下ノ江(遊廓「栄楽屋」跡地)現在は「久楽」

旅館「栄楽屋」は、遊廓当時のままに残されていた建物で、強者共の夢のあとを偲ばせていました。*1

平成16年、佐志生の老舗旅館「川口屋」が、「栄楽屋」を建て替え「川口屋別亭久楽」をオープンしました。*2

「久楽」の名は、創業者の「久吉」と「永楽屋」から取って名付けられました。*2

旅館からは、下ノ江の風光明媚な景色が見渡せます。

【参考文献】
*1 高橋長一:臼杵物語 (1978)P.588
*2 臼杵商工会議所ニュース(2015.3.25)P.4「臼杵の老舗企業」

下ノ江(妓楼寄進の百度石)綿津見神社

下ノ江の旧遊廓街にある綿津見神社。

百度石があります。

下ノ江の遊廓は6軒あって、娼妓は30人。妓楼は、花屋、永楽屋等が有名でした。*1

京屋小兵衛は、「下ノ江出店の始」*2 に記載のある名です。

【参考文献】
*1 全国遊廓案内(日本遊覧社, 1930)P.448
*2 臼杵史談会:臼杵史談 第45号 (臼杵史談会,1956)P.26


■カテゴリ 信仰・寄進 下ノ江
■散歩事典 下ノ江

下ノ江(遊廓跡地)風待ちの港

今回は、下ノ江(したのえ、大分県臼杵市)の町並みと風俗を散歩します。
帆船時代、下ノ江港は風待ちの港として賑わいました。船乗りたちは、船から下りると酒を飲み各地の港で風待ちしている間に覚えた歌や踊りで時を過ごしました。店では、そんな客の要望にこたえて酌をする女を置き、やがてこの女たちが遊女になり、”下ノ江女郎衆”と呼ばれようになりました。*1

下ノ江の妓楼「花屋」には、「潮来汐去」「花屋楼にて雨情」の横額が保存されていました。*2

古い町並みが残っています。

「和」という屋号の店。

【参考文献】
*1 高橋長一:臼杵の話37(大分合同新聞,1980.7.27朝刊)「下ノ江今昔」
*2 高橋長一:臼杵物語 (1978)P.588