名寄(花街跡地)桜木町

明治36年には、名寄には、りっぱな料烹街が名劇(現在のグランドホテル藤花、写真左奥)付近に出現していました。創設者は、その後の割烹「むらさき」の初代村崎久治と名劇先々代の沢井仁十郎で、所有していた旭川の遊廓街を売り払い、遊廓街の建設を目的に名寄に乗り込んできました。*1
割烹「むらさき」は、写真の右手前の道を入ったところにありました。*2

ところが、当時、遊廓街から遊廓街まで二十里以上なければならないという法律があり、遊廓街の建設計画はオジャンになり、料烹街になり、桜木町と命名されました。*1

当時4条通りには、川が流れていて、付近には、カマメシの天豊、料亭の平、北見屋、端、むらさき、清野、丸吉、花菱、丸福、などがありました。*3*4

検番(のちの芦口商店の場所)があったあたり。*2*3


■カテゴリ 花街·花街跡 名寄 名寄花街
■散歩事典 名寄
■参考文献
*1名寄新聞社: *なよろ百話 (名寄新聞社,1967)

P.31 桜木町は、一夜にしてでき上った…といのはオーバーだが、そんな調子ででき上った私設市街であ …

*2名寄市郷土資料室: *名寄歴史地図史料集 (市立名寄図書館,1990)

・西五条の通りの北側に、「名寄劇場」「名寄横丁」の記載 ・その1本南側の通りに、「芦口商店」の記載。 ・現在の …

*3名寄新聞社: *なよろ百話 (名寄新聞社,1967)

P.37 当時4条通りには、川が流れていた。橋を渡ると桜木町。いまの名劇(現在のグランドホテル藤花)前の道路だ …

*4東京交通社: *大日本職業別明細図 第385號 北海道 (東京交通社,1934)

割烹「かねとら」「福の家」「清野」「花菱」の記載。

帯広(木賊原遊廓跡地)

西7条本通り北四丁目付近は、廓への通りでした。*1

紀の川楼があったあたり。*2 のちに国鉄寮となりました。*1
昭和30年頃と思われる住宅地図*3 には、「鉄輪荘」の記載があります。

日の出楼があったあたり(写真右側)。*2

新盛楼、笹島本店、いろは楼、開盛楼と並んでいた(写真左側)通り。*2


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 帯広 木賊原遊廓
■散歩事典 木賊原遊廓 帯広
■参考文献
*1花垣有介: 月刊十勝ジャーナル 報道解説評論1973.7 (十勝ジャーナル社,1973.7)郷土史秘話(第一回)木賊原遊廓盛衰記

P.46 帯広の開拓当初は、天候にも著しい変化のある土地の労働は、開拓者にとって長続きはせず、ある意味、それら …

*2小野善也: 郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ (帯広市教育委員会,1978)木賊原遊廓について

P.2 木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にあった。 当時の位置関係は次のようになっていた …

*3松浦澤一: 帯広市大観 (帯広広告社,)

P.20 西五条に、「保健所寮」、西六条に「鉄輪荘」の記載。

帯広(駆梅院跡地)木賊原遊廓

木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にありました。*1

北3丁目線に面して東から西に大正楼、一心楼、日の出楼、と並び、その北側小路を挟んで、新盛楼、笹島本店、いろは楼、開盛楼と東から西に並んでいました。*1

西6条北3丁目の遊園地になっているところには駆梅院がありました。*1

その後帯広保健所寮になっていたが、いまはない。*1


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 帯広 木賊原遊廓
■散歩事典 木賊原遊廓 帯広
■参考文献
*1小野善也: 郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ (帯広市教育委員会,1978)木賊原遊廓について

P.2 木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にあった。 当時の位置関係は次のようになっていた …

市川(名妓の碑)昭和60年に建立

真間川沿いにある浮嶋弁財天(市川市真間2丁目)のお堂の左脇に、「名妓の碑」が建っています。

市川の花柳界を支えてきた、今はなき名妓たちに思いを馳せ、昭和60年に建立されました。*1

碑文は、国府台女子学院院長の平田博永氏が撰し、料亭栃木屋※1 の女将で書家でもある鈴木アイ子さんが揮毫しました。*1

関係者の名が刻まれています。


■カテゴリ 花街·花街跡 市川 市川花街
■散歩事典 市川
■参考文献
*1西川智泰: 真間の里 (亀井院,2000)真間山周辺の文学史跡

P.83-P.84 名妓の碑 浮嶋弁財天のお堂の左脇に、かつて類を見ない珍しい碑が建っている。「名妓の碑」がそ …


■参考記事

市川(栃木家)かつての花柳界の料亭

国道14号線沿いの北側。京成電鉄市川真間駅までの間がかつての市川花柳界の料亭であったエリア場所です。

ビル街の中の料亭の黒壁。

料亭栃木家。現在も営業中です。

入口。

豊川(赤線跡)円福荘

赤線だった「円福荘」跡※1 には、もう1軒、当時のものと思われる建物が残っています。

1960年の「豊川市商工名鑑」*4 では、芸妓寮や旅館になっています。売春防止法の施工により、転業になったようです。

当時の面影が残っています。

玄関は、紅色です。


■カテゴリ 赤線·私娼跡 豊川 円福荘
■散歩事典 円福荘 豊川
■参考文献
*1豊川市・豊川商工会議所: 豊川市商工名鑑 1960 (豊川市・豊川商工会議所,1960)

P.141 旅 館  梅 福    〃 旅 館  千代本    〃 P.151 芸妓寮  ゑびすや 豊川町遠通 …


■参考記事

豊川(赤線跡)円福荘

豊川町遠通には、「円福荘」という名称のカフェー(いわゆる特殊飲食店)がありました。*1
1954年の「豊川市商工名鑑」*2 には、「特殊カフェー」の記載があって、豊川町遠通七に、20軒の屋号の記載があり、そのうちの2軒、「幸楽」「雅ノ屋」は、1978年の住宅地図*3 にも記載があります。1960年の

カフェー街だったと思われる一画は、現在は住宅街になっていますが、「幸楽」と思われる建物が残っています。

2階部分。

鮮やかな、紅色が印象的です。


■カテゴリ 赤線·私娼跡 豊川 円福荘
■散歩事典 円福荘 豊川
■参考文献
*1愛知県警察史編集委員会: 愛知県警察史 第3巻 (愛知県警察本部,1975)

P.392 第四九表 カフェー(いわゆる特殊飲食店)の営業地帯形成状況

*2豊川市・豊川商工会議所: 豊川市商工名鑑 1954 (豊川市・豊川商工会議所,1954)

P.119-P.120 特殊カフェー 幸 楽 豊川町遠通七 特殊カフェー 深 川   〃 特殊カフェー 雅ノ家 …

*3ゼンリン: 豊川市 1978 (ゼンリンの住宅地図) (ゼンリン,1978)

P.104 豊川町遠通に、「幸楽」「雅ノ屋」の記載。


■この記事を参照している記事

今治(駅前の青線跡)

今回は、今治(愛媛県今治市)の町並みを散歩します。
今治駅前に残る長屋建物。地元の方の話によると、かつては数軒の旅館があって、非公認の女性街だったそうです。

南側から。

営業中のスナックもあります。

北側にももう一軒あります。

多度津(花街跡)芝居小屋や料亭があった歓楽街

多度津町住宅明細地図※1 によると、稲荷神社の下のこのあたりに、芝居小屋の辨天座(旧翁座)がありました。

歓楽街の中心部だった通り。

旧「カフェミステ」。

大型の建物です。

多度津(多度津町住宅明細地図)多度津町立資料館

多度津町立資料館に昭和年発行の「多度津町住宅明細地図」が展示されています。

当時の市街の様子の詳細をうかがい知ることができる貴重な資料です。

花街があったあたり。
稲荷神社(辨天社)の坂を下ったあたりに、芝居小屋の「辨天座(旧翁座)」銭湯の柳湯の名が見えます。同じ通り沿いに、小松楼、カフェミステなどの屋号があり、この付近が歓楽街であったことがわかります。

西浜の海岸沿い。海岸沿いの通りに、大島楼、岡本楼、朝日楼、開化楼、久永楼、石川楼などの屋号が確認できます。

坂出(遊廓跡地)沖湛甫南岸

坂出には、売春防止法が施工される昭和33年(1958)まで沖湛甫に遊廓がありました。日の出・奴・新栄などの店があり、外国の船員さんも来ていました。*1

遊廓は、沖湛甫の南岸に建ち並んでいました。

奥行のある古い建物。

旅館「潮風」。


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 坂出 沖湛甫遊廓
■散歩事典 坂出
■参考文献
*1中山博道: *坂出港の「みなと文化」 (みなと総合研究財団,) ···外部リンク···

P.92-16 昭和27年(1952)発行の坂出市史によると、商業の業種別数で料理16、旅館26 とある。

高知(スタンド小吉跡)堺町

かつての青線街「掛川町」※1 は、現在の堺町8,9,11,12,13付近と思われ、1983年の住宅地図を見ると、スタンドやスナック、トルコ風呂などが密集しています。*1
写真の左手前の交差点の角(現在は駐車場)には、スタンド朱美、スタンドひとみ、スタンド姿、がありました。

スタンド小吉の建物。
昭和33年の売春防止法施行以降、掛川町の特飲街は、旅館、スタンドなどに転業し、従来通りの賑わいを呈していました。(この建物が青線であったかどかは不明です。)*2

かろうじて「小」の文字が残っています。前回(2014年)、この付近を歩いたときの記憶では、「一品料理 スタンド小吉」と書かれていたと思います。

料亭の建物を思わせる2階部分。


■カテゴリ 飲食街·横丁 高知 堺町私娼街 スタンド小吉
■散歩事典 高知
■参考文献
*1ゼンリン: *高知市中央部 1983年度版 (ゼンリン,1982)

P.67 堺町12

*2高知市史編さん委員会民俗部会: *地方都市の暮らしとしあわせ (高知市,2014)高知市史 民俗編

婦人相談所の開設 P.264-P.265 1958年3月3日、市内の赤線(玉水町)と青線(掛川町)の両地区で、 …


■参考記事

高知(掛川町)青線があった地域

今回は、高知(高知県高知市)の町並みを散歩します。
高知市の掛川町は、かつて青線(非公認の特飲街)があった場所です。*1
現在はソープランドなどが建ち並ぶ風俗街になっています。

旧町名の掛川町の案内板。案内板によると、「掛川町」は、関ヶ原の合戦後、山之一豊が掛川(現在の静岡県掛川)から入国のとき、職人を移住させたことに由来する地名です。
青線があった時代は、玉水町の赤線※1※2※3と並んで、掛川町の青線と呼ばれていたようです。売春防止法施行により、赤線と青線は解散しましが、掛川町の青線については、半年後街娼がみうけられるようになり、転業した旅館のほとんどが連れ込み宿でした。*1※4

現在の町名は、堺町です。

「掛川」の電柱番号札。


■カテゴリ 赤線·私娼跡 高知 堺町私娼街 電柱番号札
■散歩事典 高知
■参考文献
*1高知市史編さん委員会民俗部会: *地方都市の暮らしとしあわせ (高知市,2014)高知市史 民俗編

婦人相談所の開設 P.264-P.265 1958年3月3日、市内の赤線(玉水町)と青線(掛川町)の両地区で、 …


■参考記事
■この記事を参照している記事

鳴門(林崎遊廓跡地)近世から続いた遊廓

林崎遊廓の起源は、近世末の商人船の多く出入る湊が賑わっていた頃にさかのぼります。松富楼、玉川楼、改進楼、菊水楼、村上楼、金時楼、喜楽楼、丸山楼、衆景楼、がありました。*1

現在、遊廓地の面影はありませんが、所々に大型の民家が残っています。

「一心」という屋号だった建物。*2

昭和4年の市街図*3によると、遊廓地は、道路を超えた東側にも広がっていたようです。(写真奥は撫養城)


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 鳴門 林崎遊廓
■散歩事典 林崎遊廓 鳴門
■参考文献
*1西田素康: 撫養港の「みなと文化」 (みなと総合研究財団,) ···外部リンク···

P.88-22-P.88-24 遊里・料亭 廓 撫養港そばの林崎遊廓の起源は、近世末にさかのぼる。鳴門市史上巻 …

*2善隣出版社: 徳島市・鳴門市 1960 (日本住宅地図出版,1960)

P.80 旅館陣幕、旅館高松、多田席、スタンド国の山、清光亭、旅館春風館、の記載。

*3東京交通社: 大日本職業別明細図 徳島縣及徳島縣 第164号 (東京交通社,1929)洲本町 撫養町 福良町 板西町 板東町 堀江村

撫養 林崎花街 長亭、淀川、検番、〇安亭、柳本、松廻家、いづか、うきよ、八木、清光座、陣幕支店、みよし野、高松 …

鳴門(林崎花街跡)撫養町

今回は、鳴門(徳島県鳴門市)の町並みを散歩します。
鳴門の撫養(むや)川岸の林崎花街※1 は、芝居小屋の清光座(戦後は映画演劇専門館)を中心にして、料亭、旅館、が建ち並んでいました。*1
高松家(高松席、のちの高松旅館)、みよし野(みよし亭)があったあたり。道を挟んだ反対側(写真左側)に「陣幕支店」「清光座」「八木亭」がありました。*1*2*3

古い建物も残っています。

旅館だったと思われる建物。*2。

元置屋の「陣幕」*1 と思われる「旅館陣幕」があったあたり*2


■カテゴリ 花街·花街跡 鳴門 林崎花街
■散歩事典 林崎花街 徳島 鳴門
■参考文献
*1西田素康: 撫養港の「みなと文化」 (みなと総合研究財団,) ···外部リンク···

P.88-22-P.88-24 遊里・料亭 廓 撫養港そばの林崎遊廓の起源は、近世末にさかのぼる。鳴門市史上巻 …

*2善隣出版社: 徳島市・鳴門市 1960 (日本住宅地図出版,1960)

P.80 旅館陣幕、旅館高松、多田席、スタンド国の山、清光亭、旅館春風館、の記載。

*3東京交通社: 大日本職業別明細図 徳島縣及徳島縣 第164号 (東京交通社,1929)洲本町 撫養町 福良町 板西町 板東町 堀江村

撫養 林崎花街 長亭、淀川、検番、〇安亭、柳本、松廻家、いづか、うきよ、八木、清光座、陣幕支店、みよし野、高松 …


■参考記事

三鷹(八丁特飲街跡)中町一丁目

今回は、三鷹(東京都武蔵野市)の町並みを散歩します。
三鷹駅の北側、現在の横川電機の工場へ向かう途中に、かつて「八丁特飲街」として賑わった飲み屋街があり、「松月」「ぼたん」「ひばり」「花月」「末広」「ふたば」などの店がありました。*1

南側の路地に入ると、現在もその雰囲気が残っています。

昭和39年(1964年)の住宅*2 には、「花月」「ふたば」など、特飲街時代の屋号を引き継いだ店が確認できます。

電柱番号札に残る「八丁」の名。

1956年5月、売春防止法が国会を通過し、全国各地の草の根からの廃娼運動の結果、1957年12月19日、業者側は遂に廃業声明を発表するに至った。*3


■カテゴリ 赤線·私娼跡 三鷹 電柱番号札 八丁特飲街
■散歩事典 八丁特飲街 三鷹
■参考文献
*1上村敏彦: *花街・色街・艶な街 色街編 (街と暮らし社,2008)

P.120-P.121 戦後の混乱期がやや落ち着き始めた昭和24年(1949年)、中町二丁目の一画に八軒の木造 …

*2東都地図社: 武蔵野市商工住宅名鑑 (東都地図社,1964)

P.31 八丁特飲街があった場所(武蔵野市中町1-19-9)に、下記屋号の記載。

*3武村民郎: 朝日ジャーナル 2月10日号 (朝日新聞社,1984.2.10)女の戦後史-45-売春防止法--婦人相談員の献身的努力に支えられて

P.33 1950年秋、東京都武蔵野市八丁(中央線三鷹駅北口)に、8軒の「青線」が出現した。業者たちは、5,2 …


■この記事を参照している記事

中村(妓楼跡)当時の屋号が残っています。

旧中村遊廓。現在のピアゴ中村店の西側の一画に当時の妓楼と思われる建物が残っています。*1*2

建物の左側は改築されて洋風の店舗になっています。

「福春」の屋号。

「TSURUNOYA」と書かれています。*1


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 中村 中村遊廓
■散歩事典 中村遊廓 中村
■参考文献
*1稲川勝二郎: *歓楽の名古屋 (趣味春秋社,1937)

P.42 「中村旭廓内明細図」に妓楼の屋号が記載。

*2近藤正一: *日本建築学会計画系論文集 通号488 P.203-P.210 (日本建築学会,1996.10)中村遊廓における建築計画の類型

P.206 中村遊廓において、当時の構造を残していると判断される建物は40件。