高砂(駅ビルの裏側)トタンの芸術

高砂駅の駅ビルの裏側の旧国鉄高砂線の跡地が緩やかなカーブを描いて続いています。現在は、駐輪場になっています。

表側から見ると2階建てに見えた建物は3階建ての奥行の狭い建物です。

絵に描いたようなトタンの芸術。

錆びついた階段が、いい味を出しています。

高砂(高砂駅前共同ビル)ブライダル都市

今回は、高砂(兵庫県高砂市)の町並みと風俗を散歩します。
結婚式やめでたいとき謡われる、「たかさごやこの浦舟に帆を上げて・・」ではじまる謡曲「高砂」の発祥の地である高砂市では、昭和63年7月にブライダル都市宣言を行いました。*1

駅ビルは曲線を描いています。このビルの後方(現在は駐輪場)には、かつて国鉄高砂線の線路が曲線を描いて通っていました。

ブライダル都市らしく、駅前の古いビルには、高砂良縁センターの看板があります。

ビルの脇に橋のように見える遺構があります。水路がビルの下を流れていたのか、それとも、ここに何かの洗い場があって、それと道路を隔てるためのものでしょうか。

【参考文献】
*1 高砂市:ホームページ「ブライダル都市