池袋(三社稲荷神社)三業組合の関係者によって奉られた神社

池袋の三業地の中心部。写真の右側が料亭「寿々代」です。通りの奥に三社稲荷神社の鳥居が見えます。

三社稲荷神社は、三業組合の関係者によって奉られています。*1

稲荷神社の灯籠。

寄進者と思われる料亭の屋号が確認できます。

【参考文献】
*1 上村敏彦:東京花街・粋な街(街と暮らし社,2008)P.189-P.193

池袋(三業通り)昭和3年から始まった花柳界

JR池袋駅西口から北へ向かって進み、トキワ通りを超えて北へ進むと、「三業通り」と呼ばれる北西へ向かう通りがあります。この通りの西側に昭和3年から始まった花柳界がありました。
町会の名前に「三業」の名前が見られます。

三業通りというのは、この通りに面して池袋三業会館(見番)の建物があったからです。(写真のビルが旧池袋三業組合があった場所)

当時の面影を残す割烹料理店の建物。

「三業支」の電柱のプレート。

【参考文献】
*1 上村敏彦:東京花街・粋な街(街と暮らし社,2008)P.189-P.193

池袋(18禁マーク)紹介所

ロサ会館の裏側の通り。

池袋では、風俗紹介所と思われる18禁マークだけが看板に描かれた事務所を見かけます。

大きな看板。

紹介所ですが、派手な装飾は無く、18禁マークの看板だけが取り付けられています。


■カテゴリ 売店 池袋
■散歩事典 池袋

池袋(取り壊し直前の建物)昭和30年代に建てられました。

カラオケパセラのある交差点近くに取り壊し直前の古い建物があります。1階にカラオケパブ、2階に旅行会社の事務所が入っています。

「トリスバー 夜の貴婦人」と書かれた看板が残っています。トリスバーは、昭和30年(1955年)前後に生まれた庶民的なバーで、トリスウイスキーをソーダで割ったハイボールが主力製品でした。トリスのハイボールは大阪では「トリハイ」、東京では「Tハイ」という愛称で呼ばれました。*1
残念ながら、この建物は、今月中に取り壊され、跡地には9階建てのビルが来年9月に完成するそうです。(「建築計画のお知らせ」の看板より)

もう1軒、取り壊し予定の建物がありました。昭和30年代に建築されたスナックです。立入禁止を示す黄色のテープが貼られています。

張り紙に書かれている内容によると、この建物は、昭和30年代に建築されたものだそうですが、老朽化が進んでいるため、取り壊しが検討されているそうです。

【参考URL】
*1 サントリー(株):お酒・飲料大事典「トリスバー」


■カテゴリ 飲食街·横丁 池袋
■散歩事典 池袋

池袋(制服ショップ)女子事務服中心の品揃え

池袋にある制服ショップ。各種事務服、作業服の専門のチェーン店があります。

池袋には、会社やお店がたくさんあるので、このような制服ショップがあっても不思議ではありません。

女子事務服も各種品揃えされています。

店の前には、女子事務服のカタログがずらりと並べられています。


■カテゴリ 装飾文化 池袋
■散歩事典 池袋

池袋(無料案内所)池袋は特に多いです。

今回は、池袋の町並みと風俗を散歩します。
池袋北口を出て徒歩5分ほどのときわ通り周辺には、無料案内所がたくさんあります。派手な看板が目立ちます。こちらの店舗は、「夜の王様」というのがお店の屋号のようです。

どの店舗も「無料案内所」という呼び方は一致しているようです。店舗の名前「男の楽園」は小さく表示されています。

こちらの無料紹介所は、めずらしく店舗の屋号が大きく表示されています。

「アパマン」との併設店。


■カテゴリ 売店 池袋
■散歩事典 池袋

池袋北口(デリヘル)新しいタイプの紹介所

ときわ通りと劇場通りが交差する交差点の角。交差点の対面にはカラオケのパセラがあります。

ここに新しいタイプの紹介所があります。

1階に居酒屋がある小さな建物の2階が案内所です。

「案内所」と3文字書いてあるだけです。以前は楕円形の看板のところに「Dellys」と書かれていましたが、今はなぜか消されています。
2階には、5店舗のデリヘルの事務所が入っていて、その場で写真を見て女の子を選べます。指定された場所で待ち合わせをするシステムです。
待ち合わせ場所はいくつかあるようですが、いずれもときわ通り近くの場所です。


■カテゴリ 売店 池袋
■散歩事典 池袋

池袋北口(池袋の森)ラブホに隣接する自然観察公園

へいわ通りの材木店を過ぎると、右手に「池袋の森」と書かれた入り口があります。

ここは自然観察を目的とした自然公園となっており、観察用のログハウスがあります。

但し、一部の方の不適切な利用のため、当分の間閉鎖されています。

公園内には自然観察用の池があります。隣にラブホ街があることを忘れてしまいそうです。