前橋(呑竜仲店)通称「呑龍マーケット」

前橋の千代田町。弁天通り商店街の東側にある呑竜仲店。
呑竜仲店は1947年(昭和22年)に市の戦後復興計画に基づき建設され、通称「呑龍マーケット」として親しまれました。*1

マーケットらしい建物です。

反対側の入口。

建物を横からみたところ。

前橋(キャバレーロンドン跡)諏訪橋西詰

今回は、前橋(群馬県前橋市)の町並みを散歩します。
諏訪橋西詰交差点の近くに、キャバレーロンドンの建物があります。

建物上部の「前橋ロンドンA館」の大看板。

入口の電飾看板。

おなじみのロンドンのマークも。

館林(二業見番)純日本式建築

館林の見番は、明治42年、堅町(たつまち)に設置され、その後、大正7年に谷越町の青梅天神裏に新築移転。さらに、昭和13年、館林町字肴町(現在の本町二丁目)に新事務所が建設され、見番が移転しました。*1

旧二業見番事務所。

平成28年、国指定登録有形文化財に指定されました。

木造瓦葺二階建ての純日本式建築です。

【参考文献】
*1 館林市史編さん委員会:館林の民俗世界(館林市,2012)p.60-p.69

館林(旧割烹旅館「福志満」)本町二丁目

今回は、館林(群馬県館林市)の町並みを散歩します。
館林の花街の歴史は、明治初期に邑楽織物同業組合が出来た頃、料理・旅籠屋が開店したことに始まります。その後、明治四十年代の織物市場が開設、東武鉄道の開通や上毛モスリン・日清製粉の躍進、機業界の発展が花街の興隆へとつながりました。*1

落ち着いた佇まいの旧割烹旅館「福志満」。*2

昭和7年建築。*2

木造三階建てです。

藤岡(レトロ自販機)七興ドライブイン

七興山古墳の近くにある「七興(ななこし)ドライブイン」。
昭和51年創業です。*1

麺類の自販機は、ラーメン(写真右側)とうどん(写真中央)の2台。
食堂で何十年も継ぎ足したタレで仕込まれるチャーシューを盛りつけたチャーシューメンは、売り切れ率の高い人気メーニューです。*1
残念ながら、この日も売り切れでした。

麺類自販機の隣に、トーストサンド自販機とハンバーガー自販機が各1台並びます。

天ぷらうどん(300円)とトーストサンド ハムチーズ味(200円)を購入。

【参考文献】
*1 越野弘之:昭和レトロ自販機大百科(洋泉社,2015)P.61

藤岡(福富士)かつての成人映画館の前に建つ食堂

群馬藤岡駅近くにある食堂の「福富士」。

昭和の雰囲気の残る大衆食堂です。やきそば400円、ラーメン450円など、価格は安め。人気の「やきそば」は持ち替えりができ、近所の方が次々と訪れ、買っていきます。

大盛りやきそば(500円)と大瓶ビールを注文。

「福富士」の向かい側(写真右手前)には、明治42年に開設された芝居小屋の「藤盛座」がありました。「藤盛座」は、昭和26年に映画館に改造され、話題作を上映して多くの観客を集めましたが、昭和30年代には、テレビの普及とともに経営が苦しくなり成人映画路線に転換。昭和61年に閉館しました。

【参考文献】
*1 丸山知良:近代芝居小屋考・群馬県(みやま文庫,1994)P.88

藤岡(牛乳箱)荻原牛乳

鷹匠町の牛乳箱のあるお宅。

荻原牛乳と書かれた黄色の木製牛乳箱です。

普段は見ることができない箱の裏側。

窓枠にぶらさがるようにして取り付けられています。

藤岡(レトロ電柱)鷹匠町

  •  藤岡の旧鷹匠町の通りに、レトロ電柱があります。

電柱は、きちんと区画されていて大切に保存されています。

「東京新宿 富士コンクリート株式会社」と書かれています。

かつての乙種料理店街に残されているレトロ電柱。

藤岡(聚楽館通り)乙種料理店

群馬県は、明治10年頃には私娼群を乙種料理店(俗にだるまや)として公認し、酌婦料という税金も徴収するようになりました。その後、群馬県は、明治26年に公娼を廃止としたため、酌婦(私娼)のみが売春の専門職と認められることになりました。*1
藤岡には、鷹匠町の「聚楽館通り」に歓楽街があって、「小松屋」「朝日屋」などの乙種料理店が10軒ぐらいが並んでいました。*2
地元の方の話によると歓楽街の場所は、現在の黒沢精肉店の前の細い道で、当時はものすごく賑わっていて、置屋や遊廓のようなものもあったそうです。

昭和3年の市街図*3 によると、この道の両側には乙種料理店の「大松楼」「福本楼」「勇楽亭」「㐂楽」「小松屋」「壽」がありました。

通りの中ほどにある料理屋のような建物。「竜」の文字だけが残っています。
古い住宅地図*4 によると、「福竜」という屋号だったようです。

「菊水旅館」*4 と思われる建物の窓には、薄っすらと「旅館」の文字が見えます。

【参考文献】
*1 根岸省三:高崎の女性史(根岸省三,1977)P.143-P.144
*2 藤岡市史編さん委員会:藤岡市史 民俗編 下巻(藤岡市,1995)P.58-P.59
*3 東京交通社:大日本職業別明細図 群馬懸(東京交通社,1937)
*4 日興出版社:藤岡市・併.新町(日興出版社,1971)P.10-P.11

藤岡(割烹料理屋)仲町の通り

今回は、藤岡(群馬県藤岡市)の町並みと風俗を散歩します。
JR高崎駅から、八高線に乗って、3駅(約15分)で群馬藤岡駅に着きます。駅の南西方向が中心街で、仲町の通りには、割烹料理屋が建ち並ぶ一画があります。

割烹「花月」。

向かい側にも料理屋らしき建物が建ち並んでいます。

逆方向から見たところ。

富岡(トンネル横丁)国道を抜ける路地

銀座通りから国道(254号線)へ抜ける路地。トンネル横丁と呼ばれていました。

沿道の建物が建て替わる前は、建物の庇が入り組んでおり、まるでトンネルのような路地を形成していました。現在も地元の方の重要な通りとして親しまれています。(案内板より)

横丁の途中にあった質屋の看板。

トンネル横丁を抜けた国道沿いには、木造三階建ての医院の建物。