむり通りの旅館です。)

美味しそうな葡萄です。