豊川(赤線跡)円福荘

赤線だった「円福荘」跡※1 には、もう1軒、当時のものと思われる建物が残っています。

1960年の「豊川市商工名鑑」*4 では、芸妓寮や旅館になっています。売春防止法の施工により、転業になったようです。

当時の面影が残っています。

玄関は、紅色です。

豊川(赤線跡)円福荘

豊川町遠通には、「円福荘」という名称のカフェー(いわゆる特殊飲食店)がありました。*1
1954年の「豊川市商工名鑑」*2 には、「特殊カフェー」の記載があって、豊川町遠通七に、20軒の屋号の記載があり、そのうちの2軒、「幸楽」「雅ノ屋」は、1978年の住宅地図*3 にも記載があります。1960年の

カフェー街だったと思われる一画は、現在は住宅街になっていますが、「幸楽」と思われる建物が残っています。

2階部分。

鮮やかな、紅色が印象的です。