生田原(北の王金山跡)現在も残る遺跡

大正10年代から昭和初期にかけての生田原は、第一次世界大戦後の経済不況と農業の断続冷害凶作で、商業界は低迷の苦境を余儀なくされましたが、鉱山の操業という起死回生の天恵に救われ、再び活況を取り戻しました。*1
現在の生田原神社の南側に北の王金山跡の入口があります。

林道をしばらく歩くと、眼下に眺望が開けた場所へ出ます。

そこからすぐのところに残るコンクリート造りの建造物。

四角い窓が見えます。


■カテゴリ 生業·産業の町 生田原
■散歩事典 生田原
■参考文献
*1生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)

P.524 鉄道開通と林業の勃興 大正3年、鉄道が開通すると、物資の需給は増大の一途をたどり、翌4年には200 …


■参考記事

生田原(スナック店)

カフェーの「日輪」*1※1※2があった通りの交差点の角。スナックが2軒建っています。

交差点の角にあるスナックは、昭和55年の市街図*2では「ムーラン」という屋号でした。

旧「銀月」。*2

玄関の隣の丸窓が印象的です。


■カテゴリ スナック街·店舗 生田原
■散歩事典 生田原
■参考文献
*1生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)

「カフェー日輪」の記載。 (現在の遠軽町生田原418)

*2生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)

交差点の角に、「ムーラン」、踏み切りの近くに「銀月」。


■参考記事

生田原(カフェー跡)お食事の店

大正3年、生田原に鉄道が開通すると、翌4年には200戸におよぶ集散地市街が形成され、加えて第一次世界大戦の勃発は、空前の好景気をもたらし、上生田原市街では北区を「料理屋街」と称し、料理店や飲食店が軒をつらね、芸妓や酌婦48名をかぞえたそうです。*1

昭和29年発行の「生田原市街地図」*2※1 に記載のあった「カフェー日輪」は、地元の方の話によると、写真の「お食事の店」に改築され、現在は休業中とのことです。

お食事の店。

上生田原市街は大正9年の大火災や大戦景気の反動不況により、一時商店街しましたが、昭和初期にかけて、鉱山が操業し、再び活況を取り戻しました。鉱山が商店をうるおわせたことと符合するものに、サービス業、特に料理飲食店の繁昌がありました。


■カテゴリ 花街·花街跡 生田原
■散歩事典 生田原
■参考文献
*1生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)

P.524 鉄道開通と林業の勃興 大正3年、鉄道が開通すると、物資の需給は増大の一途をたどり、翌4年には200 …

*2生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)

「カフェー日輪」の記載。 (現在の遠軽町生田原418)


■参考記事
■この記事を参照している記事

生田原(市街地図)生田原駅

今回は、生田原(北海道紋別郡遠軽町)の町並みを散歩します。生田原駅構内には、オホーツク文学館と図書館が併設されています。

図書館の入口に、昭和29年発行の「生田原市街地図」*1 が掲示してあります。

当時は、カフェーがあったようです。

北の王鉱山の全景。