松本(西堀地区飲食街)昭和の初期からの飲食街

西堀地区は、その名の通り、松本城の西側の堀の外側に置かれた町です。現在の西堀地区は、スナックなどが建ち並ぶ繁華街となっています。

路地にあるスナック街。

古い3階建ての建物。1階に通路があります。

裏側から、1階の通路を見たところ。

近代公娼制度に基づき、明治10年に横田遊廓が建設されましたが、その陰で、裏町(松本城の東隣)などに芸者置屋街がありました。
西堀地区には、昭和の初期の頃から私娼窟があり、戦後は「特殊飲食店」として政府が認める「赤線地域」となり、10軒ほどの店がありました。
昭和31年の売春防止法が制定以降、西堀地区は夜の食堂街として栄え、暴力バーや暴力団の事務所が入り込みました。それに対して、住民たちの間で暴力追放運動が起こりました。*1
【参考文献】
*1 松本女性史の会:”買春”許すまじ(銀河書房,1984)P.17-P.18