嶋原(牛乳箱)縦書き明治と横書き明治

軒下に、明治の牛乳箱があります。

紅殻格子(べんがらごうし)*1 には、明治の藍色の木製牛乳箱がよく似合います。

木製消火器箱と木製牛乳箱。木製箱同士はお似合いです。
明治牛乳の牛乳箱は、縦書きと横書きがあります。上の写真の牛乳箱は、明治牛乳の文字が縦書き、下の写真の牛乳箱は横書きです。

手作り郵便受けと木製牛乳箱。こういうコラボレーションも面白いと思います。

【参考URL】
*1 京都市中京区社会福祉協議会:「ちょっと物知り帳」紅殻格子(べんがらごうし)

■カテゴリ 島原 牛乳箱

嶋原(嶋原遊廓跡)花街の風情が残るメインの通り

遊廓中央部を東西に貫くメインの通りは、「胴筋(どうすじ)」と呼ばれていました。胴筋の両側には、置屋、揚屋、茶屋などの遊廓特有の建築の他に、「素人屋」と呼ばれる一般市民生活に必要な物品の業者も入居していました。*1

胴筋を逆方向から見たところ。奥に見えるのは大門です。

洋風の建物もあります。

「きんせ」という名前の観光旅館。島原には、このような旅館が数軒あります。

【参考文献】
*1 明田鉄男:日本花街史(雄山閣,2002)P.26

嶋原(大門)京都市登録有形文化財です。

今回は、嶋原(京都府)の町並みと風俗を散歩します。
嶋原は、江戸時代に公認されていた花街で、寛永17年(1640年)に、嶋原の前身である六条三筋町から現在の地に移されました。その混乱の状況が九州で起きた島原の乱(寛永14~15年)を思わせたことから、新遊廓は嶋原と呼ばれるようになりました。*1
遊廓の入口には大門があります。

大門は木造で、堅固な屋根をつけています。門の左右の通路(袖門)は、門が閉まった後の急用通路として使われました。*2

時代劇でよく見かけるものと同じものがあります。

大門は、京都市登録有形文化財に指定されています。

【参考文献】
*1 明田鉄男:日本花街史(雄山閣,2002)P.25
*2 小野武雄:吉原と島原(講談社,2002)P.81