佐世保(花園遊廓跡地)現在は公共施設と道路

日清・日露戦争により、海軍と佐世保市は大きくなり、明治42年頃になると、新たに名切遊廓(花園遊廓ともいった)ができました。*1

現在は、公共施設と道路になり、当時の面影はありません。

名切川の川の流れは現在も残っています。川と道路が交差するあたりには、松月楼、開明楼、本家高砂楼などがありました。*2*3

遊廓の中心部だったと思われる場所には、市民会館の近代的な建物が建っています。


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 佐世保
■散歩事典 佐世保 高砂
■参考文献
*1山口日都志: 女性哀史 佐世保遊里考 (芸文堂,2017)

P.48 軍港設置と殆ど時を同じくしてできた木風遊廓は、小佐世保に移転してからいよいよ繫昌し、日露戦争頃には妓 …

*2平岡昭利: 地図でみる佐世保 (芸文堂,1997)

P.72 「花園町の図」に、松月楼、開明楼、本家高砂楼など楼名の記載。

*3佐世保市史編さん委員会: 佐世保事典 (佐世保市,2002)

花園遊廓 明治時代後期の佐世保には、遊廓といえば小佐世保(勝富)だけであった。一方、宮田町や太田町方面では、遊 …

佐世保(高天原のホテル)奥まった場所にあります。

高天原の住宅街にひっそりと建つラブホテル。
この付近には、戦後、外国人相手の貸席(ハウス)が分布していました。*1*2

当時の名残かもしれません。

広い通りに面した場所にあるホテル。

路地を入った奥まった場所に入口があります。


■カテゴリ ホテル 佐世保
■散歩事典 佐世保
■参考文献
*1吉田容子: 都市地理学vol.10 (日本都市地理学会,2015)P.61-P.76 敗戦後長崎県佐世保市の歓楽街形成史-遊興空間をめぐる各主体の関係性に着目して

P.70 1954年の2月~3月頃、貸席はどこに存在していたのか。

*2浅川武: 佐世保地理詳解図 昭和29年度 (佐世保地理研究社,1954)

P.21

佐世保(旧ハウス跡地)外国人相手の貸席

終戦後、佐世保の高天原から祇園町にかけては、外国人相手の貸席(ハウス)が分布していました。*1
1954年の住宅地図*2 によると、現在の新公園の北東側には、「〇〇ハウス」と記載されたホテルが密集していました。

現在、ビジネスホテルがあるあたり。この付近にも数軒のハウスがありました。*2

割烹店があるあたり。「ホテルヴィナス」などのホテルがありました。*2

1本北側の通り。道路沿いにハウスが建ち並んでいました。*2


■カテゴリ 赤線·私娼跡 佐世保
■散歩事典 佐世保
■参考文献
*1吉田容子: 都市地理学vol.10 (日本都市地理学会,2015)P.61-P.76 敗戦後長崎県佐世保市の歓楽街形成史-遊興空間をめぐる各主体の関係性に着目して

P.70 1954年の2月~3月頃、貸席はどこに存在していたのか。

*2浅川武: 佐世保地理詳解図 昭和29年度 (佐世保地理研究社,1954)

P.21

佐世保(高架下の風景)松浦鉄道西九州線

松浦鉄道西九州線は、始発の佐世保駅から市街を通って平戸方面へ向かいます。途中、佐世保中央駅、中佐世保駅の間は高架になっていて、高架下には、飲食店などが連なっています。

和風の料理店。

高架下の飲食街は奥まで続きます。

松浦鉄道から見た高架部分。


■カテゴリ 飲食街·横丁 佐世保
■散歩事典 佐世保

佐世保(山県町の繁華街)看板が密集。

今回は、佐世保(長崎県佐世保市)の町並みを散歩します。佐世保市街の山県町。塩浜町の繁華街12 の北側に続くスナック街です。

おくまん。

大使館。

看板が密集しています。

早岐(コンクリゴミ箱)保存状態良好

田子ノ浦バス停近くの道路脇。

コンクリート製ゴミ箱が残っています。

金属製の上蓋もしっかりとついています。

全面の開口部分の木材の取っ手部分も残っています。福井県立博物館のコンクリゴミ箱※1 と同等の保存状態です。

早岐(遊廓跡地のスナック)月見町遊廓跡

月見町遊廓の入口の門※1 を入ったところにあるスナック店。

2階建ての木造家屋の1階部分がスナックです。

看板。

背後から見ると、料亭のような造りの立派な木造建築であることが解ります。

早岐(月見町遊廓跡)田子ノ浦バス停奥

今回は、早岐(はいき、長崎県佐世保市)の町並みを散歩します。
現在の田子ノ浦バス停奥には、月見町遊廓があって、4軒の貸座敷があり、小さいながらも遊廓を形成し、30人ほどの娼妓(酌婦)が抱えられていました。*1

遊廓の入口。*1

入口には門柱が建っていました。(現在は撤去されています。)*1

遊廓の入口からはいると、田子ノ浦バス停奥からの道に合流します。


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 早岐 月見町遊廓
■散歩事典 月見町遊廓 早岐 佐世保
■参考文献
*1山口日都志: 女性哀史 佐世保遊里考 (芸文堂,2017)

P.160-P.163 早岐と相浦が佐世保の副都心であり、早岐は商業と鉄道の街として重要な役割を果たし、


■この記事を参照している記事

相浦(飯盛神社)狛犬のエロス

相浦橋近くにある飯盛神社。鳥居の脇には、狛犬が置かれています。

向かって右側の口を開けた阿(あ)像の狛犬。股間に男根と思われる突起が描かれています。
男根を持つ狛犬は、福岡県行橋市でも見かけたことがあります。※1

はっきりと確認できます。

一方、向かって左側の吽(うん)像(口を閉じている方)の股間には何もありません。

相浦(遊廓跡地)県道佐世保鹿町線

相浦の北松の炭坑が開発されたため、大正末期から、昭和十年頃までは、石炭積み込みのための船が相浦港から佐々浦、臼ノ浦に至るまで待機しない日はなく、この景気で、昭和のはじめから、12、3年頃まで、相浦には料理屋兼芸妓屋が15、6軒あり、芸妓も102、30人くらいました。*1

2006年頃までは、相浦港に通じる県道佐世保鹿町線沿いにはかつての遊廓や料亭、旅館の建物が残っていました。*2

遊廓があった場所*2*3は、現在は駐車場になっています。

煉瓦が残る脇道。


■カテゴリ 遊廓·遊里跡 相浦 相浦遊廓
■散歩事典 相浦 佐世保
■参考文献
*1相浦郷土史編纂委員会: 相浦郷土史 (佐世保市合併五十周年記念事業実行委員会,1993)

P.220 相浦の花街  昭和のはじめから、12、3年頃まで、当時の呼び名でいえば料理屋(料理屋兼芸妓屋)は、 …

*2長崎県教育委員会: 長崎県の近代和風建築 (長崎県教育委員会,2004)近代和風建築総合調査報告書

相浦は、北松炭田の石炭の積出港や漁港として栄え、佐世保の軍港としての拡大に伴う商業港としての重要度を増していっ …

*3ゼンリン: 佐世保市(北部) (ゼンリン,2004)

P.68 小芦家(旧遊廓)の記載。

相浦(旅館の建物)木造三階建て

相浦港から相浦橋(上相浦駅方面)へ向かう通りが相浦市街の中心部です。古い旅館の建物が残っています。

旅館「楽楽」の建物。*1
奥行のある立派な建物です。

旧入船旅館*1

圧巻の木造三階建てです。


■カテゴリ 旅館 相浦
■散歩事典 相浦
■参考文献
*1ゼンリン: 佐世保市北部 (ゼンリン,1971)

P.127-P.128 旅館「入舟」、旅館「楽楽」の記載。

相浦(相浦港)港のスナック

今回は、相浦(あいのうら、長崎県佐世保市)の町並みを散歩します。
相浦は、佐世保駅から松浦鉄道西九州線で約30分。江戸時代からの港町です。

相浦港は、昭和に入ってからは石炭積み出し港として繁栄しました。

港の近くに、飲食店舗が入る共同建物があります。

スナックの看板。

口之津(原城跡)島原遊廓の名前の由来

口之津から島鉄バスで約20分、原城前のバス停で下車。そこから原城跡までは徒歩約10分です。
原城は、島原の乱最後の舞台となった場所です。

京都の島原遊廓の名前の由来は、島原の乱というのが定説です。六条三筋町の遊郭が強制移転させられたとき、その命令があまりに唐突であったため業者は大混乱しました。その混乱の状況が島原の乱のようだったので、新遊廓を「島原」と称したというわけです。*1

原城跡の碑。

島原の乱の総大将となった天草四郎時貞の像。島原遊廓の命名のきっかけをつくった人物です。

【参考文献】
*1 明田鉄男:日本花街史(雄山閣出版,1990)P.25

口之津(苧扱川)おこんご

口之津の南大泊に、「苧扱川(おこんご)」という奇妙な地名があります。かつて遊廓があった場所としても知られています。*1*2
「苧扱川」は、苧麻(ちょま、木綿以前の代表的な繊維で現在も栽培される)をしごいて(扱くは、粉をこぎ落すの意)繊維をとる仕事をした川であることから言いならわした地名と考えられています。*1

「旧口之津町字界」を見ると、この付近を「苧扱川」が流れ、「苧扱川」という字区画があったことがわかります。*1
写真の橋の左側がおこんご遊廓跡地*2 です。

「苧扱川(おこんご)」の下流へむかうと、「苧扱橋」がかかっています。

「おこぎばし」と発音するようです。

【参考文献】
*1 口之津史談会:口之津の歴史と風土(口之津史談会,2007)P.38-p.42,P.56-P.66
【参考記事】
*2 風俗散歩(口之津):おこんご遊廓跡地(2016.6)


■カテゴリ 街道·街路の町 口之津
■散歩事典 口之津
■この記事を参照している記事

口之津(苧扱川遊廓跡地)南大泊

口之津の市街から南側に峠を越えると南大泊です。
さらに、西へ進んだところが、おこんご遊廓通りです。*1

このあたりが10軒の遊廓が建ち並ぶ一画の入口です。*1

肥前屋、苫屋、徳村屋があったあたり。*1

花月楼、松月楼、対帆楼があったあたり。*1

【参考記事】
*1 風俗散歩(口之津):歴史民俗資料館の遊廓に関する展示(2016.6)

口之津(屋号をつけた商家の町並み)遊廓発祥地

口之津には、古くから屋号をつけた家が多く見られます。*1

多くは単に流行的な屋号とも推察されます。*1

遊廓発祥地の肥前屋(後に苧扱川にて遊廓)があったあたり。*1

同じく、遊廓発祥地の大坂屋があったあたり。*1

【参考文献】
*1 太玄興正:口之津港変遷史(昭和堂,2012)P.106,附図「口之津村御案内」