井波(遊廓跡)タイル張りの家屋

明治32年、芸娼妓、貸座敷免許地として、現在の堀道が指定され、山見、井波、藤橋、北川に散在していた料理屋、貸座敷がこの地に集まり、以後、免許地遊廓として栄えました。*1

現在の堀道には、廃業したとおぼしきスナックに転用された建物、タイル張りの家屋が残っています。*2

遊廓の近くには、芝居小屋の八乙女座がありましたが、昭和11年に消失。その跡地に井波劇場(現井波郵便局の位置)が新築されました。*3

スナックの建物の隣の和風の建物

井波(割烹料亭)堀道

井波の花街「堀道」(現在の表記は「堀通」)は、八日町通り(通称「瑞泉寺通り」)の参道の裏通りに位置し、おそらく観光に訪れる人々が足を踏み入れることのない場所です。*1

現在でも営業している大きな割烹。*1

「木彫りの里『井波』」らしい意匠。

坂道沿いに建っています。

《参考文献》
*1 加藤政洋:*現代風俗2002 20世紀の遺跡(河出書房新社,2002)消えゆく花街の景観、廓建築の痕跡

P.46
井波の花街「堀道」(現在の表記は「堀通」)は、ちょうど参道の裏通りに位置している。 …read more