出雲(有楽町旅館街)塩治町新地跡

かつての赤線区域だった有楽町旅館街は、現在は「柿田旅館」「旅館ふじみ」2軒の旅館が営業中です。
出雲市商工案内*1 によると、塩治町新地と呼ばれた赤線街には、特殊喫茶店がありました。
昭和33年の売春防止法により、塩治町新地は、有楽町旅館街に生まれ変わりました。*2
売春防止法施行前後の「出雲市商工名鑑」*3*4を比較すると、旅館や下宿に転業していることを見て取ることができます。

休業中の旅館の建物。

旅館街の北側。奥行のある建物であることが解ります。

旅館街の東側にある稲荷神社。

■参考文献
*1記念誌編纂委員会: *出雲市商工発展誌 (出雲商工会議所,1984)

P.78 昭和33年、売春防止法の施行に伴い、塩治(えんや)有楽町の業者は、数回にわたり対策協議を重ねた結果、 …

*2出雲市商工課: 出雲市商工名鑑 1961 (出雲市,)

旅館 旭荘 上塩治町 有楽 柿田旅禍 上塩治町 有楽 香月旅館 上塩治町 有楽 菊乃家旅館 塩治町 高栄北 と …

*3出雲市商工課: 出雲市商工名鑑 1952 (出雲市,)

塩治新地 壽亭、菊代亭、京家、朝日亭、第三亭、百々の家、富時家、郎亭、花家

*4清水直義: 出雲市商工案内 (出雲市商工案内所,1948)

P.70-P71 特殊喫茶 塩治町 京家、花家、旭亭、大三亭、郎亭、菊代亭、寿亭 特殊喫茶店組合の広告頁 塩治 …

出雲(有楽町)旅館街入口

今回は、出雲(島根県出雲市)の町並みを散歩します。
JR出雲市駅の南側。出雲郵便局の西隣。県道277号線沿いに、「有楽町旅館街入口」の看板が建っています。

有楽町は、昭和11年、今市新町の西(塩治町)にあった遊廓がこの地に移転してもので、戦後はいわゆる赤線地区となり、昭和33年4月の売春防止法によって、「有楽町旅館街」に一新されました。*1
現在も、バス停留所に有楽町の名前が残っています。

現在は、有楽町ビジネス旅館街になっています。

駅前の新有楽通り。この通りを南へ進むと有楽町ビジネス旅館街です。

■参考文献
*1記念誌編纂委員会: *出雲市商工発展誌 (出雲商工会議所,1984)

P.78 昭和33年、売春防止法の施行に伴い、塩治(えんや)有楽町の業者は、数回にわたり対策協議を重ねた結果、 …