大村(武部町の旅館街)遊廓跡地

大村遊廓があったと思われる大村市武部町。現在は数軒の旅館が営業中です。

スナック「FUTABA」。古い住宅地図には、同名の二葉という旅館がありました。

通りに面した旅館「みきや」。

旅館「山陽」。

大村(大村遊廓跡地)おおむら温泉が隣接

おおむら温泉ときわ旅館は、田の平にあって、当時大村地方の温泉旅館はここ1軒でした。近くには、遊廓街があったこともあり、町の有力者や軍人の将校などが多く利用し、賑わっていました。*1
おおむら温泉は、遊廓の北側に隣接していました。*2

田の平の名が残る電柱のプレート。

遊廓があったと思われる通り。

古い町並みが残っています。

【参考文献】
*1 郷土出版社:目で見る諌早・大村の100年(郷土出版社,2002)P.33
*2 東京交通社:大日本職業別明細図(東京交通社,1937)長崎県

大村(駅横のトンネル)遊廓街への通り道

大村駅の横に、人一人がようやく通れるほどの低いトンネルがあります。大村線開通の際、近在の篤志家の尽力により、交通の便をはかって作られましたが、武部地区が遊廓街として華やかなりし時は、人目を忍ぶ客の通り道になったともいいます。*1

トンネルの入口。

大人の背の高さでようやく通れるほどのトンネルです。

反対側の出口。

【参考文献】
*1 広報おおむら(1997.5)P.7