磐田(中泉歴史公園の公衆トイレ)五七五七七

中泉歴史公園にある公衆トイレ。お洒落な形状です。


清潔感のあるトイレです。


大便器の前に掲げられている標語。心静かに・手を添えて・外に零すな・松茸の露。

 

標語の上部に「急ぐとも」の落書き。つなげると、五・七・五・七・七の短歌になります。
 急ぐとも・心静かに・手を添えて・外に零すな・松茸の露。

磐田(中泉遊廓跡地)秋鹿屋敷内を借用し建設

中泉遊廓があったあたり。手前から、第三常盤楼、三浦楼、第二常盤楼、第一常盤楼と並んでいました。*1


西側の高台からの遠望。


北側から。東側(写真左側)には、磐田日活がありました。*1


中泉歴史公園の入口付近には、公園の歴史について詳しく書かれています。それによると、遊廓は、遊廓は大正8年頃に、秋鹿屋敷内を借用し建設されました。この遊廓は戦後に娼婦制度が廃止(売春防止法施行)された後、小料理店や旅館へと転向し、平成に入ってからは皆解体されました。

 

【参考文献】
*1 善隣出版社:磐田市住宅地図(善隣出版社,1969)

磐田(中泉歴史公園)公園のベンチに門柱

磐田市田町にある中泉歴史公園は、中泉の郷士(江戸時代の武士階級)であった秋鹿(あいか)家の庭園だった場所で、公園内には、扇子池があります。*1

 

公園に設置されている案内看板。
 中泉には、明治30年に遊廓が設置され、昭和の初期の貸座敷には、常盤楼、新常盤楼、三浦楼、森徹栄、などがありました。*2
 1969年の住宅地図*3 には、現在の中泉歴史公園の北側に、森幸一、第一常盤楼、第二常盤楼、三浦楼、第三常盤楼の名があります。


このうちの1軒であったと思われる建物の入口の門柱の写真が掲示されています。


門柱に使用されていた石柱は、現在は公園のベンチとして使用されています。

 

【参考文献】
*1 磐田史談会:磐田ものがたり(谷島屋書店,1988)P.34-P.35
*2 日本遊覧社:全国遊廓案内(日本遊覧社,1930)P.219(0115)
*3 善隣出版社:磐田市住宅地図(善隣出版社,1969)