安来(山常楼)国登録有形文化財

安来港は、山陰唯一の良港で、江戸時代から明治にかけて全盛を迎え、米穀の卸商、呉服商が増加しました。安来の花街は、大正年間に関係者からの出資を募り、当時の資本金としては驚く程の金額5万円でスタートを切りました。当時は、皆生温泉も今のような姿ではなく、米子町にも料亭が少なく、米子周辺からのお客で持切りでした。検番が繁盛すると山常楼、ひさご家など数多くの料亭が旅館が出現しました。特に、山常楼、ひさご家の大広間は何れも昭和初年の新築であってステージ付きといった豪勢なもので、当時は全国的にも珍しいものでした。1

芸妓の全盛時代、検番は、安来検番、福島検番、二岡検番の三軒で、各旅館、料理店とも芸妓の出入りは自由でした。料理店の主なものは、山常、瓢家、飯島屋、森田菊助、たなべ、釜田屋、小浜、十神館、田中屋、立花屋、がありました。
2

現在の山常楼の建物は、昭和9年頃に建て替えが行われたときのもので、今なお料亭として使われ続けていることに大きな歴史的価値があります。(案内板より)

玄関付近。

【参考文献】
*1 安来市誌編さん委員会:安来市誌(安来市,1970)P.553
*2 安来港誌 百年前の港町安来の町誌 改訂版:安来港誌改訂編集委員会(安来港誌改訂編集委員会,2009)P.52

安来(大市場商店街)安来節の歌詞

今回は、安来(やすき、島根県安来市)の町並みを散歩します。
大市場商店街は、安来の中心街にある商店街です。

安来の町並みは日本遺産に認定されています。

商店の軒下には、安来節の歌詞。

熱い情に 鋼も溶ける 溶けて社日の 花と咲く
恋と鋼は よう似たものよ 焼きよ次第で 味が出る